バタクとは「batak=bags of tailor’s knowledge(テーラーの知恵袋)」という意の名に違わず、ビスポーク仕立てのノウハウを盛り込む。

懐かしい時代のスタイルを誂えで楽しむ普遍的なスーツ

バタク ハウス カットのオーダースーツ

スーツ¥68,000~・シャツ¥13,000~/オーダー価格・タイ¥10,000・チーフ¥3,000(バタク ハウス カット 本店)

写真のスーツは、英国調の「ドレープカット」を生かしたモデルで、日本人の体形への配慮と、普遍性を追求する。

服地は幅広い種類から選択可能だが、特筆すべきは、「バタク」のコンセプトの下、愛知の名門生地メーカー、葛利毛織との取り組みで生み出されたファブリック。低速織機で織られた生地は本格的な仕様にこだわり、仕上げもヴィンテージの質感を追求。古きよき英国服地の雰囲気が、現代の生地として生み出される。低速織機による生地は、リネンやコットンなども、ヴィンテージを解析した上で、往年の風合いに迫っているのだ。

スタイルと生地の正統的な融合が魅力となるスーツだ。

※価格は税抜です。※2015年夏号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
矢部克已 エグゼクティブファッションエディター
BY :
MEN'S Precious2015年夏号 志高き「日本ブランド」を知っているか!?
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/戸田嘉昭・小池紀行、辻郷宗平(パイルドライバー/静物)、篠原宏明(取材)  スタイリスト/武内雅英(code) 文/菅原幸裕  構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)