品よく見えて、手持ちのさまざまなアイテムを合わせやすくて、媚びすぎず、何よりオシャレに見える「冬のグレー」。ラグジュアリーマガジン『Precious』から、そんなグレーの服をキーアイテムにしたコーディネートを30パターン、厳選しました。

【目次】

人気ブランドのレディースグレーコートコーデ


【1】トム フォードのグレーコート×黒タートルニット×パンツ

【1】グレーコート×黒タートルニット×パンツ
コート・タートルニット・パンツ(トム フォード ジャパン)、サングラス(トム フォード アイウエア)、グローブ(キートン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

黒いカシミヤのケーブルニットに、グレーのダブルフェースカシミヤのフーデッドコートを肩がけ...そんないい女仕様のカシミヤカジュアルを、さらに盛り上げるのがリッチな小物使いです。光沢を放つアリゲーターのバッグにチャーミングなファー付きグローブを携えた手元には、コクのあるピンクゴールドが輝きを添える、大ぶり時計をはめて。シックカラーでまとめながら、華麗な女らしさを演出しましょう。

【2】シェルヴィーノストリートのグレーコート×ニット×タイトスカート

【2】グレーコート×ニット×タイトスカート
ウールコート(コロネット〈シェルヴィーノストリート〉)、ニット(サン・フレール〈シューマッハ〉)、スカート(wb)、ピアス・リング(ダミアーニブティック東京)、バッグ(ミリー 表参道ヒルズ店)、靴(セルジオ・ロッシ)撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2014年

ひざ上丈の潔いグレースカ―トも、華やかなコートを合わせれば、重たくなりがちな冬のコーディネートに抜け感を与えつつ、立ち姿に洗練と自信を与えてくれます。

【3】ebureのグレーコート×黒ニット×スティックパンツ

【3】グレーコート×黒ニット×スティックパンツ
コート(ebure)、ニット(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ロンハーマン〈マノロ ブラニク〉)撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはおなか周りがすっきり見えるウールストレッチのノーベルトタイプ。形状記憶のセンターシームで、すらりとしたレッグラインを実現してくれます。潔くインナーをⅠラインでシックに締めれば、グレーのムートンコートの存在が際立って、海外セレブのようなこなれ感が漂います。

【4】フェンディのグレーコート×白ブラウス×パンツ

【4】グレーコート×白ブラウス×パンツ
コート(フェンディ ジャパン)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、スカーフ・バッグ(フェンディ ジャパン)、ピアス※参考価格(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

華やかな場を訪れるときには、フォックスファーのコートをまとって。顔周りを明るく照らす、パウダーブルーのスカーフをネックレス代わりにひと巻きし、片方が長くなるように結ぶと、上半身をすっきり見せる効果も狙えます。

【5】グレーコート×ワイドパンツ

【5】グレーコート×ワイドパンツ
バッグ【縦26×横33×マチ12㎝/ストラップ付き】・別売りストラップ(フェンディ ジャパン)、その他のアイテム/すべて私物 撮影/戸田嘉昭・小池紀行(パイルドライバー) BY :『Precious12月号』小学館、2016年

モダンな印象が強いノーカラーコートにはコートと色のコントラストが強いワイドパンツを合わせて、よりモダンなスタイルになるようにエッジを立たせて。バッグはファーやストラップが印象的なものを合わせ、今っぽさをプラスします。

【6】キートンのグレーコート×トップス×スカート

【6】グレーコート×トップス×スカート
コート(キートン)、トップス(三喜 商事〈ストラネス〉)、スカート(wb)、スカーフ (デルヴォー・ジャパン)、ピアス(ダミアーニ ブティック東京)、バッグ※うめだ阪急限定発売(ロジェ・ヴィ ヴィエ・ジャパン)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2015年

スタイリッシュなペンシルタイトスカートは、グレーからホワイティグレーへのグラデーションが、清潔感と品のよさを強調。透け感のあるスカーフのやわらかさがランチタイムにマッチします。

グレーのコートに合わせたいスニーカー


【1】ブラウンのスニーカー×グレーコート

【1】ブラウンのスニーカー×グレーコート
コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉)撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

難度の高いネオンピンクもさらりと受け止める、グレージュの懐の深さを生かした個性派配色。ジュエリーやバッグはラグジュアリーに徹して、パンツのオフ白をサポートカラーにすえれば上品に決まります。

【2】白のハイカットスニーカー×グレーコーディガン

【2】白のハイカットスニーカー×グレーコート
コーディガン(ボウルズ〈ハイク〉)、トップス(マディソンブルーヘッドストア)、パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、サングラス(ミラリジャパン〈プラダ〉)、ネックレス[短]・[長](ダミアーニ 銀座タワー)、グローブ(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(デルヴォ―・ジャパン)、靴(YOKO CHAN)撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY :『Precious2月号』小学館、2017年

グレーのワイドパンツにグレーのコーディガンを合わせたグレートーンのコーデの足元は白のスニーカーがおすすめ。上品で清潔感のある着こなしに仕上がります。

【3】白のスニーカー×グレーコート×ファーストール

【3】白のスニーカー×グレーコート×ファーストール
ニットコート[ベルト付き]・ブラウス・パンツ・ティペット・バッグ・スニーカー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)撮影/熊澤 透 BY :『Precious10月号』小学館、2017年

首に巻いたりはおるだけで、コーデが華やぐファーショール。カジュアルにはマットな毛の羊がマッチします。足元もスニーカーでカジュアルダウンするのがおすすめです。

グレーのコートに合うストール


【1】グレーの柄ストール×グレーコート

【1】グレーの柄ストール×グレーコート
コート(アパルトモン 東京店〈ソヤ〉)、ニット(アストラット 青山店〈アストラット〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ベグ アンド コーのストール・コースのグローブ(ボーダレス)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)撮影/小池紀行・池田 淳(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

プラムピンクのパンツは挑戦色ですが、グレーのグラデーションにミックスすることで取り入れやすくなります。一見おとなしく見えて、よく見ると華やか! なスタイリングで、洗練された大人のカジュアルスタイルに。

【2】グレーのストール×グレーコート

【2】グレーのストール×グレーコート
コート(CHIE IMAI)、ニット(スリードッツ青山店)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、グローブ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈デンツ〉)撮影/浅井佳代子 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ニュアンスのあるグレーに染め上げた上質なムートンコートは、知的な優しさを備えた大人にふさわしい一着。わずかにトーンの異なる、グレーのみをていねいに重ねたワントーンコーディネートが、優雅な女らしさを強調します。全体をなじませた穏やかなグラデーションだから、存在感のあるムートンコートも、軽やかな印象に。

【3】白のストール×グレーコート

【3】白のストール×グレーコート
コート(フェンディ ジャパン)、ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ(エンフォルド)、ストール(マッキントッシュ青山店)、サングラス(バーバリー アイウェア)、リング※参考価格(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

白のストールをスヌードのように首元に巻きつけて、重心をアップ。ボリュームのあるコートをスマートに着こなすバランステクニックです。

【4】グレーのファーストール×グレーコート

【4】グレーのファーストール×グレーコート
コート(エンフォルド)、ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ファーストール(ADORE)、パンツ(デペッシュモード恵比寿本店〈ディウカ〉)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉)撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

裾を翻し颯爽と着こなしたいオーバーサイズコート×ワイドクロップドの最新コンビ。主役のパンツは、上質なタスマニアウールを混紡したソフトツイル生地を使用。ハイウエストに深めのタックが新鮮に見えます。コートのボリューム感に負けないボトムの存在感で、流れるような優雅な印象に。質感が微妙に異なる淡いグレーのグラデーションが大人好みの秀逸デザインです。

【5】ブラウンのファーストール×グレーコート

【5】ブラウンのファーストール×グレーコート
コート・ニット・パンツ・ストール・靴(三喜商事〈アニオナ〉)撮影/浅井佳代子 BY :『Precious10月号』小学館、2017年

優雅な休日スタイルを目指すなら、グレーのパンツコーデが近道です。見栄えのいいグレーのタックテーパードボトムに、ドロップショルダーのコートをはおり、ゆったりとしたシルエットに仕上げれば、リッチカジュアルな装いに。旅先でも着崩れの心配がいらないのもポイントです。

【6】ボルドーのストール×グレーコート

【6】ボルドーのストール×グレーコート
コート・カットソー(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ストール(Theory)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 、靴(JIMMY CHOO)撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious12月号』小学館、2016年

カラーアイテムを主役にするのは勇気がいる…という方は、色のアクセントとしてストールをグレーコーデに取り入れるのがおすすめです。大判マフラーをふわっと巻けば首元を品よく仕立て、ワイドパンツのボリューム感を邪魔せずエフォートレスな装いに。

レディースグレーチェスターコートコーデ


【1】ブルネロ クチネリのグレーチェスターコート×パンツ×ストール

【1】グレーチェスターコート×パンツ×ストール
コート,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)パンツ・ストール[参考価格]・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ミリタリーカーキとダークグレーをかけ合わせたメランジュ織りで、奥行きのあるトーンのコート。ピークドラペルで端正な顔立ちだから、細身パンツとマニッシュなシューズを合わせてかっこよく着こなしましょう。ストールは色調をそろえつつ、ラメ入りで華やかさをプラス。

【2】トモウミ オノのグレーチェスターコート×ブラウス×パンツ

【2】グレーチェスターコート×ブラウス×パンツ
ウールコート(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ブラウス(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(JIMMY CHOO)撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2016年

縦長シルエットをつくる「ロング&リーン」は、アウターから取り入れるのがスムーズです。そこで、長め丈でありながら、前ボタンを留めるとすっきり映る絶妙シルエットのコートを主役に。「ワイドパンツを合わせるにはバランスに不安が…」という小柄な方は、こちらのように、まずは細身のパンツを合わせてみましょう。

【3】マウリツィオ ペコラーロのグレーチェスターコート×ニット×パンツ

【3】グレーチェスターコート×ニット×パンツ
マウリツィオ ペコラーロのコート・ボグナーのニット(三喜商事)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、時計・ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

初対面でも優しい印象を与える白ニットは、オンスタイルに欠かせないアイテム。カジュアル感を抑えるために白のワントーンでまとめて、「澄んた知性」が香る着こなしを目指しましょう。さらにアイテムはグレージュの同系色でそろえ、色調に奥行きを。淡い色の繋がりで、シンプルなのに表情のある着こなしに仕上がります。

【4】ハウントのグレーチェスターコート×ニット×ネイビーパンツ

【4】グレーチェスターコート×ニット×ネイビーパンツ
ハウントのコート・ニット・セラードアーのパンツ・メリッサマッカーサーのピアス・ファリエロ サルティのストール・ジェロームドレフュスのバッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト)、タイツ(福助〈フェモツィオーネ〉)、靴(ゲストリスト〈ルチェンティ〉撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2017年

今人気のチェスターコートも、カラーにカーキグレーをチョイスすれば、クラシカルと知性、上品さが漂う、キャリア女性に最適なスタイルに一気に近づきます。さらにボトムスにピンストライプを合わせれば、縦のラインが美しく際立ち、足から全身にかけたシルエット足をより美しく演出。また足元は、コートの配色とリンクするカーキのパンプスでまとめると、よりおしゃれ上級者の風格が漂います。

【5】ザシークレットクロゼットのグレーチェスターコート×ブラウス×パンツ

【5】グレーチェスターコート×ブラウス×パンツ
コート・ブラウス(ザシークレットクロゼット神宮前〈ザシークレットクロゼット〉)、パンツ(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、ピアス(MIZUKI)、バッグ(ウールン商会〈ナンシー・ゴンザレス〉)、靴(VINCE表参道店)撮影/熊澤 透、BY:『Precious11月号』小学館、2015年

メンズファッションのトレンドからあっという間に人気に火がついたチェスターコート。きちんとまじめなコートというよりも、ジャケット感覚でさらりとラフに肩がけしたり、ニットやジレとのレイヤードを楽しんだり、パンツ合わせで、男前に着るのが旬です。着こなしは、ボウをネクタイ風に結んだブラウスと細身パンツでマスキュリンに。端正なラインが際立つモノトーンでまとめ、すっとシャープな立ち姿でハンサムレディーを目指したいときにおすすめ。

【6】グレーチェスターコート×ニット×パンツ

【6】グレーチェスターコート×ニット×パンツ
コート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ニット・パンツ(Theory)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2016年

クールなチェスターコートには、ピンクベージュのアイテムを合わせて品のある女性のスタイルに。ベージュ系の配色でまとめると、やわらかい印象にまとまります。ヒールを覆うほど長いワイドパンツを合わせて縦長ラインを強調し、優雅で風格漂うスタイルに。

レディースグレーロングコートコーデ


【1】マックスマーラのグレーロングコート×パンツ

【1】グレーロングコート×パンツ
スポーツマックスのパンツ・グローブ[参考商品]・マックスマーラのコート・バッグ(マックスマーラ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

遠目からも、周囲の視線を惹きつける、オーラ漂う佇い…。それは、ラグジュアリーなボリュームコートのせいだけでなく、黒の細身パンツ~ショートブーツにかけて宿った、細部にまで気を抜かない美意識によるもの。ふわふわキャメルのファーバッグが、さらなる温かみをプラスしてくれます。

【2】フェンディのグレーロングコート×バッグ

【2】グレーロングコート×バッグ
コート(フェンディ ジャパン)、バッグ・靴/参考商品(フェンディ ジャパン)、タイツ/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

コートは映画のヒロインをテーマのひとつにすえた今季のフェンディ。肩にパッドを入れ、ボディラインをほっそりと包み込む構築的なヘリンボーン柄のウールシルク地と、袖口のゴージャスなミンクファーがつくり出すコントラストが華やかです。袖口のミンクファーにつなげてバッグもブラウンを選んで、こっくりとした秋の装いに。

【3】グレーロングコート×プリーツスカート

【3】グレーロングコート×プリーツスカート
コート(三喜商事〈バンフォード〉)、ニット(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、スカート(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、タイツ(ウォルフォード銀座並木通り店)、ピアス(ケイテン)、サングラス(リエート〈バートンぺレイラ〉)、バッグ(アマン〈エマニュエラ ペトロガリ〉)、靴(セルジオ ロッシ)撮影/ 水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2017年

落ち感の美しいプリーツスカートと、上質なロングコートがつくり出す、すらりとしなやかなプロポーションが魅力です。

【4】グレーロングコート×ワンピース×ベルト

【4】グレーロングコート×ワンピース×ベルト
コート(プレインピープル丸の内)、ワンピース(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、ベルト(yoshie inaba)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(JIMMY CHOO)撮影/ 水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2016年<

穏やかな美しさをたたえたグレーのコートに、きりっとした表情を加える黒ベルト。ロングコートの上からベルトでマークするだけで、こんなにもかっこいい女らしさが生まれます。

【5】バイ マレーネ ビルガーのグレーロングコート×ブラウス×スカート

【5】グレーロングコート×ブラウス×スカート
コート(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、ブラウス(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(ウィム ガゼット 青山店〈ジェドウ〉)、靴(JIMMY CHOO)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ピアス(ダミアーニ 銀座タワー)撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious1月号』小学館、2017年

仕事帰りにパートナーと食事の約束があるなら、ON&OFF共に着こなせる、女性らしいフレアスカートを。馴染みのいいモーヴピンクのトップスは、艶やかで優美な印象を与えます。退社後は、耳元にはシルバーのアクセサリーをプラスして、着こなしを昇華させましょう。

グレーのコートに合うバッグの色


【1】グレーのショルダーバッグ×グレーコート

【1】グレーのショルダーバッグ×グレーコート
コート(三喜商事〈アニオナ〉)、ニット(アパルトモン 東京店〈アパルトモン〉)、パンツ・ティペット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ピアス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、グローブ(キートン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

トーンの近い2色を配したダブルフェースのカシミヤは、ワントーンスタイルをぐっと身近なものにしてくれる頼れる存在です。ダスティピンクと、そのピンクの温もりを感じるブラウンのコートを主役に、2色の中間色を全身にちりばめて。受ける光によって絶妙に濃淡を変えるミンクファーのティペットが、全身のカラーバランスに統一感をもたらしてくれます。

【2】黒のハンドバッグ×グレーコート

【2】黒のハンドバッグ×グレーコート
コート(ebure)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、スヌード(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

「濃密ワントーン」にトライするとき、まずおすすめなのが、全身をグレーで統一しつつ、ポイントに黒を効かせるテクニック。小物だけでなく、カシミヤダブルフェースコートで黒をのぞかせるのが、上級なおしゃれの証です。

【3】白のハンドバッグ×グレーコート

【3】白のハンドバッグ×グレーコート
コート(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、パンツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

裏地なしの軽やかな仕様も、アルパカやモヘア入りのふんわりとした風合いで温かな着心地を約束する、ウールベースの混毛ツイードコート。横から見ても量感たっぷりにあしらわれたフォックスファーを取り外すと、ノーカラーコートに変化します。スリムパンツを合わせて、コートのオーバーサイズのコクーンシルエットを生かした装い。ペールトーンとの配色でクリーンな印象に仕上げましょう。

【4】ピンクのハンドバッグ×グレーコート

【4】ピンクのハンドバッグ×グレーコート
カシミヤのコート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ニット・スカート(キートン)、 スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、手袋(ディ クラッセ/アオイ〈ブルーノ カルロ〉)、バッグ(STEP inc.〈モアナ〉)撮影/水田学(NOSTY) BY:『[Precious1月号』小学館、2016年

ピュアホワイトのタイトスカートに、カシミヤのノーカラーコートのグレーのグラデーションと相性のいい、ピンクのスカーフを差し色にしたコーディネート。女らしさと程よい抜け感が演出できます。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。