大人の女性の感性を刺激するグレー色の服は、色と素材を繊細に重ねることで、その着こなしの魅力を最大限に高められるカラー。具体的に、どの色との組み合わせがいいのか? 実は、グレージュ(グレージュ=グレーとベージュの中間カラー)の配色アプローチは、2パターンあります。

それは、上品さが際立つ“なじませ配色”と、快活に映える“コントラスト配色”

今回は、後者のコントラスト配色のほうで、ファーやカシミアなど温もりのある贅沢素材を生かした、冬らしいグレーの着こなし方を8つご紹介します。

【前者】なじませ配色のコーディネート術はこちら

■「コントラスト配色」とは、大胆な色使いがキレ味のいい組み合わせのこと

まず、コントラスト配色とは何か? グレーやグレージュと合わせの色の差をはっきりと分けることで、互いの魅力が高まり合うような組み合わせのことを指します。定番のシックカラーから、冬の街並みに映える旬のきれい色まで網羅した配色テクニックを取り入れると、リッチでいきいきとしたカジュアルスタイルが実現可能に。グレー系配色の着こなしを今どきに更新する、錆びないセンスを手に入れましょう!

■初心者が知っておきたい「コントラスト配色」2つの基本ルール

(1)色の輪郭がしっかり際立つように、コントラストをつける

輪郭をしっかり

今季は、黒との組み合わせはもちろん、紫や紺、グリーンなど旬のきれい色にも挑戦したいですよね。これらの配色は、グレーがベースの安心感があるため、冒険するとうまくいきます!

(2)快活な小気味よさを信条とした配色だから、ジュエリーもシャープに

シャープなジュエリー。■1のコーディネートと同じもの

また、服に強いコントラストがあるので、ジュエリーも華奢なものより、メタルの硬質な輝きをもつ存在感のあるデザインを選択するほうがベターです。というわけで次からは、「コントラスト配色」の実際のスタイリングを8コーデ、見ていきましょう。

■1:グレー×ロイヤルパープル

ニット¥138,000(クルチアーニ銀座店)、コート¥188,000(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、シヴィリアのパンツ¥29,000・ソフィー ブハイのピアス¥78,000・リング¥54,000(ストラスブルゴ)、ストール¥37,000(ウィム ガゼット 青山店〈バルミュール〉)、サングラス¥52,000(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、時計¥3,730,000(フランクミュラー ウォッチランド東京)、バッグ¥415,000(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴¥19,000(シシ〈インポッシブル ポッシビリティ〉)

コントラスト配色のひとつめは、気品漂う濃密なパープルがコクと深みを授ける端正なスポーティカジュアル。全体のまとめ役として、パンツのネイビーをサポートカラーにした配色となっています。素材感のあるハイカットスニーカーでベージュみを強調し、ジップアップニットやチェスターコートで、小粋にフレッシュアップしているところがポイントです。

■2:グレー×スマートブラック

ブルゾン¥69,000(Theory luxe)、ニット¥32,000(wb)、パンツ¥42,000(REYC)、手袋¥97,000(キートン)、ピアス¥80,000(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ¥500,000(モワナ メゾン GINZA SIX)

続いては、配色でキレと洗練を表現しつつ、肩の力を抜いて着こなすコーディネート。これがグレー・カジュアルの流儀のひとつ。たおやかなグレーとスマートな黒の競演が、こなれたかっこよさを演出してくれます。陰影のある毛並みが表情豊かなエコファーブルゾンと、ウールカシミアのニットで、グレーの上品なグラデーションをつくったあと、黒で全体をきりりと引き締めて。ドロップショルダーのブルゾン、ストレートシルエットのニット、プルアップパンツなど、こなれ感の漂うアイテム選びも、着こなしの小気味よさを後押ししてくれます。

■3:グレー×ビビットオレンジ

パンツ¥100,000(キートン)、ニット¥56,000(クルチアーニ 銀座店)、ブルゾン¥98,000(ヘルノ・ジャパン)、サングラス¥38,000(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス各¥32,000・リング¥128,000(showroom SESSION〈ヒロタカ〉) 時計¥545,000(IWC)、バッグ¥360,000・別売りのミンクファーハンドル¥58,000(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴¥24,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店)

これは、ベーシックなグレーパンツを華やかにクラスアップする新鮮なコントラストカラー。暖色でそろえた統一感で、3色によるコントラストもまとまりのある着こなしに。ビビッドオレンジとチョコ茶で似通った色相を並べながら、明度や彩度に変化をつけたコントラスト配色が、グレーの印象を更新してくれます。

■4:グレー×ディープネイビー

ジレ¥180,000(ストラスブルゴ〈マンツォーニ〉)、ニット¥85,000(クルチアーニ 銀座店)、パンツ¥24,000(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ピアス¥565,000・ペンダント¥390,000・ブレスレット¥390,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ¥160,000(J&M デヴィッドソン青山店)、靴¥95,000(J.M. WESTON 青山店)

4つめは、アンゴラファーのジレを主役にしたリッチカジュアル。視線を誘うコントラスト配色とグレーの洗練マジックは、日常のシーンでも絵になる女に見せてくれます。濃紺のカシミアシルクニットとインディゴデニムは、色でグレーを引き締めるのはもちろん、タイトなシルエットに仕上げると、ジレのボリューム感が際立ちリュクスな雰囲気に。この配色センスで魅せるデニムカジュアルの最新流儀を取り入れれば、あなたもおしゃれ上級者の仲間入りです。

■5:グレー×ボトルグリーン

ニット¥65,000(VINCE 表参道店)、パンツ¥55,000(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、ストール¥68,000(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、ピアス¥7,000・バングル¥15,000(ウィム ガゼット 青山店〈フィリップオーディベール〉)、バッグ¥501,000(モワナメゾン GINZA SIX)、靴¥141,000[オーダー価格](J.M. WESTON 青山店)

グレーの柔和な表情とカシミアの上質なテクスチャーで魅せる、ストールを小粋に巻いたニットスタイル。この組み合わせは、最旬のボトルグリーンが、みずみずしい透明感のポイントに。ケーブル編みのカシミアニットが主役ですが、程よい光沢感のあるボトルグリーンのテーパードパンツが、着こなしに透明感を生んでくれます。

■6:グレー×ネオンピンク

コート¥168,000(ヘルノ・ジャパン)、ニット¥29,000(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店)、パンツ¥31,000(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス¥560,000(髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉)、バッグ¥450,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴¥23,000(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉)

難度の高いネオンピンクもさらりと受け止める、グレーの懐の深さを生かした個性派配色。グレーとネオンピンクの意外性は、おしゃれの遊び心が楽しめます。主役はインナーダウン付きショートコート。ジュエリーやバッグはラグジュアリーに徹して、パンツのオフ白をサポートカラーにすえれば、グッと上品になります。

■7:グレー×ブリックレッド

コート¥410,000(VINCE 表参道店)、ニット¥49,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ¥59,000(ザ シークレットクロゼット名古屋〈シクラス〉)、ストール¥44,000(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス¥92,000(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ¥165,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴¥100,000(JIMMY CHOO)

主役はシアリングファーのノーカラーコート。このムートンコートが、落ち着きのあるグレーと旬のオーバーサイズ感でたちまちこなれて感を出します。また、こっくりと濃厚なブリックレッドが、モードな女性を演出。グレーとルージュのようなブラウン系レッドの組み合わせは、華々しいメリハリとなります。

■8:グレー×エッジィブラック

アウター¥118,000(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、ニット¥38,000(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ¥41,000(ヤコブコーエン GINZA SIX)、手袋¥97,000(キートン)、ピアス¥78,000(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バッグ¥120,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴¥114,000(JIMMY CHOO)

最後は、グレージュをキレ味よくまとめるエッジィなブラックとの組み合わせ。ループニットのマキシ丈アウターが主役。ふんわりとエアリーなニットアウターは、その質感で高い好感度を実現してくれそう。黒とのコントラストで、遠目にも映える、ドラマティックなシルエットを描いてくれるところがポイント。グレーのタイトフィットデニムに、黒で統一したニットと小物類を合わせると、颯爽とした雰囲気になります。

 

どれも配色の美しさが光る、グレーを使ったカジュアルスタイル8選でした。これまでにない新発想の色合わせも、自分らしく取り入れて、コーディネートの幅を広げてみませんか?

PHOTO :
熊澤 透(人物)、宗髙聡子(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
白井艶美
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
生方ななえ、渡辺佳子
EDIT :
下村葉月、小林桐子(Precious)
COOPERATION :
IVY PLACE