黒ワンピースは、1枚だけで大人の女性が自信をもって振る舞える心強いアイテム。これから買うならきちんと感と品のよさがありながら、コンサバすぎず、知性と色香の程よいバランスのものが欲しいですよね。わがままな条件も、最愛のクラスブランドなら難なくクリア! 素材と仕立てのよさにこだわって厳選した、最高に美しい黒ワンピースを5枚ご紹介します。

■1:クチュール感漂うつくりが華やいだ気分を誘うフェミニンワンピース「プラダ」

ワンピース¥226,000[予価](プラダ ジャパン〈プラダ〉)

裾のバルーンディテールがドレッシーなノースリーブワンピースは、日本原産の上質なサテンを使用。光沢とハリのあるしっかりとした質感で、生地自体にもラグジュアリーな雰囲気が備わっています。長めの着丈も、高めのウエスト位置でスタイルをよく見せるバランス感が秀逸。裾は、ギャザーを寄せてフリルと一緒にふくらみをもたせたバルーンディテールで、甘すぎず上品な表情です。

■2:ブラックのビジューでさりげなく煌きを添えた優美なフレアワンピース「ジョルジオ アルマーニ」

ワンピース¥450,000(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)

ショルダーとウエストラインにあしらわれた、多彩なカットの細やかなビジューと、Uネックのやわらかな抜け感が黒を重く見せないデザイン。長時間の着席ディナーシーンでも快適に過ごせる、シワになりづらいウールジャージーが使われています。首回りは、さまざまな形とサイズのビジューも黒にすることで、華やかさがありながらも落ち着いた表情に。

■3:着心地にも魅了されるブリティッシュテイストの最旬ロング丈ワンピース「バーバリー」

ワンピース¥145,000(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)

フロントパネルにギャザーを寄せて、オープンステッチで縁どったシルク素材のワンピースは、トレンドのロング丈が今どき感を演出。袖と両サイドにリブ素材を用いることで程よいカジュアル感をプラスしています。肩の力の抜けたフェミニンなワンピーススタイルを楽しみたいときにピッタリ。ボディ部分はシルク100%、ニットトリム部分は肌当たりのいいモダール混素材が使用されています。

■4:レディーな魅力を引き出す総レース仕立てのクラシカルデザイン「ラルフ ローレン コレクション」

ワンピース¥340,000(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)

フランスの歴史あるミル(工場)から調達したレースで仕立てたワンピース。マットとシャインの糸で織られた立体感のあるレースだから、一枚で華やいだオーラを身にまとえます。たたきプリーツで程よく甘さを抑えたスカートシルエットも美しいです。白のブロードクロスのクラシカルな襟はスナップボタンで簡単に着脱可能。外すとノーカラーに変化します。

■5:モードな黒ワンピースを印象づける個性派ディテール「ジル・サンダー」

ワンピース¥214,000(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)

タイトなシルエットに、深めに入れたデコルテのカッティングや、右サイドのスリットでセクシーな女らしさも盛り込んだノースリーブワンピース。タキシードから着想を得た、カマーベルトのようなエンブロイダリーをウエスト部分に施したデザインです。腰回りには、シンプルなワンピースにメリハリを生み出す、プリーツ加工を施したリボンのアクセントがあります。

それぞれの個性が発揮された黒ワンピース。いざというときにあると、コーディネートしなくても華やかで、上品な女性を演出できます。「最高に美しく見せる1枚がほしい」と思ったら、このなかから選んでみてはいかがでしょうか?

PHOTO :
宗髙聡子(パイルドライバー)
EDIT :
下村葉月、世古京子(Precious)
RECONSTRUCT :
藤岡あかね