きちんと感があり、知的で上品なイメージを与えてくれるものといったらブラウス。ここでは、おしゃれな女性のためのきれいめブラウスコーデをご紹介します。

【目次】

春のブラウスコーデ


ピンクブラウス×ロングスカート

ピンクブラウス×ロングスカート
ブラウス(ブラミンク)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、帽子(ドゥロワー 丸の内店〈アルバータス・スワンポエル〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

身につけると気分が高まる鮮やかピンクなら美人度が上昇。今季新鮮さが漂うピンクの筆頭は、目の覚めるようなフューシャピンクです。顔映りもよく若々しい色のパワーを味方につけて、クラス感を演出しましょう。

レースのピンクブラウス×デニムパンツ

レースのピンクブラウス×デニムパンツ
ヴァレンティノのブラウス・デニム・ヴァレンティノ ガラヴァーニのスニーカー(ヴァレンティノジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア〈ボッテガ・ヴェネタ〉) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

繊細なフラワー柄をあしらったレースのトップスは、デニムとスニーカーでテイストをミックスさせてラフに仕上げて。品のいいフェミニンな旬のカジュアルが完成します。

イエローのブラウス×ジャケット×パンツ

イエローのブラウス×ジャケット×パンツ
エス マックスマーラのジャケット・マクスマーラのブラウス・パンツ・バッグ・ストラップ(マックスマーラ ジャパン)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレスとして使用したブレスレット[チャーム付き]・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー·アンド·カンパニー·ジャパン·インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アンゴラ混ウール地のダブルフェースの、低めのスタンドカラーがスタイリッシュな主役のアウター。ジャケットの着丈が長いぶん、ハイウエストを意識しましょう。ブラウスとバッグの色味をリンクさせて、洗練度を高めたのもポイントです。

グレージュのシルクブラウス×ノーカラーコート

グレージュのシルクブラウス×ノーカラーコート
コート・ブラウス・パンツ・バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

高密度のナイロン生地で仕立てたノーカラーコート。カーキがかったグレージュの色味と、シルキーな質感が、とびきり洗練された印象に。ウエストや裾にあしらわれたドローストリングで、シルエットを自在に調整できる、今どきのディテール使いも魅力です。グレージュのシルクブラウスにアイスグレーのスエードパンツ…異なる質感のニュアンス色を重ね、奥行きのある着こなしを心がけましょう。

ブルーのブラウス×ライトグレーのパンツ

ブルーのブラウス×ライトグレーのパンツ
ピアス・ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

仕事関係者との会食では、着席しても華やかに着映えるブルーのブラウスを。シンプルなライトグレーのパンツに合わせると、主役のきれい色ブラウスの魅力がさらに引き立ちます。合わせたきれい色は…鮮やかなブルーでありながら、しなやかなシルク素材を使用しているので、色の強さを緩和し顔色をいつもより明るく見せて。前身ごろの美しいドレープとパフスリーブで、ほのかな甘さも演出しましょう。

イエローのバルーンスリーブブラウス×ワイドパンツ

イエローのバルーンスリーブブラウス×ワイドパンツ
ブラウス・パンツ(ソニア リキエル 青山店)、ペンダント・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈マクリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アングローバルショップ 表参道〈ペリーコ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よいハリとしなやかさを備えたコットンストレッチに、ギャザーでボリュームを出しながら、ウエストも袖口もキュッと絞ったバルーンスリーブのブラウス。全体にボリューム感がある場合、絞りをきかせたシルエットを選び、首、手首、足首を見せる抜け感でバランスよく。リラックス感のあるサフランイエローで、大人かわいいカジュアルに仕上げましょう。

夏のブラウスコーデ


レースのコットンブラウス×スカート

レースのコットンブラウス×スカート
ブラウス(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈スティーブン デュエック〉)、バッグ(PredPR〈プロエンザ スクーラー〉)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フルレースのコットンブラウスは、カットワークの柄も、五分袖のボリュームスリーブも清楚な女らしさが魅力です。トレンドのシックカラー、カーキでまとめれば、こなれ感も生まれて、ただならぬ存在感と上級センスが漂う着こなしに。

ノースリーブのブラウス×スカートのワンピース風コーデ

ノースリーブのブラウス×スカートのワンピース風コーデ
共布ベルト付きブラウス・共布ベルト付きスカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモンアルカンタラ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

肌になじむベージュのワントーンは、深みのある赤のバッグをアクセントに。素材は伸縮するので着やすさも抜群です。

ボタニカル柄ブラウス×スカート

ボタニカル柄ブラウス×スカート
マックスマーラのシルクブラウス・スポーツマックスのスカート(マックスマーラ ジャパン)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

大ぶりな南洋の植物柄は、一見派手と思われがちだけれど、ナチュラルカラーなので、思いきり大胆にあしらうのが正解です。シックカラーでまとめれば、キリリとした表情が際立ちます。

ライトブルーのノースリーブブラウス×黒のフレアスカート

ライトブルーのノースリーブブラウス×黒のフレアスカート
サックスブルーのシルクブラウス (TOMORROWLAND〈BALLSEY〉)、フレアスカート (ラ・フォンタナ・マ ジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)

上半身の印象が決め手の日は、サックスブルーのブラウスに、パールネックレスを添えて、たおやかな女らしさを。スカートにインしてコンパクトにまとめるのがベストです。

カットワークレースのブラウス×パンツの黒コーデ

カットワークレースのブラウス×パンツの黒コーデ
カットワークレースのブラウス(wb)、コットン混のスリムパンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス・ネックレス(インデアン・クラフト) 、バッグ(DES PRES 丸の内店〈DES PRES〉)、トロッター(グローブ・トロッター銀座)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈ATP〉)

バカンスモードのおしゃれでは、カットワークレースのブラウスとパンツを黒でまとめ、シックカジュアルに。鮮やかなターコイズアクセサリーを効かせれば、旅の高揚感もぐっと高まります。

レディース白ブラウスコーデ


白ブラウス×ジャケットのスマートな着こなし

白ブラウス×ジャケットのスマートな着こなし
ジャケット(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ブラウス・ボウタイ・スカート・(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

細ラペルが端正なウールジャケットは、はおったときにいちばんきれいに見えると打ち出されたこだわりの74㎝丈。小さめの袖ぐり、細身な身幅で、ロングシルエットでもスマートに着こなせます。マニッシュな表情のジャケットには、リボン風のボウタイで、ほのかな女らしさをプラスさせましょう。

シルクのブラウス×ラップスカートのワントーンスタイル

シルクのブラウス×ラップスカートのワントーンスタイル
ブラウス・スカート・ピアス・バッグ※日本橋三越限定(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

深めのネックラインやオーバーサイズなど計算し尽くされたシルクブラウスが秀逸。歩くたびにひらりと揺れるラップスカートも同色でそろえたら、仕上げにクロコダイルのバッグでキレ味を出して。ていねいに染め上げたブルーグラデーションの色調がワントーンスタイルの精度をぐっと上げてくれます。

ボウブラウス×ベージュパンツ

ボウブラウス×ベージュパンツ
ジャケット・ボウにボールチェーンの付いたノースリーブのブラウス・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(ウノアエレジャパン)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

コンパクトなチャコールグレーのジャージージャケットは、胸ポケットの縁どりに繊細なボールチェーンがあしらわれ、大人のゆとりを印象づける、こなれた一着。チノ風のベージュパンツでマニッシュに装いながら、ボウブラウスで甘さを添えましょう。

白のノースリーブブラウス×黒のスカート

白のノースリーブブラウス×黒のスカート
シルクブラウス・スカート・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、時計(クリスチャン ディオール〈ディオールタイムピーシズ〉)、リング(クリスチャン ディオール〈ディオール ファイン ジュエリー〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

優しい着心地のシルク素材、腕をすらりと見せる袖口のカッティング、メリハリを与える小さな襟とリボンのあしらい…。ごくシンプルに見えて細部までこだわったブラウスが、清らかな美しさを引き立ててくれます。

フラワーレースブラウスのエレガントな着こなし

フラワーレースのブラウスのエレガントな着こなし
ブラウス(オンワードグローバルファッション〈ロシャス〉)、ピアス(TASAKI) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

春の光が透けそうなほどごく薄手でやわらかなシルクのブラウスは、袖だけにフラワーレースが施されたデザイン。今季のレースは部分使いで取り入れて、エレガンスをまといましょう。ゆったりしたドロップショルダーが抜け感を添えているところも、このブラウスに惹かれる理由です。

フリルのブラウス×ワイドパンツ

フリルのブラウス×ワイドパンツ
ブラウス・パンツ・バッグ(フェンディ ジャパン)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ギャザーをたっぷり寄せたハリのあるコットン生地から生まれるモダンなドレープ、そしてカフス部分の華やかなフリルが魅力のブラウス。美人度を上げるのは、そんな計算されたディテールの積み重ね。袖にボリュームがあると、ワイドパンツとのバランスもよくなります。

レースのプルオーバーブラウス×スカート

レースのプルオーバーブラウス×スカート
プルオーバーブラウス[キャミソール付き](ウールン商会〈フィロソフィ ディ ロレンツォセラフィニ〉)、山羊革のスカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ペンダント・リング(ナガホリ〈ロビンソン ペラム〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

優雅なフルレースのブラウスも、デザイン性の高いレースなら愛らしさも感じられます。オフホワイトでまとめて、上品なインパクトを全身から放って。

花柄プリントのブラウス×赤パンツ

花柄プリントのブラウス×赤パンツ
シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス・バングル(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フェミニンな白ブラウスはたくさんもっているけれど、こんなに上品で心ときめく花柄プリントは、ありそうでなかった逸品。コンサバティブなのに、際立つ美しさを、艶やかな赤いボトムが強く後押ししてくれます。かわいいストロー素材のバッグや、ゴールドメッシュのサンダルを軽やかに差して抜け感を加味したのもポイントです。

ディオールのレースブラウス

ディオールのレースブラウス
ブラウス[インナー付き]・イヤリング・バッグ『J’ADIOR』(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

王道のブランドアイコン、レースブラウス。ドットが浮かぶチュールとレースを思いきり贅沢に使ったエアリーなボリュームが新鮮です! ディオールファンならそれとわかる、ジャンフランコ・フェレへのトリビュートでもある。バッグも白で統一してノーブルなモードスタイルに。

白ブラウス×ジャンパースカート風のワンピース

白ブラウス×ジャンパースカート風のワンピース
ワンピース・ブラウス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、眼鏡/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

袖がシルク素材のブラウスとジャンパースカート風のワンピースをレイヤードした新バランス。絶妙なセージグリーンに、涼やかに透けた白で抜け感を加味すれば、クリーンなだけでなく、大人らしいシック感が漂う着こなしが完成します。

レディース黒ブラウスコーデ


パフスリーブブラウス×白パンツ

パフスリーブブラウス×白パンツ
ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(L'AVENTURE martinique〈L'AVENTURE martinique〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

大人の愛らしさが漂うパフスリーブのブラウスを、この春はきれ味よく着るのが旬。すっきりとしたデザインのものを選び、白のワイドパンツで颯爽と着こなしましょう。

黒ブラウス×パンツ×ブルーのミュール

黒ブラウス×パンツ×ブルーのミュール
ジャケット(ADORE)、ブラウス(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ・靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

黒を基調としたパンツの着こなしに、バッグと足元できれい色を加味。ベーシックカラーに慣れ親しんでいると、きれい色はハードルの高い存在。でも、なじみのある黒を味方につければ、スッと自分のものにできます。

袖フリルブラウス×黒のワイドパンツ

袖フリルブラウス×黒のワイドパンツ
バッグ『セレリア レイ』・シルクのブラウス・パンツ(フェンディジャパン)、リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

極上カーフに、ステッチ使いが特徴の『セレリア』シリーズのなかでも、特にしなやかさが映えるフォルムのワンハンドルボストンは、昨年誕生したばかりなのに、すでに名品の誉れ高い逸品。透け感のある袖のディテールが特徴のブラウスには、スネークのレースアップで引き締めた上品なミルクホワイトを合わせて、黒の装いでもコントラストが強すぎず、優しい表情に仕上がります。

黒ブラウス×白パンツのモノトーンコーデ

黒ブラウス×白パンツのモノトーンコーデ
ブラウス(ニール バレット)、パンツ(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(バーニーズ ニューヨーク〈バーニーズ ニューヨーク〉 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

重い印象になりがちな黒は、肌を見せる分量を計算するのも効果的。胸元のレースアップからのぞく肌、華奢な足首が、さりげなく女らしさを香らせます。リラックス感漂うプルオーバータイプは、ハリのあるコットン混生地にダブルカフスと、キレのある小粋な仕立て。

ジバンシィのブラウス&スカートの黒コーデ

ジバンシィのブラウス&スカートの黒コーデ
ブラウス・スカート・バッグ・靴(ジバンシィ表参道店〈ジバンシィ バイ リカルド ティッシ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

モノトーンの美しさを極めたブラウスの身ごろは、袖に透け感のあるオールブラック。比翼仕立てのシンプルな前立てから伸びる、黒×白のリボンを、裾で結べば、肩の力の抜けたモノトーンスタイルが完成します。ジップアップのタイトスカートを合わせて、まじめなスーツにはない女らしさを楽しんで。端正な配色に妖艶なシルエットが際立つ、新鮮なコンビネーションです。

半袖の黒ブラウス×白パンツ

半袖の黒ブラウス×白パンツ
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ブラウス(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア)、ネックレス(アングローバルショップ 表参道〈フィリップ オーディベール〉)、バングル(ビームス ハウス 丸の内〈フィリップ オーディベール〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 大阪店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フロントは短く、後ろ姿はたっぷり、この裾の前後差が今年らしいゆとりを表現。

ドットのボウブラウス×黒パンツ

ドットのボウブラウス×黒パンツ
ブラウス・パンツ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(TASAKI) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

リズミカルなドット模様が華やかなムードを生み出すブラウスは、つかず離れずのしなやかなシルエットが軽やかさを漂わせます。この春私たちが手に入れたいのは、タイムレスな美しさのなかにも今の気分を感じさせるこんな一枚。黒のパンツを合わせ、スマートに着こなしましょう。

フリルカフスのブラウス×黒パンツ

フリルカフスのブラウス×黒パンツ
シルクのブラウス・パンツ・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

研ぎ澄まされたモードな黒に、カフスだけ甘さを添えて。ほんの少しだけなのに、フリルレースのドレスアップ感に魅了されます。この見事な甘辛バランスの華やぎは、大人の女だからこそ生かせるもの。手元を強調するメタリックな輝きをミニバッグでプラスしましょう。

ドットのボウブラウス×グリーンのパンツ

ドットのボウブラウス×グリーンのパンツ
ブラウス・パンツ・バッグ・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

上質なシルクジョーゼットで仕立てたドット柄のボウブラウス。ビビッドなブライトグリーンのパンツと合わせて、遠目から見てもハッとするほど新鮮な、おしゃれの冒険を楽しんで。スタッズでオリエンタルな文様を描いたチェーンバッグ『ディオニュソス』、ベルベットとクリスタルの異素材ミックスが楽しげなボリュームリングなど、小物使いも攻めの気分で仕上げましょう。

レディースネイビーブラウスコーデ


ネイビーのVネックブラウス×白デニムパンツ

ネイビーのVネックブラウス×白デニムパンツ
ネックレス『ヴォワラクテ』(シャネル)、デニムパンツ(エム&アソシエイツ〈シンメ〉)、ブラウス(REYC) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

マドモアゼル シャネルの愛した彗星や天の川の輝きを、ジュエリーに表現したパールネックレス。星モチーフを彩るダイヤモンドの光と、清らかな113個のパールが放つ艶めき…。神秘的な美しさが漂う白い輝きのネックレスを、一連でさらりと。モノトーンスタイルに添えることで、装いに軽やかなメリハリが生まれます。

ネイビーのシルクブラウス×杢グレーのワイドパンツ

ネイビーのシルクブラウス×杢グレーのワイドパンツ
トップス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイロドリゴ オタズ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

爽やかな印象の杢グレーのワイドパンツには、女らしいやわらかさを添えるネイビーのシルクブラウスが好相性です。