モード系のハイブランドのアイテムを取り入れたコーディネートを集めました。敷居の高さを感じがちなブランドアイテムも着こなしのポイントを押さえれば誰でも一躍上級者に。

【目次】

レディース モードファッションコーデ


エルメスのスカーフ×ニット×パンツ

エルメスのスカーフ×ニット×パンツ
スカーフ・ピアス・ブレスレット(エルメスジャポン)、ニット(ブラミンク)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(ケリングアイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ピンクをリズミカルに重ねてつくる軽快さの際立ったパンツスタイル。90㎝四方のカレを首元にあしらえば、装いがとたんにドラマティックに変化します。エルメスのカレの記念すべき第1号の柄がグラフィカルにアップデートされた新作は、ピンクでも辛口な仕上がりに。黒ニットでなく、ネイビーとの合わせにシフトすると爽やかさが高まって春らしい印象になります。

ヴァレンティノのコート×ティファニーのピアス

ヴァレンティノのコート×ティファニーのピアス
コート(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

モードな雰囲気のコートは、よく見ると最愛ベージュのグラデーションが広がり、大人の心を魅了します。艶やかなミルクティーベージュのボディーに、ヌーディなベージュのパッチポケットをオン。さらに、袖やウエストのベルトにはグリーンがかったベージュを採用。ベージュが奏でる繊細な色のハーモニーに夢中にならずにはいられません!

ファビアナフィリッピの異素材ブルゾン×ワンピースのセットアップ

異素材ブルゾン×ワンピースのセットアップ
ブルゾン・ワンピース・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろはラムレザースエード、後ろ身ごろはジャージー素材と、異素材を組み合わせたジップアップブルゾン。スポーティーアイテムならではの、快適な着心地と軽快なフォルムをもちながら、端正で上品な印象です。その理由は、澄んだアイスグレーに染め上げたしなやかなスエードが、リッチ感を演出してくれるから。同仕様のワンピースとセットアップで着こなして、繊細な女性らしさをアピールしましょう。

アニオナのブルーのニットプルオーバー×ホワイトのパンツ

ブルーのプルオーバー×ホワイトのパンツ
ニット・ブラウス・パンツ・手に持ったストール(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

遠目からでも印象的に輝く、鮮やかなブルーのプルオーバーは、うっとりするほど贅沢な太ゲージのカシミア素材。ネット状の編み目から、インに着た白のブラウスが透かせて爽快さを表現。クリーンな白との相乗効果で、好感度の高い着こなしに仕上がります。

アニオナのラップコート×ニット×グリーンのパンツ

ラップコート×ニット×グリーンのパンツ
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

むだな装飾をいっさい施さず、シンプルを極めたラップコートは、アニオナの定番素材ともいうべきウールのダブルフェースで、軽やかに仕上がっています。サイドスリットを深く入れているため、歩くたびに裾が翻り、春のウキウキした気分を後押ししてくれそう。鮮やかなグリーンとネイビーとの配色も爽快です。

ブルネロ クチネリのサマーベスト×半袖カットソー×チャコールグレーのパンツ

サマーベスト×半袖カットソー×チャコールグレーのパンツ
パンツ・ベスト・トップス・バッグ・ブレスレット・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パンツのチャコールグレーを基軸に、グレーの色調でシックにまとめて。温度調節に重宝するサマーベストは、肩先にあしらったブロンズのボールチェーンの意匠がリュクスな雰囲気を後押ししてくれます。

グッチのボーダーニット×デニムパンツ

グッチのボーダーニット×デニムパンツ
ニット・デニムパンツ・バッグ(グッチ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

一見シンプルなボーダーニットだけれど、レースからのぞく素肌が官能的で、ハッとさせられる遊び心がモードな一着。まさにカジュアルな透け感のあるレース使いが今の気分を印象づけてくれます。デニムでよりカジュアルダウンしたら、端正なトップハンドルのバッグで、大人のクラス感を添えることも忘れずに。

マウリツィオ ペコラーロのカーキのレースブラウス×スカート

カーキのレースブラウス×スカート
ブラウス(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈スティーブン デュエック〉)、バッグ(PredPR〈プロエンザ スクーラー〉)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フルレースのコットンブラウスは、カットワークの柄も、五分袖のボリュームスリーブも清楚な女らしさが魅力。トレンドのシックカラー、カーキでまとめれば、こなれ感も生まれて、ただならぬ存在感と上級センスが漂う着こなしに仕上がります。

エストネーションのノースリーブのニット×パンツ

ノースリーブのニット×パンツ
ニット・パンツ(エストネーション〈エストネーション〉)、バングル(ブシュロン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

光を浴びるたび、少しずつデザインの異なるバングルがそれぞれのニュアンスを放ち、豊潤な輝きを生み出して。ノースリーブにストールを重ねたような進化系ニットを、ぐっとエレガントに着こなすことができます。

クリスチャン ディオールのワンピース

クリスチャンディオールのワンピース
ワンピース・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

今回のコレクションのテーマのひとつは、過去のデザイナーに捧げるオマージュ。ラフ・シモンズ時代を彷彿とさせる研ぎ澄まされた美シルエットワンピースも、その一例です。ゴールドのスタッズや幅広のロングストラップでアップデートした『レディディオール』のミニバッグでモードな迫力と媚のない色香を添えましょう。

レディース モードファッションブランド


マックスマーラ

マックスマーラ
マックスマーラのコート・ブラウス・パンツ・スポーツマックスの靴(マックスマーラジャパン)、バッグ(ロエベ ジャパン)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは、グローブに用いられるほど、薄手のスエードで仕立てた一枚。内側はナッパ加工を施した凝ったつくりで、素材が奏でる美しいコントラストに魅了されます。白のコットンパンツでクリアに仕上げ、太陽のように鮮やかなキャンバスバッグが、淡色コーディネートのアクセントに。

イヴ・サンローラン

イヴ・サンローラン
ジャケット・ブラウス・ボウタイ・スカート・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

細ラペルが端正なウールジャケットは、はおったときにいちばんきれいに見えると打ち出されたこだわりの74㎝丈。小さめの袖ぐり、細身な身幅で、ロングシルエットでもスマートに着こなせます。マニッシュな表情のジャケットには、リボン風のボウタイで、ほのかな女らしさをプラスするのがポイント。

グッチ

グッチ
コート・バッグ・ブラウス(グッチジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

思わず笑顔を誘うような春らしいミントグリーンと、パールビーズやスパンコールを立体的にあしらったフラワービジューの組み合わせが、なんともキュートなコートを主役に。そして、バッグのハンドル部分は、なんとクリスタルがちりばめられたプレキシガラス! クラシカルなバンブーバッグがモダンに進化した心浮き立つ逸品です。きれい色のレトロなコートに、ピュアなホワイト×クリアなグリーンハンドルが映える洗練モードを満喫しましょう。

ドルチェ&ガッバーナ

ドルチェ&ガッバーナ
コート・バッグ『DG ミレニアルズ』・ワンピース・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

黒をベースにさまざまな色をミックスしたツイードコート。着丈90㎝とひざが隠れるかどうかの着やすい丈感が、シーンを選ばず活躍しそう。同素材のワンピースとセットアップで着こなせば、よりドレスアップ効果も狙えます。フラワー柄のポケットが愛らしいワンポイントに。春気分あふれるピンクのチェーンバッグは、カーフレザーにイグアナプリントを施したもの。ブランドロゴを描くビジューが、動くたびにきらめきます。

フェンディ

フェンディ
コート・バッグ『ラナウェイ』・ピアス・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

トレンチのマスキュリンな要素とドレスのような艶やかさを併せもったモードなコート。艶やかなイエローのチェック柄は、シルク×ポリエステルの混紡素材です。フロントを閉め、ウエストをきゅっと結べば、タップ部分がケープのように張り出して、立体的なフォルムを強調。バッグは、ナチュラルパイソンを黒のカーフレザーが引き締めるクールなコンビネーションです。

ボッテガ・ヴェネタ

ボッテガ・ヴェネタ
コート・バッグ・シャツ・スカート・ネックレス(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

注目すべきは、肩の部分に手作業で染料をスプレーし、オフホワイトからピンクへとニュアンスをつけた美しいグラデーションのコート。さらに、裾と袖にメタルアイレットなどの装飾を配し、個性あふれる一着に仕上がっています。しなやかなカーフスエードならではの素材感を生かして、さっとはおる感覚で着こなし、バッグはイエローグリーンのパイソンで、全体を春らしいカラーパレットに!

ディオール

クリスチャン ディオール
ディオールのシルクブラウス・スカート・バッグ・ディオールタイムピーシズの時計・ディオール ファイン ジュエリーのリング(クリスチャン ディオール) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

優しい着心地のシルク素材、腕をすらりと見せる袖口のカッティング、メリハリを与える小さな襟とリボンのあしらい…。ごくシンプルに見えて細部までこだわったシルクブラウスだけで、清らかな美しさを表現できます。

ジバンシィ

ジバンシィ
ブラウス・スカート・バッグ(ジバンシィ表参道店〈ジバンシィ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

女心がときめく、フェミニンなペールピンクのブラウス。クリンクル加工が施された、シワ状に縮れた素材が空気をはらんで揺れ、大胆なフリルを大げさに見せることなく、こなれ感を生み出してくれます。黒のボトムとクラッチで引き締め、スタイリッシュに仕上げましょう。

ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトン
シルクのブラウス・デニムパンツ・サングラス・ブレスレット・バッグ・靴(ルイ・ヴィトン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ルイ・ヴィトンの「モノグラム」を小さな幾何学柄にアレンジしたプリントブラウス。幾何学は知性とモダンさが表現できて、だれからも好かれる柄。凛としたシャツ襟で、ジャストウエストに絞りがあるので、デニムでカジュアルダウンしても、きちんとした印象に仕上がります。

サルヴァトーレ フェラガモ

サルヴァトーレ フェラガモ
シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス・バングル(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フェミニンな白ブラウスはたくさんもっているけれど、こんなに上品で心ときめく花柄プリントは、ありそうでなかった逸品。コンサバティブなのに、際立つ美しさを、艶やかな赤いボトムが強く後押ししてくれます。かわいいストロー素材のバッグや、ゴールドメッシュのサンダルを軽やかに差して、大人っぽさも忘れずに。