ホワイトカラーのコーディネートをまとめました。春らしく清らかで明るい白を取り入れたコーディネート集を参考に出かけましょう。

【目次】

白カーディガンコーデ


【1】白ロングカーディガン×ワンピース

【1】白ロングカーディガン×ワンピース
ワンピース・カーディガン・ピアス・バッグ・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

旅のお供に選んだのは、くるぶし丈で着心地抜群のビスコースギャバジンワンピース。朝のうちは肌寒いのでニットカーディガンが活躍します。

【2】白ニットカーディガン×ワンピース

ガーデンパーティーなど、デイタイムのお誘いには活発的でフレッシュな装いで出かけたいもの。この日のオリビア・パレルモは、モダンなカットワークデザインが魅力的なmiu miu(ミュウミュウ)のセットアップに、バーバリーのニットカーディガンをレイヤード。重ねることで表情の変化を楽しめる立体的なアイテムチョイスで、ピュアホワイトのワントーンコーデを見事モードに昇華しました。スタッズが効いたハードめな靴&バッグを合わせて、意外性のある絶妙スパイスで味付けして。

【3】白カーディガン×Tシャツ×デニムパンツ

【3】白カーディガン×Tシャツ×デニムパンツ
カーディガン・Tシャツ・デニム・靴(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

グッチの伝統的なアイコン、ウェブ ストライプのトリミングが目を引くツイードカーディガン。たっぷりとしたオーバーサイズが鮮度の高い装いへと導いてくれます。1980年代に誕生したグッチ ロゴをアップデートしたプリントTシャツとブリーチデニムで、懐かしくも新鮮な着こなしに。足元の仕上げは、おしゃれ通に人気を博すホースビット付きスリッパサンダルで洗練を極めましょう!

【4】白レースカーディガン×ワンピース

【4】白レースカーディガン×ワンピース
ワンピース・カーディガン(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、時計(DKSHジャパン〈べダ&カンパニー〉)

総レースのカーディガンを重ねて、ただのシンプルに終わらせないエレガントな着こなしに。

【5】白カーディガン×スカーフ

【5】白カーディガン×スカーフ
カーディガン(三喜商事〈アニオナ〉)、シルクトップス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、スカーフ(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ブレスレット(ボン マジック)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

だれに会っても失礼がないようにしたい日には、首元に洋服の色味とリンクをさせたベージュとネイビーのスカーフを2枚重ねてひと巻き。さりげないセンスのよさが光る着こなしが完成します。

レディース白コーデ


【1】白ジャケット×ブラウス×白パンツ

【1】白ジャケット×ブラウス×白パンツ
エス マックスマーラのジャケット・マックスマーラのブラウス・パンツ・バッグ・ストラップ(マックスマーラ ジャパン)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレスとして使用したブレスレット・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー·アンド·カンパニー·ジャパン·インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アンゴラ混ウール地のダブルフェースの、低めのスタンドカラーがスタイリッシュな主役のアウター。ジャケットの着丈が長いぶん、ハイウエストを意識した着こなしでバランスよく見せましょう。

【2】白ブラウス×白パンツ×ベージュコート

【2】白ブラウス×白パンツ×ベージュコート
エスマックスマーラのコート・マックスマーラのブラウス・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

直球の女らしさではなく、感じさせるフェミニティーは、やわらかい色味を緻密に重ねて実現。マニッシュなスエードやローファーも、ハイトーンでまとめることでぐっと女らしくなります。これぞ、シンプル・エレガンスの極みともいうべきコーディネートです。

【3】白コート×グリーンブラウス

【3】白コート×グリーンブラウス
コート(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブラウス(ウィム ガゼット青山店〈ロバート フリードマン〉)、ブローチ(ボン マジック)、バッグ(スプレンダーズアンド カンパニー〈ジェロームドレフュス〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

洗練された大人のかっこよさを印象づけたいなら、ホワイト×グレージュのクリーミー配色を。ブラウスの襟元に添えたカラフルビジューのブローチが、リッチな遊び心を表現してくれます。八角形のフェースが知的な印象の時計をアクセントに。

【4】白ブラウス×白パンツ×ネイビーコート

【4】白ブラウス×白パンツ×ネイビーコート
コート・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボウブラウスとセミワイドパンツをオールホワイトでそろえて華やかに。ネイビーのミドル丈トレンチコートが、全体を引き締めつつ着こなしをすっきりとまとめてくれます。ヒールパンプスは紺をリンクさせてパテント素材の艶をトッピング。マットゴールドのチェーンバッグをアクセントカラーに取り入れましょう。

【5】白ワンピース×白ジャケット

【5】白ワンピース×白ジャケット
ジャケット・ワンピース・ベルト・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

纏うだけで絵になるオールホワイトのコーディネート。細身のコットンワンピースは、スカートの裾のレースアップディテールがアクセントに。ビッグシルエットの麻ジャケットを軽やかにはおって、どこまでも辛口のかっこよさが際立ったスタイリングを完成させましょう。バッグは黒を選んで、全体の引き締め役に。

【6】白ジャケット×白スカート×ピンクニット

【6】白ジャケット×白スカート×ピンクニット
靴『ジャンヴィト』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいスカートスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、着こなしをフレッシュに彩ってくれます。

【7】白コート×ベージュニット×グレーパンツ

【7】白コート×ベージュニット×グレーパンツ
コート(ヘルノ プレスルーム)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(キッチン&カンパニー〈ボルボネーゼ〉)、バッグ(三喜商事〈バンフォード〉)、サングラス(ミラリジャパン〈マイケル・コース〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

スマートなシルエットを描くコンパクトサイズのトレンチ。スエードのガウチョパンツ、レース素材のスニーカーを合わせた軽快な足元で、こなれ感を演出しましょう。

【8】白ニット×白パンツ×ジレ×コート

【8】白ニット×白パンツ×ジレ×コート
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、バンフォードのジレ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、ニット(ADORE)、バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白トップスに白いパンツ、白いジレ…とホワイトトーンでまとめた着こなしに、エレガントなコートをはおって品よく引き締めて。上品だけれどおとなしい印象にならないように、顔周りにペールトーンのスカーフを小さく効かせたのがポイントです。

【9】白ニット×白トレンチジレ×デニムパンツ

【9】白ニット×白トレンチジレ×デニムパンツ
靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉)、ベージュ共布ベルト付ジレ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ピアッツァ センピオーネの白ニット・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、インディゴデニムパンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(リエート〈バートン ペレイラ〉)、ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

キャンバス素材にホワイトレザーでパイピングを施したサンダルは、幅広&甲高な足にフィット。コットンのサマーニットとトレンチジレは、クリーミーな配色使いに徹して、靴のカラーとさりげなくリンクさせましょう。

【10】白シャツ×白パンツ×ベージュカーディガン

【10】白シャツ×白パンツ×ベージュカーディガン
靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)、イレブンティのカーディガン・パンツ・ストラネスの白シャツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ホワイトを基調としたスタイルはおとなしくなりがちだから、靴にはインパクトのあるものを。華奢なピンヒールではなく、パテントレザーで覆われたブロックヒールなら、力の抜けたおしゃれがかないます。ホワイト系と相性のよいシルバーを選んで辛口な着こなしに。

白スカートコーデ


【1】白スカート×白ニット×ネイビーコート

【1】白スカート×白ニット×ネイビーコート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット・スカート(アキコオガワ インターナショナル〈アキコオガワ ランジェリー〉)、バッグ(ADORE)、サングラス(ミラリ ジャパン〈マイケル・コース〉)、ネックレス(ピアジェ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

清潔感のホワイト&ネイビーと、フェミニンテイストの掛け合わせは好感度大。紺をリンクさせたバッグと靴は、チェーン付きやポインテッドトウを選ぶと、大人っぽくキレ味よくまとまります。

【2】白スカート×ベージュブルゾン×スカーフ

【2】白スカート×ベージュブルゾン×スカーフ
ブルゾン(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

わずか3㎜と紙のように薄くなめされたゴートスエードのフーデッドブルゾン。驚くほど軽いうえ、まるでベルベットのようなソフトな肌触りも魅力です。淡色グラデーションにまとめたスタイルに、爽やかなブルーのシルクスカーフをひと巻き。顔周りがパッと華やぎ、女性らしい優しさが生まれます。

【3】白スカート×カットソー×ブルゾン×コート

【3】白スカート×カットソー×ブルゾン×コート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ブルゾン(エリオポール銀座〈チンクワンタ〉)、トップス(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、スカート(コロネット〈J.W.ブライン〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト〈ロベルタ ディ カメリーノ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ゴム引き素材で仕立てたゆったりシルエットのトレンチは、今年らしい小粋なカーキ色を選んで。インナーとスカートに白を配してすっきりとまとめましょう。

【4】白スカート×ネイビーニット×コート

【4】白スカート×ネイビーニット×コート
靴(JIMMY CHOO)、コート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

好感度の高いネイビー×白の着こなしを、パープルの靴で外してより洗練された着こなしに。

【5】白ロングスカート×ストライプシャツ

【5】白ロングスカート×ストライプシャツ
コットンリネンのロングシャツ・リネンベースのサーキュラースカート・バッグ(ロエベジャパン)、ピアス(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ピッチが異なるストライプを縦に、斜めに、リズミカルに配したシャツは、これまでのどこか生真面目なストライプとはまったく違う表情が新鮮です。女らしくウエストを絞りながら、トップもボトムも、ボリューム感たっぷりに。リネン混の季節素材で、ナチュラルな大人の美しさを演出しましょう。

【6】白プリーツスカート×白ブルゾン×カットソー

【6】白プリーツスカート×白ブルゾン×カットソー
ブルゾン(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、トップス(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ファビアナ フィリッピ)、ネックレス・ブレスレット(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

はおるだけで上級センスが宿るMA-1風ブルゾンを主役に。カジュアルなブルゾンを仕事シーンでさりげなく着こなすには、知的なライトグレーでなじませることが大切です。さらに、艶や透け感など、素材の違いを明確にすれば、全体がぼやけず奥行きのある着こなしが完成。コクのあるグレージュバッグが引き締め役になってくれます。

レディース白×白コーデ


【1】白パンツ×白コート

【1】白パンツ×白コート
コート・ニット・パンツ・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー ネイビー〉)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

リネン混のペーパーギャバジン素材で仕立てた薄軽トレンチの白をベースに、モーヴピンクをアソートカラー(配合色)として、まろやかな色味をリンク。バッグと靴のトープ色を加えた春らしい3配色で、すっきりと知的にまとめましょう。

【2】白ブラウス×白スカート

【2】白ブラウス×白スカート
ブラウス・スカート・ピアス・バッグ※日本橋三越限定(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

深めのネックラインやオーバーサイズなど計算し尽くされたシルクブラウスが秀逸。歩くたびにひらりと揺れるラップスカートも同色でそろえたら、仕上げにクロコダイルのバッグでキレ味を出して。ていねいに染め上げたブルーグラデーションの色調がワントーンスタイルの精度をぐっと上げてくれます。

【3】白ニット×白ベスト×白パンツ

【3】白ニット×白ベスト×白パンツ
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ベスト・ニット(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ロレーナ アントニアッツィ〉)、帽子(ADORE 六本木ヒルズ店〈スーパードゥーパーハッツ〉)、サングラス(モスコットトウキョウ〈モスコット〉)、ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

空と海の青に鮮やかに映えるオールホワイトのマリンスタイル。全身白で華やかさを授けた、軽快な8分丈パンツを主役にした装いは、贅沢なクルーズの雰囲気にぴったりです。

【4】白カットソー×白スカート

【4】白カットソー×白スカート
トップス・スカート(三崎商事〈マロ〉)、ネックレス・ブレスレット(ツナカンパニー〈ジル・プラットナー〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、サングラス(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よくハリのあるニット地なら、体のラインを拾わず、全身白スタイルが楽しめます。足元はブルーグレー×ネイビーのカラーブロックパンプスで全体を引き締めましょう。

【5】白レースブラウス×白スカート

【5】白レースブラウス×白スカート
プルオーバーブラウス(ウールン商会〈フィロソフィ ディ ロレンツォセラフィニ〉)、山羊革のスカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ペンダント・リング(ナガホリ〈ロビンソン ペラム〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

優雅なフルレースのブラウスも、デザイン性の高いレースなら愛らしさも感じられます。オフホワイトでまとめて、上品なインパクトを全身から放って。

【6】白トップス×白パンツ×白ストール

【6】白トップス×白パンツ×白ストール
トップス・パンツ・ストール・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

建築から発想を得た構築的なデザインを、トップスにも表現。リナの幾何学構造を模したパネル風のトップスは、麻とシルクをミックスした個性的な仕立てです。タック入りパンツを合わせて、全身をリッチなワントーンにまとめれば、品格に満ちたエレガンスが実現します。