ベージュカラーのコーディネートをまとめました。ベーシックカラーのベージュを女らしく、かっこよく着こなすためのお手本をご紹介します。

【目次】

レディース春夏ベージュコートコーデ


【1】ベージュトレンチコート×パンツ×スカーフ

【1】ベージュトレンチコート×パンツ×スカーフ
コート・ブラウス・パンツ(ebure)、スカーフ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

風をはらんで軽やかになびく、やわらかな質感のノーカラーコート。エポーレットやガンパッチなど、トレンチのディテールを採用しながら、ボタンレスでフェミニンな仕上がりが魅力です。ビタミンカラーのシルクスカーフをふんわりと巻いて、春らしい爽快なイメージを満喫しましょう。

【2】ベージュブルゾン×スカート×スカーフ

【2】ベージュブルゾン×スカート×スカーフ
ブルゾン(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

わずか3㎜と紙のように薄くなめされたゴートスエードのフーデッドブルゾン。驚くほど軽いうえ、まるでベルベットのようなソフトな肌触りも魅力です。淡色グラデーションにまとめたスタイルに、爽やかなブルーのシルクスカーフをひと巻き。顔周りがパッと華やぎ、女性らしい優しさが生まれます。

【3】ベージュコート×ブラウス×パンツ

【3】ベージュコート×ブラウス×パンツ
エスマックスマーラのコート・マックスマーラのブラウス・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

直球の女らしさではなく、感じさせるフェミニティーは、やわらかい色味を緻密に重ねて実現。マニッシュなスエードやローファーも、ハイトーンでまとめることでぐっと女らしくなります。これぞ、シンプル・エレガンスの極みともいうべきコーディネートです。

【4】レザーベルト付きベージュコート×バッグ

【4】レザーベルト付きベージュコート×バッグ
レザーベルト付きコート・バッグ(ボッテガ・ヴェネタジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

たっぷりとした布使いを、ベルトできゅっと絞って、女らしいメリハリのある新鮮なシルエットに。ベルトと襟裏、そして喉元に風が入るのを防ぐスロートラッチに黒のレザーをあしらうことで、より引き締まった印象になります。袖の大胆なまでのふくらみが、新鮮なエレガンススタイルへと導いてくれます。

【5】ベージュトレンチコート×ニット×パンツ×ストール

【5】ベージュトレンチコート×ニット×パンツ×ストール
トモウミ オノのコート・カングラのストール(チェルキ)、ニット(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、パンツ(YOKO CHAN)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、ペンダントチェーン・チャーム(シャンテクレール 東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ブルーやパープルの寒色をペール系の色調でそろえると、大人の辛口フェミニンが完成します。

【6】ベージュトレントコート×ピンクワンピース

【6】ベージュトレントコート×ピンクワンピース
ヴァレンティノのコート・ワンピース・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

トレンチは高めのウエスト位置にたっぷりとタックをとり、スタッズを配した優雅なフィット&フレアシルエット。さりげなく肩がけしたとき腰位置を高く見せる効果に注目。たっぷりとした着丈が、女らしい迫力を発揮してくれます。「夜トレンチ」スタイルは端正さよりも、やわらかなボリューム感を意識。揺れるラッフル袖と波打つようなスカート部分のドレープが際立つように、あえて袖を通さず軽くはおってみましょう。

【7】ベージュトレンチコート×ブラウス×パンツ×スカーフ

【7】ベージュトレンチコート×ブラウス×パンツ×スカーフ
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『パスマントリー・カドリ』(エルメスジャポン)、ブラウス・パンツ(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、時計(DKSH ジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ワイドパンツにトレンチをはおって迫力モードに。大きく効かせるスカーフですっきり感を強調しましょう。

【8】ベージュトレンチコート×ブラウス×スカート

【8】ベージュトレントコート×ブラウス×スカート
コート(バーニーズ ニューヨーク〈エイトン〉)、ブラウス(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、スカート(バイ マレーネ ビルガー 青山店〈バイ マレーネ ビルガー〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

まろやかな肩のラインと歩くたびに優雅に揺れる程よいゆとりのあるシルエットが優雅なトレンチ。ブラウスもスカートもとろみのある素材だから、その質感を生かして、たおやかなモノトーンスタイルを完成させましょう。一枚仕立てのコート前を開けてさらりとはおり、軽やかに躍動するエレガントな着こなしに仕上げて。

【9】ベージュトレンチコート×ニット×ジレ×パンツ

【9】ベージュトレンチコート×ニット×ジレ×パンツ
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、バンフォードのジレ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、ニット(ADORE)、バングル各(ファンエンパイヤ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白トップスに白いパンツ、白いジレ…とホワイトトーンでまとめた着こなしに、ベージュのトレンチコートをはおって品よく引き締めて。上品だけれどおとなしい印象にならないように、顔周りにペールトーンのスカーフを小さく効かせるのがポイントです。

【10】ベージュカーディガン×シャツ×パンツ

【10】ベージュカーディガン×シャツ×パンツ
靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)、イレブンティのカーディガン・パンツ・ストラネスの白シャツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ベージュ×ホワイトの清潔感あふれる着こなしには、インパクトのある足元を演出してセンスをアピール。華奢なピンヒールではなく、パテントレザーで覆われたブロックヒールだからこそ、力の抜けたおしゃれがかないます。

ベージュコートアイテム


【1】セリーヌのトレンチコート

【1】セリーヌのトレンチコート
コート(セリーヌ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

凛々しさとしなやかさ。その相反するふたつの要素を両立させることが、大人が目指すおしゃれの理想…。それを見事に体現しているのが、セリーヌのトレンチコートです。トップ部分は、カーキがかったベージュのダブルフェースコットン。エポーレットやガンフラップなど、典型的なトレンチのディテールを踏襲。それに対し、下部分は、落ち感のあるビスコース。わずかに艶のあるピンクベージュが流れるようなドレープを生み、全体から見ると、まるでドレスの上にコートを重ねているかのよう。異素材を合わせることで、甘辛バランスを極めた理想の美人コートです。

【2】ジルサンダーのトレンチコート

【2】ジルサンダーのトレンチコート
コート(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

定番的なトレンチコートに物足りなさを感じているならば、ジル・サンダーの進化系トレンチがおすすめです。雨や風を通さないコットンのボンディングクロスは、かなりタフでカジュアル。この質感が、凛とした印象のこのコートを、より構築的に見せてくれるのです。デザインの大きな特徴は、左サイドから背中側にかけてアシンメトリーに配されたプリーツ! 何本も縦に走るラインによって動きが生まれ、さらにすっきり見せるのにも効果的です。ダブル合わせやステッチワークなどのトレンチの要素を備えつつ、モードに進化した、着るだけで絵になるコートです。

レディース春夏ベージュジャケットコーデ


【1】ベージュジャケット×カットソー×スカート

【1】ベージュジャケット×カットソー×スカート
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、トップス(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シトラス〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

大切な打ち合わせがある日は、きちんと感のあるジャケットが必須。やわらかなジャージー素材のジャケットは、ストレッチがきいているので着心地も快適です。インナーには白を合わせて、清潔感のある品のよさを極めましょう。

【2】ベージュジャケット×パンツ×スカーフ

【2】ベージュジャケット×パンツ×スカーフ
パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ジャケット(ヘルノ プレスルーム)、スカーフ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、イヤリング・ブレスレット・リング(ピアジェ)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

旬のブルゾンはスエード素材で差をつけて。ドローストリングパンツと合わせてスポーティーに仕上げましょう。

【3】ベージュジャケット×ブラウス×パンツ

【3】ベージュジャケット×ブラウス×パンツ
ジャケット(synchro crossings 玉川タカシマヤSC<シンクロ クロッシングズ>) 、ブラウス(ウールン商会<ファビアナ フィリッピ>)、パンツ(オルドス ファッション ジャパン<オルドス>)、ベルト(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店<メゾン ボワネ>)、眼鏡(イー・ヴィ・アイ PR<レジャー ソサエティー>)、時計(DKSHジャパン<ベダ&カンパニー>)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン<ヴァレクストラ>)、靴(ジェイエムウエストン 青山店<ジェイエムウエストン>)

〝キリッと見えても、怖く見えない〟というバランスが、最大の課題となるアラフォー世代のジャケパンコーデ。淡いベージュと爽やかな白をつないで、まずは第一印象を明るく優しく見せるように心がけると、大勢のスーツ男性が集まる場でも埋もれることなく、自然と目を引くような存在感を発揮します。そして、インにはシルバーラインが効いたネイビーのノースリーブブラウスを忍ばせ、淡色のスタイリングにメリハリをつけましょう。黒ではなくネイビーにすることで、ジャケットとのコントラストを強めすぎないのがポイント。シルク混のやわらかな肌触りのブラウスは、きちんと感最優先のジャケパンコーデにこそ、投入したいテクスチャーです。

【4】ベージュジャケット×ブラウス×パンツ

【4】ベージュジャケット×ブラウス×パンツ
ジャケット・シルクストレッチのブラウス・パンツ・ネックレス・ストール・靴(ブルネロクチネリ ジャパン)、バッグ(ヒラオインク〈マルベリー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2016年

ゴールドのスパンコールが編み込まれたジャケットは、華やかな場所に最適です。

ベージュコーデに合わせたい差し色


【1】ベージュ×ピンク

【1】ベージュ×ピンク
エス マックスマーラのコート・マックスマーラのニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

コートのピンクみをつなげて、ニット以外のアイテムを、さまざまなピンクカラーでまとめた着こなし。パンツのフューシャピンクがメリハリをプラスしてくれます。さらにインには、ニットで白を差して、爽やかな抜け感を演出しましょう。

【2】ベージュ×赤

【2】ベージュ×赤
共布ベルト付きブラウス・共布ベルト付きスカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモンアルカンタラ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

肌になじむベージュのワントーンは、深みのある赤のバッグをアクセントに。伸縮する素材なので着やすさも抜群です。

【3】ベージュ×イエロー

【3】ベージュ×イエロー
コート・パンツ(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、バッグ(ラピーヌ〈エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

トレンドのイエローやオレンジを差せば、「ベージュ」がフレッシュに生まれ変わります。こっくりとしたベージュと、肌に吸い付くなめらかなラムレザーがリッチな雰囲気を醸し出すレザーコート。そのスリムなシルエットを生かすように、ベルトを締めて凛と着こなしましょう。センタープレス入りのパンツもベージュを選び、品よくまとめたぶん、レザーのバックパックは可憐な色を効かせて、溌剌と!

【5】ベージュ×黒

【5】ベージュ×黒
ベージュのブラウス(イプセ)、ベージュのレザーパンツ(キートン)、帽子 (三喜商事〈イレブンティ〉)、ネックレス ・ネックレストップ ・バングル (ファンエンパヤ)、バッグ (プレインピープル丸の内〈ドラゴン〉)、靴 (アノア〈リビアナ・コンティ〉)

リラックス感のある淡いベージュのワントーンでまとめた着こなしも、黒小物をちりばめてキレ味よく仕上げましょう

レディース春夏ベージュトップスコーデ


【1】ベージュニット×ベージュパンツ×コート

【1】ベージュニット×ベージュパンツ×コート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(TASAKI)、バッグ(エストネーション〈スタウド〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは、ゴム引き素材ならではのマットな発色のオリーブグリーンが上品。袖を折り返すと、レザーテープのトリミングがのぞきます。今年らしいボリューム感をもつロングコートは、インナーとボトムを同系色にまとめ、端正に着こなしましょう。

【2】ベージュニット×デニムパンツ

【2】ベージュニット×デニムパンツ
ネックレス・ブレスレット・リング(TASAKI〈RITZ PARIS par TASAKI〉)、デニムパンツ(ブランドニュース〈デレク ラム 10クロスビー〉)、ニット(サザビーリーグ〈デミリー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

バロックシェイプのあこや真珠、淡いブルーの色調、幻想的な光のモチーフ…と、あらゆる面で新鮮なパールジュエリー。インパクトのあるジュエリーをシンプルなベージュニットがよりいっそう引き立てます。ドレスアップにも映えるボリューム感たっぷりのパールを、この春はリラックス気分で楽しみましょう。

【3】ベージュプルオーバー×ベージュパンツ

【3】ベージュプルオーバー×ベージュパンツ
トップス・パンツ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、グレコのブレスレット・キョーコ ホンダニューヨークのリング(デペッシュモード恵比寿本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

深いVネックのプルオーバートップスはザ ロウの定番的アイテム。ゆったりとした優雅なシルエットで、胸元に抜け感があり、素材もしなやかさとハリのバランスが絶妙です。

【4】ベージュプルオーバー×白スカート

【4】ベージュプルオーバー×白スカート
トップス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、コットンリネンのスカート(ebure)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パーティーで、グラスを持つ手が映えるような、袖の深いスリットで魅せるプルオーバートップス。ケープをまとうようにエレガントな一着を、オフ白~ベージュにパールでまとめて、圧倒的な気品を醸し出しましょう。長めのボリュームスリーブ×コンパクト丈のシルエットは、スタイルアップして見えるところもおすすめです。

【5】ベージュシャツ×タイトスカート×スカーフ

【5】ベージュシャツ×タイトスカート×スカーフ
リネン混シャツ(ゲストリスト<ザ シャツ バイ アッパーハイツ>)、スカート(マディソンブルー ヘッドストア<マディソンブルー>)、スカーフ(SANYO SHOKAI<マッキントッシュ ロンドン>)、ピアス(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>)、バングル(リンクス オブ ロンドン青山店<リンクス オブ ロンドン>)、バッグ・靴( JIMMY CHOO)

ベージュシャツは、白よりも落ち着き感があって、30代・40代のキャリア女性の肌にもなじみやすいからおすすめ。そしてこれからの季節に向けては、軽やかなリネン混がおすすめです。上下で〝色のトーンはそろえつつ、素材をバラす〟も、洗練コーデを完成させる秘訣です。異素材にすることでメリハリが出て、老けた印象やのっぺり感などが解消されます。ウォッシュがかったストーングレーのタイトスカートに合わせると、見慣れた自分とはちょっと違う、こなれ感の漂うキャリアスタイルが完成します。

【6】ベージュトップス×ネイビースカート

【6】ベージュトップス×ネイビースカート
トップス・スカート・サングラス・ネックレス・バッグ・靴(ランバン ジャパン)

夏のネイビーを爽やかに見せるのは、×白、×オフベージュといったメリハリ配色。それをスポーティーに仕上げたのでは大人の女には物足りない! エレガントな艶を素材で、小物で、ジュエリーで、加えれば、ぐっと女度が増した最旬スタイルが完成します。

【7】ベージュブラウス×黒スカート

【7】ベージュブラウス×黒スカート
フレアスカート(ラ・フォンタナ・マ ジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、ベージュのブラウス (イプセ)、ペンダント・リング(バカラショップ 丸の内)、バッグ(トッズ・ジャパン)

風通しのよいゆったりシルエットのトップスに、フレアスカートを合わせて涼やかに。白いワンハンドルバッグでメリハリをつければ、ラグジュアリー感も高まります。