「世界で最も美しい王妃」とも呼ばれるラーニア王妃(ヨルダン)が見せる、ピンクの操り方は、ノーブル(高貴)で大人っぽい。しかもブラウス、スカート、スカーフなど、幅広いワードローブそれぞれにわたっていて、そのスタイリングはほとんど神がかっています。

トレンドカラーを一足早く取り入れて、若々しさやフェミニン感を引き出してみせたテクニックを、着こなしパターン別に見ていきましょう。

ラーニア王妃の神がかったピンクコーデ5選

■1:ボウタイブラウスで品格ピンクに

ピンクとネイビー系は互いを引き立て合うパートナーカラー

ピンクのボウタイブラウスは上品系コーディネートの代表的なトップス。顔まわりに色が映り込んで、表情をやさしく見せてくれるチークのような効果も期待できます。お決まりのリボン結びにしないで、あえて長めに垂らして甘さをオフ。その代わりにスカートのウエスト部分にリボンモチーフをあしらっています。

ディテールの凝ったスカートで起伏を豊かにして、全体的にクチュール感を醸し出しました。チェーンバッグとパンプスのスタッズできらめきスパイスを加えているのも、ほのかなリッチテイストを添えています。

■2:ピンクスカートはドラマティックなフォルムで

立体的なスカートがピンクでもスッキリ見せる秘密

ピンクのスカートはかわいらしく見えすぎる心配があって、大人女性は敬遠しがち。ところが、ラーニア王妃は裾が不ぞろいに躍るダイナミックな仕立てを選ぶことによって、ピンクの幼さを見事に封じ込めています。

着こなしのコツは少女っぽくならないフォルムを選ぶこと。このようにアシンメトリーでドラマティックなデザインは、アートを感じさせ、知的なムードも寄り添います。トーンが薄めであるところも、春らしいソフトなムードを漂わせました。ブラウスの胸元に切れ込んだスリットもシャープなイメージを印象づけています。

■3:ピンクジャケットを優美にまとう

ウエストがほっそり見える、ボリューム袖効果

ピンクのジャケットは袖に大胆なラッフルを施した、優雅なデザインが目をひきます。胸にコサージュを添えて、華やぎを演出しています。大人がピンクをまとう場合は、こうした堂々とした着方が大事になってきます。

全体のトーンを整えるうえで気をつけたいのが、ボトムスです。ピンクのスイートさをトーンダウンさせる意識でチョイス。黒の7分丈・太めテーパードパンツで合わせたおかげで、ピンクの持ち味が中和されました。ピンクとブラックは、大人コーデに使いやすい好相性の組み合わせなので、チャレンジしてみては?

■4:ピンクストールで顔周りも明るく

ゆるいアフガン巻きでのどかなムードに

ストライプやボーダー柄が混じり合ったワンピースは、直線のイメージが効いているので、お仕事シーンでも重宝しそうです。キリッとして見える分、フェミニン色のピンクを迎え入れる余地があります。

こういう場合に便利なのが、小物での投入。ワンピースの上から、ピンクのストールをさらりとアフガン巻き。色のコントラストが生まれて、モノトーン系のワンピースに女っぽさやぬくもりが加わりました。顔に近い位置だから、フェイス周りもパッと華やぎます。服でピンクを取り入れるのをためらう人は、まずストールで試してましょう。

■5:ピンクのニットをアクセサリー使い

あえて袖先を束ねないで、無造作に垂らすのが粋

ピンクにもいろいろなトーンがあります。ショッキングピンクにはおじけづいてしまう人でも、スモーキーで淡いピンクなら比較的取り入れやすいはず。優しい風合いのニットを使うと、さらに穏やかなムードに。袖を通さず、肩から掛ければ、着姿に立体感が加わります。

上半身のアクセント風に差し色使いできるから、ピンクが目立ちすぎません。ボトムスを黒にすることで、大人っぽいコーデに仕上がりました。下半身をブラックで整え、引き締まったレッグラインに見せるのは、ピンクコーデの必勝パターンといえるでしょう。

ラーニア王妃の着こなしから見習うべきポイントは「淡いピンクか、くすんだトーンを選ぶ」「ダイナミックなフォルムや、凝ったディテールで甘さを遠ざける」「小物や肩掛けで差し色使い」といったところです。

これまでピンクを敬遠してきた人も「ピンクデビュー」に誘うようなテクニックばかり。トレンドカラーに浮上している今だから、春ピンクにトライしてみてはいかがでしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
EDIT :
石原あや乃