ブルガリのフレグランスを代表する3つのウィメンズフレグランスを現代的に新解釈し、ブランドの新たな「理想像」を表現する香りとして、2017年に発表された「Splendida (スプレンディダ)」コレクション。マスター調香師であるソフィー・ラベ氏のもと生まれ変わった香りはそれぞれ、フレグランスの歴史を語る上で欠かせない高貴な「花」をテーマに調合されています。

アイコニックな「花」からインスパイアされた香りが特徴の「スプレンディダ」コレクション

2月14日(水)から発売を開始する新作は、軽やかで明るい印象から、徐々にミステリアスで官能的な魅力へと変化を遂げる、壮麗な「マグノリア」の魅力が表現されています。女性らしく情熱的な香りは、バレンタインデーの夜にもぴったり! いつもと違う新たな一面を引き出してくれる、その香りの魅力とは?

さまざまな女性像を引き出す新作は、甘くスパイシーな「マグノリア センシュアル」

フレグランス「ブルガリ スプレンディダ マグノリア センシュアル オードパルファム」 50ml ¥12,100・100ml ¥17,300(税抜)
さまざまな女性像を引き出してくれる「マグノリア」の花をイメージ

新作として登場する「スプレンディダ マグノリア センシュアル」では、「マグノリアという花のもつ魅力を『ありのまま表現した』」というのは、マスター調香師であるジャック・キャバリエ氏。意外性のある香りのコントラストが調和することで、このフレグランスに調合した香料がもつ二面性を表現しているといいます。

・トップノート
ネロリとマンダリンの軽やかでフレッシュな香りが包み込むトップノートでは、地中海の華やかな果実園を散策しているような、爽やかな気持ちにさせてくれます。
・ミドルノート
ミドルノートでは、妖艶さと繊細さを併せ持つ、芳醇なマグノリアの香りへと変化していきます。オレンジフラワーとジャスミン アブソリュートのアクセントが、エレガントな官能美とカリスマ性を引き出してくれます。
・ラストノート
さらに時間が経つと、甘美でウッディなパチョリハートと、クリーミーで上品なムスクの香りが立ち込め、女性らしいやわらかさも感じさせます。

さまざまな表情へと変化を遂げるフレグランスをまとうことで、ミステリアスな女性を演じることができます。いつもと違う魅力を引き出してほしいときにまとうことで、自信を与えてくれそうです。


改めて注目したい定番、3つの「花の香り」

メゾンが大切にする「自然美」への愛がつまったフラワーモチーフのネックレス

2017年に登場した「スプレンディダ」コレクションのインスパイア源は、2013年に誕生した「ディーヴァ」のハイジュエリーコレクションでした。色鮮やかなカラーストーンと、熟練の技が光るしなやかなカッティングデザインは、かつて一世を風靡したブルガリのディーヴァたちが登場するような、艶やかな映画のシーンを連想させます。メゾンが大切にする自然美から影響を受けたフレグランスコレクション「スプレンディダ」では、ジュエラーとしてのDNAが投影されたアーカイブのフレグランスをモダンにアップデートした、新たな世界観が表現されています。

■1:太陽のようなまばゆい輝きを感じさせる「イリス ドール」

フレグランス「ブルガリ スプレンディダ イリス ドール オードパルファム」 50ml ¥12,100・100ml ¥17,300(税抜)

ブルガリ初の「ジュエリーエッセンスのようなフレグランス」として、1994年に登場した香り「プールファム」は、フローラルブーケを思わせる、洗練された香りが話題に。その優美なノートを引き継ぎながら、モダンにアレンジされた「スプレンディダ イリス ドール」は、太陽のようにまばゆい輝きを感じさせる、壮大なアプローチが特徴です。

官能的なパウダリー・フローラル調から、丸みのあるウッディ調の余韻へと変化していく香りは、優雅な気分を高揚させながらも、どこか心落ち着かせてくれる香りが魅力的。天気のいい週末にひと吹きしてショッピングに出かけると、良いことが舞い込んできそうです。

■2:女性を美しく彩るバラの香りが華を添える「ローズ ローズ」

フレグランス「ブルガリ スプレンディダ ローズ ローズ オードパルファム」 50ml ¥12,100・100ml ¥17,300(税抜)

2006年に誕生した「ローズエッセンシャル」から着想を得て生まれ変わった「スプレンディダ ローズ ローズ」は、よりフローラルな香りが立ち込めるよう、ダマスクローズを他に例がないほどたっぷりと使用されています。バラの威厳を感じさせるその豊かな香りは、美しさとともに儚さも感じさせます。

ピュアな一面を引き出すフルーティーなシトラスノートから始まり、ローズ アブソリュートの女性らしい官能的な香り、そしてムスクのソフトな香りへと変化しながら、しなやかな女性像を引き出してくれます。女性らしくありたい日につけることで、自然と所作も美しくなりそうです。

■3:ひと筋縄ではいかないミステリアスな女性を思わせる「ジャスミン ノワール」

フレグランス「ブルガリ スプレンディダ ジャスミン ノワール オードパルファム」 50ml ¥12,100・100ml ¥17,300(税抜)

伝統を覆す香りとして2008年に発売し注目を集めた「ジャスミン ノワール」は、ピュアなフローラル調の香りと、ドライなウッディ調の香りが共存する、二面性ある女性像が表現されています。

光と陰を併せ持ったミステリアスな香りを現代に再解釈し、生まれ変わった「スプレンディダ ジャスミン ノワール」は、フレッシュなトップノートから徐々に変化する官能的な香りが、「記憶に残る存在」へと格上げしてくれます。第一印象で差をつけることのできる香りは、大切な日の勝負フレグランスにすることをオススメします。

花そのもののパワーや尊さを兼ね備えた「スプレンディダ」コレクションの香りには、時代とともに変化し続ける、女性のあらゆる側面が捉えられています。ジュエリーを選ぶように香りを選んで、ふとした瞬間に頭をよぎる、「印象に残る」ミステリアスな女性を演じてみてください。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃