【目次】

レディースモードファッションコーデ


カシミヤアウター×パンツ×スニーカー

カシミアアウター×パンツ×スニーカー
カシミヤアウター¥215,000(edit & co.〈YURI PARK artigiano〉) ファー付きスニーカー[サントーニ トーキョー限定]¥110,000(リエート〈サントーニ〉) タートルネックニット¥74,000(クルチアーニ 銀座店) パンツ¥23,000(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉) サングラス¥29,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) バッグ¥138,000(J&M デヴィッドソン 青山店) バングル¥21,000(バーニーズ ニューヨーク〈サヤカ デイヴィス〉) [Precious12月号108ページ] 撮影/生田昌士(まきうらオフィス)

穏やかな時間が流れる休日の散策。気負いのない立地感と足元からあふれる遊び心が、日々の近況感を緩める、冬の休日コーディネートです。カシミヤアウターの装いに小粋な表情を演出するのは、モードなファースニーカー。全身をコンパクトな洗練シルエットでまとめて、モードな小物を主張して楽しみたい。

ニット×デニム

ニット×デニム
カシミヤニット¥200,000・デニム¥143,000(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ〉) ファーバッグ[縦24×横28.5×マチ14㎝]¥724,000(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ ガラヴァーニ〉) [Precious12月号109ページ] 撮影/生田昌士(まきうらオフィス)

旅の高揚感を代弁するかのように、スタッズとビビッドカラーを組み合わせた休日コーディネート。ヴァレンティノのカシミヤニットは、両サイドにゴールドトーンのロックスタッズをあしらったデザイン。上品なブラウンに色鮮やかなマルチボーダー柄が際立つミンクファーのバッグとともに、モードなラグジュアリーを満喫したい。

チェスターコート×カーディガン×スカート

チェスターコート×カーディガン×スカート
ウールストレッチのコート¥220,000・同スカート¥117,000・カシミヤのカーディガン¥191,000・ベルト¥71,000・黒×ベージュのバイカラーのバッグ[縦28×横24.5×幅13㎝]¥191,000・パンプス/参考商品(コロネット〈ニナリッチ〉) ピアス¥780,000(コロネット〈アントニーニ〉) [Precious12月号336ページ] 撮影/熊澤 透

凛として知的な佇たたずまいが人気のチェスターコートが、ゆったりとしたシルエットで断然、今シーズンらしい雰囲気に。この美しくて程よいボリューム感は、後ろ身ごろにあしらわれた構築的なカッティングによるもので、後ろ姿でも"魅せる"一着です。カシュクール風にウエストマークしたカシミヤカーディガンが、まろやかな女らしさを添えて。

モヘアコート×ニット×パンツ

モヘアコート×ニット×パンツ
コート¥116,000(サポートサーフェス) ニット¥25,000(オルドス ファッション ジャパン) パンツ¥59,000(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉) ストール¥68,000(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉) バッグ¥183,000(JIMMY CHOO) 靴¥73,000(ピエール アルディ 東京) [Precious1月号93ページ] 撮影/佐藤 彩

一枚で主役級の存在感を放つモヘアコートは、子供っぽく見えない落ち着いた発色が魅力です。インナーはまろやかなベージュでなじませつつ、ストール&パンプスは香ばしいブラウンを選択。顔周りと足元、先端にあたる2点をシックな色でまとめることで、印象もたちまちエレガントになります。

黒コート×ストール

黒コート×ストール
ebureのコート¥76,000・ガーラグローブのグローブ¥9,000(ebure) ストール¥68,000(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)バッグ『タンペート』[縦21×横27.5×マチ10.5 ㎝]¥3,698,000(デルヴォー・ジャパン) ピアス¥80,000・リング¥54,000( ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉) [Precious1月号94ページ] 撮影/熊澤 透

高度な技術と美意識が光る大胆配色のクロコバッグで、遠目にも「特別な女性」に! 濃淡グレーを斜めに染め分けたクロコバッグは、モード派も愛するデルヴォーならでは。黒でまとめたコートスタイルに圧倒的な高級感とクールな美意識が香り立ちます。

ジャケット×タイトスカート

ジャケット×タイトスカート
ジャケット/参考商品(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) ブラウス¥27,000(サザビーリーグ〈エキップモン〉) スカート¥180,000(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉) ピアス¥58,000・リング¥29,000(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイ ロドリゴ オタズ〉) バッグ¥163,000(JIMMY CHOO) [Precious1月号113ページ] 撮影/熊澤 透

サテン使いのジャケットは、ヘアカーフのスカートでモード&フェミニンに。上衿やポケットに配したサテンが格調高さを表現しています。ミステリアスに艶めくヘアカーフのスカートで華麗に着こなして。

ムートンコート×ニット×パンツ

ムートンコート×ニット×パンツ
コート¥410,000(VINCE 表参道店) ニット¥49,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) パンツ¥59,000(ザ シークレットクロゼット名古屋〈シクラス〉) ストール¥44,000(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉) ピアス¥92,000(showroom SESSION〈マリハ〉) バッグ¥165,000(J&M デヴィッドソン 青山店) 靴¥100,000(JIMMY CHOO) [Precious2月号75ページ] 撮影/熊澤 透

落ち着きのあるグレージュと旬のオーバーサイズ感で、たちまちこなれて見えるムートンコート。ルージュのようなブラウン系レッドとのメリハリが華やかです。こっくりと濃厚なブリックレッドが、モード感を演出。

プルオーバー×パンツ×ストール

プルオーバー×パンツ×ストール
プルオーバー¥29,000(Theory luxe) パンツ¥190,000(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) ベルト¥19,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 帽子¥32,000(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー XY〉) 時計¥170,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー〈タグ・ホイヤー〉) バッグ¥170,000(J&M デヴィッドソン 青山店) 靴¥51,000(プレインピープル丸の内〈コルソ ローマ〉) [Precious2月号99ページ] 撮影/水田 学(NOSTY)

モノトーンのブロックチェック柄ストールを肩からはらりと。そこにベルトを加えれば、大判ストールがモード感のあるジレへと変身します。

ケープコート×ニット×パンツ

ケープコート×ニット×パンツ
コート¥778,000・パンツ¥135,000・ニット/参考商品(フェンディ ジャパン) [Precious2月号116ページ] 撮影/川田有二

上品なケープコートにふっくらファーポケットが、モダンな迫力を醸し出すラグジュアリーなコーディネート。表がベージュのカシミヤダブルフェースのケープコートに、2種類のファーから選んだ、マルチカラーの大きなフォックスファーのポケットがあしらわれています。ファーのふっくらとした豊かな毛並みと明るい色彩で、アクセサリーいらずの華やかさが。エレガントなケープをコンサバに見せないモードなファーのあしらいも、トップブランドたるフェンディならではの魅力です。

レディースモードファッションブランド


ブルネロ クチネリ

ブルネロ クチネリ ジャパン
ブルゾン¥3,750,000・ニット¥352,000・パンツ¥129,000・ストール¥125,000・靴¥281,000(ブルネロ クチネリ ジャパン) 時計¥1,210,000(ショパール ジャパンプレス) グローブ¥54,000(キートン) [Precious2月号41ページ] 撮影/浅井佳代子

温もりが恋しくなる季節は、ふっくらととろけるようなミンクブルゾンに包まれて。スポーティなフードデザインでありながら、希少価値の高いデンマーク産のミンクファーという贅沢な素材を使用したジップアップブルゾン。自然の景色に溶け込むようなミリタリーグリーンのファーブルゾンには、ほんのり光沢のあるクミン色のベルベットパンツを合わせ上品配色に。ストールを巻いてトップに立体感をつくったぶん、ボリュームのあるブーツで重心を下におき、バランスを調整するのがポイントです。

ロロ・ピアーナ

ロロ・ピアーナ
ジレ¥1,946,000・ニット¥195,000・パンツ¥247,000・バッグ¥289,000(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) [Precious12月号274ページ] 撮影/浅井佳代子

ミンクファー×カシミヤニットの贅沢なコンビネーションにより、リッチ感漂うロングジレ。最高級のミンクファーを選び、斜めのストライプ状につなぎ合わせたデザインは、マルチに活躍する旬のアイテムに驚きのフィット感と別格のオーラを与えています。ミンクファーのナチュラルカラーをベースに、ワントーンでまとめ上げたグレージュのグラデーションコーデが、素材の質感をさらに引き立てます。

ザ ロウ

0コロネット〈ザ ロウ)
カシミヤのコート¥1,400,000・カシミヤのタートルニット¥162,000・パンツ¥134,00(0コロネット〈ザ ロウ〉) バッグ¥325,000(ブルガリ ジャパン) [Precious12月号67ページ] 撮影/熊澤 透

冬の陽光に映える、やわらかな洗練ベージュのカシミヤコート。2017-2018の秋冬らしい、ゆったりとしたシルエットが楽しめるダブルフェースカシミヤのコートを、とびきり洗練されたベージュで。畝う ねを際立たせた上質な織り地だから、冬の陽差しにかすかな陰影が浮かび上がり、ベーシックカラーが表情豊かに。フードカラーの立ち具合もマニッシュで、凛としたかっこよさを伝えてくれます。

フェンディ

フェンディ ジャパン
ファー付きダブルフェースカシミヤのコート¥1,298,000・カシミヤのニット/参考商品・パンツ¥133,000・ピアス¥61,000・バッグ¥447,000(フェンディ ジャパン) [Precious12月号72ページ] 撮影/熊澤 透

バニラ色のニュアンスが、贅沢素材のもつ幸福感を女らしく後押し! 無意識のうちに撫でてしまう、フォックスファーのふわふわ、すべすべの肌触り、そしてとろけるようなカシミヤ。極上素材同士の組み合わせが、はおるたびにこのうえない高揚感をもたらします。上品なバニラグラデーションの装いは、ピュアな白パンツでクリアに。グレージュのバッグでシャープさも添えて。

クリスチャン ディオール

クリスチャン ディオール
ニット¥210,000・スカート¥910,000・ブーツ¥200,000・リング¥38,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) [Precious12月号48ページ] 撮影/浅井佳代子

リラックスしているのに、ため息が出るほど美しいフレッシュな黒のワントーンコーデ。別荘や家でリラックスして過ごす日は、あえて気軽なニットスタイルで。光の雫で彩ったような月が編み込まれたネイビーブルーのニットに、同じくネイビーのチュールスカートを合わせます。幾重にも重なったスカートは、動くたびにニュアンスが深まり、ドラマティックな美しさを演出します。

マックスマーラ

マックスマーラ ジャパン
コート¥556,000・前身ごろとフードにビーバーファーの付いたポリエステル素材のリバーシブルジレ¥556,000・タートルニット¥44,000・パンツ¥62,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) バッグ¥137,000・スカーフ¥42,000(ピエール アルディ 東京) [Precious12月号70ページ] 撮影/熊澤 透

ノーカラーコートにファーをのぞかせて、スポーティな表情をプラス。ストールやフードが映えるノーカラーのカシミヤコートは、華やかな演出がしやすく、色も知的なネイビーで、オン・オフともに万能なアウターです。軽やかなダブルフェース素材なので、特に寒い日は中にファージレを重ね、暖かさとともに洗練度もアップ。

トム フォード

トム フォード ジャパン
コート¥790,000・タートルニット¥220,000・パンツ¥110,000(トム フォード ジャパン) サングラス¥52,000(トム フォード アイウエア) グローブ¥97,000(キートン) 時計¥2,680,000(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉) バッグ¥2,530,000(デルヴォー・ジャパン) [Precious12月号71ページ] 撮影/熊澤 透

黒いカシミヤのケーブルニットに、グレーのダブルフェースカシミヤのフーデッドコートを肩がけ...そんないい女仕様のカシミヤカジュアルを、さらに盛り上げるのがリッチな小物使い。光沢を放つアリゲーターのバッグにチャーミングなファー付きグローブを携えた手元には、コクのあるピンクゴールドが輝きを添える、大ぶり時計をはめて。シックカラーでまとめながら、華麗に女らしさを演出できるコーディネートです。

イヴ・サンローラン

イヴ・サンローラン
ファーのピーコート¥880,000・ニット¥134,000・デニム¥62,000・リング¥70,000・バッグ¥235,000・靴¥65,000(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) [Precious1月号114ページ] 撮影/生田昌士(まきうらオフィス)

軽やかにはおれるゴートファーのアウターで、最愛デニムスタイルを更新。このうえなく上質で麗しいファーを、カジュアルなピーコートに仕立てた一着。やわらかな毛質のゴートファーは、最高に着心地がいいのも魅力です。リュクスな風合いをもちながら軽快な存在感を放つ理想のコンパクトファーが、最愛デニムを"シック&ラグジュアリー〟にアップデートします。

ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトン
ストール[142.5×142.5㎝]¥183,000・ケープ¥610,000・ニット¥72,000・パンツ¥176,000・バッグ¥355,000(ルイ・ヴィトン) [Precious11月号128ページ] 撮影/熊澤 透

印象がクールになりすぎそうな黒で統一した着こなしは、ストールで立体感と躍動感を加えて。ストール中央のファー部分が後ろ襟にくるように巻くと、まるでフードのよう! 大人かわいいリッチ感が香り立ちます。

アニオナ

アニオナ
ノーカラーコート¥680,000・タートルニット¥229,000・パンツ¥109,000(三喜商事〈アニオナ〉) サングラス¥42,000(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉) グローブ¥54,000(キートン) バッグ¥128,000(J&M デヴィッドソン 青山店) [Precious12月号73ページ] 撮影/熊澤 透

冬の街に優しく映えるスモーキーな大人のピンクが、カシミヤのショートコートとニットを優しく彩ります。オフショルダーでゆったりとしたシルエットが優雅なコートは、便利なダブルジップと、かわいいファートリミングが付いていて、リッチなカジュアル感が楽しめる一着。

シャネル

シャネル
ウールカシミヤのコート¥638,000・ネックレス付きプルオーバー¥387,000・バッグ¥268,000(シャネル) [Precious11月号46ページ] 撮影/前澤 透

ラグランスリーブで身幅も、丈もゆとりがあるけれど、素材が軽くしなやかだから、今季らしく洗練されたボリュームシルエットを実現した、ウールカシミヤのコート。カシミヤコートは、思いきってフルレングスを選ぶのが正解です。ラグジュアリーな白でまとめれば、冬の街に映える美しい人に。

ポールカ

ポールカ
カーディガン¥78,000・ワンピース¥81,000・ストール¥37,000(アオイ〈ポールカ〉) ピアス¥53,000(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉) ブレスレット¥55,000(エディション・デコ阪急百貨店阪急うめだ本店〈ミリアム・ハスケル〉)靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉) タイツ/私物 [Precious12月号285ページ] 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK)

足先まで隙のないオール黒が、こんなにもレディライクに! 編み地の変化で立体的なフォルムを生み出したニットワンピースに、ボレロ風カーディガンを重ねて。どちらも、前立てやウエスト部分にサテン生地を配しているため、黒でも華やかな印象になります。

キートン

キートン
コート¥600,000・ニット¥313,000・手袋¥81,000(キートン) パンツ¥33,000(ストラスブルゴ〈アリクアム〉) バッグ¥168,000(マルベリージャパン) 靴¥161,000[オーダー価格](J.M. WESTON 青山店) [Precious2月号63ページ] 撮影/熊澤 透

グレージュからくすみイエローへの変化がなんともリッチ! くすみを帯びたペールイエローは、グレージュになじみがよく、表情を明るく華やいで見せる注目色。カシミヤを贅沢に使ったダブルフェースコートやケーブルニットの豊かな素材感が、奥行きのある装いへと導きます。マットゴールドのトートバッグやスエードのオックスフォードシューズなどの端正な小物を効かせた、軽快なカジュアルスタイルです。

ジバンシィ

ジバンシィ
ワンピース¥258,000・ケープ¥273,000・バッグ¥340,000・靴/参考商品(ジバンシィ表参道店) ネックレス¥2,000,000(シャンテクレール 東京店) グローブ¥13,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ガラ グローブ〉) [Precious12月号143ページ] 撮影/小池紀行(パイルドライバー)

老舗フレンチなど、フォーマルなシーンに選びたいブラックワンピース。ストレッチがきいているので、体に寄り添うラインながら、着心地も良好です。リボンをサイドに垂らせば、裏地の白が軽やかなスパイスに。後ろで結んでコンパクトなシルエットを楽しむことも可能。サテン襟のケープも黒で小粋にまとめたら、赤のバッグを差し色にして、ドラマティックな装いを。

セリーヌ

セリーヌ ジャパン
ニット¥250,000・シャツ¥88,000・パンツ¥77,000・イヤリング¥110,000・バッグ¥310,000・靴¥105,000(セリーヌ ジャパン) [Precious12月号112ページ] 撮影/宮本直孝

たっぷりしたフォルムのニットで、ストイックなパンツスタイルもたちまち今どきに。上級なオークルカラーは、ともすると難度が高く思われがちだけれど、白ブラウスの襟をのぞかせることで、顔周りに凛とした清潔感が漂います。ドロップショルダーや、たっぷりとしたそでや身ごろ...。程よいオーバーサイズ感は、全身バランスを新鮮に見せるだけでなく、カシミヤのふんわりと幸福な質感を教えてくれます。

ボッテガ・ヴェネタ

ボッテガ・ヴェネタ ジャパン
スカート¥167,000・ニット¥201,000・ピアス¥120,000・リング¥78,000・バッグ¥468,000・靴¥95,000(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) クラリネットケース・楽譜/私物 [Precious11月号83ページ] 撮影/浅井佳代子

深みのあるオレンジのローゲージニットを、クラシカルなひざ下丈スカートと組み合わせた「まじめ」なコンビネーション。一見ベーシックなようで、こっくり色同士でまとめたワントーンがとても新鮮です。寒い季節に、スカートで洗練を目指すなら、選ぶべきは細身なひざ下丈! 

エトロ

エトロ ジャパン
ストール[200×70㎝]¥79,000・ジャケット¥218,000・ニット¥115,000・パンツ/参考商品・バッグ¥158,000(エトロ ジャパン) ピアス¥400,000・リング¥350,000(フレッド) [Precious11月号131ページ] 撮影/熊澤 透

ジャケット+ニットには、襟元にボリュームをおいて遠目の印象も意識。ニットに肩がけしたジャケットスタイルは、デコルテが寂しく見えることも。顔映りのよい一枚を襟元にあしらえば、美人度もアップします。ジャケットの色とリンクさせると、統一感が生まれます。

プラダ

プラダ ジャパン
ニット¥115,000・パンツ¥105,000・ブレスレット¥175,000・リング¥72,000・バッグ¥321,000[すべて予定価格](プラダ ジャパン) [Precious12月号114ページ] 撮影/宮本直孝

程よく地厚でいて、ほんのり肌を透かすような絶妙な質感は、最高級のホワイトカシミヤを100%使用したニットならではのもの。ニットが潔くシンプルなぶん、大ぶりのインパクトリングやスタッズ付きバッグなど、大胆な小物使いで、メリハリの効いたおしゃれを楽しみたい。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious11月号』2017年・『Precious12月号』2017年・『Precious1月号』2018年・『Precious2月号』2018年、小学館
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。