黒パンツを使ったコーディネートのまとめです。ベーシックアイテムの黒パンツで大人の魅力を演出しましょう。

【目次】

レディース春夏黒パンツコーデ


【1】黒パンツ×白ブラウス×トレンチコート

【1】黒パンツ×白ブラウス×トレンチコート
コート・シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベーシックなひざ丈のトレンチは、だれもが着るアイテムだけに、モードブランドのもつ洗練オーラで、圧倒的な違いを印象づけましょう。またスニーカーなどでカジュアルに、ラフに着くずすのは、今や平凡なパターンに陥りがちなので、黒のスティックパンツ&ヒールパンプスで、シルエットを引き締めつつ、エレガンスを極める方向を目指すべき。袖口からしなやかなブラウスの白をのぞかせるだけでも華やぎます。

【2】黒パンツ×白ブラウス×白ジャケット

【2】黒パンツ×白ブラウス×白ジャケット
ジャケット(キートン)、ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、ガウチョパンツ(REYC)、ピアス・ネックレス(ヴァンドーム、ヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ1915〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはダブルクレープの一枚仕立て。高い位置のポケットと後ろベルトで、全方位的にスタイルアップしてくれます。インナーをジャケットの裾からのぞかせ、こなれ感のあるガウチョパンツに合わせることで、旬のエレガンスなスタイルが完成します。

【3】黒パンツ×黒ジャケット

【3】黒パンツ×黒ジャケット
ジャケット・パンツ(グッチ、ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

やわらかく爽やかな着用感のコットンツイード素材。グッチらしい仕立てのよさを感じさせる端正なシルエットを今年らしく更新する決め手が、ロング丈です! イエローを基調にしたコントラスト鮮やかなストライプ状のトリミングや、キャットヘッドボタンのダブルブレストが着映えを加速させます。ボトムには黒パンツを合わせてシンプルに。「絵になる」ジャケットの魅力を引き出しましょう。

【4】黒パンツ×黒Tシャツ×黒ジャケット

【4】黒パンツ×黒Tシャツ×黒ジャケット
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スタイリッシュなテーラードジャケットは、ブランドのアイコン的存在。今季は、コンパクトな美シルエットをゴールドレザーのトリミングでリッチに刷新しています。脚線美が強調されるブラックパンツを合わせて、黒一色の着こなしでも、はっとするほどラグジュアリーに!

【5】黒パンツ×白カットソー×ストライプカーディガン

【5】黒パンツ×白カットソー×ストライプカーディガン
カーディガン・カットソー・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

クリケットのユニフォームをイメージしたというゆったりシルエットながら、着やせ効果も備えた革新的なニットカーディガン。黒×キャメルのストライプ柄が縦のラインを強調するため、スタイルアップは確実。黒ボトムに白のカットソーを合わせたシンプルコンビにふわりとはおるだけで、肩の力の抜けたリッチカジュアルが完成します。

【6】黒パンツ×黒ブラウス

【6】黒パンツ×黒ブラウス
シルクのブラウス・パンツ・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

研ぎ澄まされたモードな黒に、カフスだけ甘さを添えたブラウスは、フリルレースのドレスアップ感に圧倒されます。シンプルな黒パンツを合わせて、甘辛バランスを調整しましょう。手元を強調するため、メタリックな輝きをミニバッグでプラスするのも忘れずに。

【7】黒パンツ×白ブラウス

【7】黒パンツ×白ブラウス
ブラウス・パンツ・バッグ(フェンディ ジャパン)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ギャザーをたっぷり寄せたハリのあるコットン生地から生まれるモダンなドレープ、そしてカフス部分の華やかなフリルが、白トップスをドラマティックなシルエットに演出します。袖ににボリュームがあると、ワイドパンツとのバランスも取りやすくなります。

【8】黒パンツ×黒プルオーバー

【8】黒パンツ×黒プルオーバー
プルオーバー(sacai)、パンツ(ブラミンク)、ピアス(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈シェイスビー〉)、バッグ 000(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

すっと背すじの伸びた後ろ姿からも、匂い立つようなエレガンスを感じさせる黒のレーストップス。精緻なレースはもちろん、分量感のあるヘムのデザインも、美人の気配を高めてくれます。トップスの華やぎを強調するため、ボトムはシンプルなブラックパンツでまとめて。

【9】黒パンツ×黒ドットブラウス

【9】黒パンツ×黒ドットブラウス
ブラウス・パンツ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(TASAKI) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

リズミカルなドット模様が華やかなムードを生み出すブラウスは、つかず離れずのしなやかなシルエットが軽やかさを漂わせます。この春私たちが手に入れたいのは、タイムレスな美しさのなかにも今の気分を感じさせるこんな一枚。黒のパンツを合わせて、スマートに着こなしましょう。

【10】黒パンツ×キャメルニット×コート

【10】黒パンツ×キャメルニット×コート
パンツ(オールウェイズ〈NUMBER M〉)、コート・ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

スエードのパンチングコートとニットはキャメルでそろえ、パンツと小物は黒でまとめると端正な印象に。

【11】黒パンツ×白ニット×ベージュブルゾン

【11】黒パンツ×白ニット×ベージュブルゾン
ブルゾン(ウールリッチ 表参道店)、白のカシミヤニット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミオノ〉)、ストール(アマン〈アルテア〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

光沢ベージュに、黒のとろみパンツで艶やかな女らしさを引き出しながら、スポーティーシックなコーディネートに。顔周りは白で明るく照らして、春の差し色は、小さくピリリと効かせましょう。

【12】黒パンツ×黒シャツ×黒カーディガン

【12】黒パンツ×黒シャツ×黒カーディガン
バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)、カーディガン(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ノースリーブシャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バングル(ピエールアルディ 東京)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)、帽子(ロンハーマン〈ロンハーマン〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

キリッと潔い、黒を重ねた着こなしに、小さなピンクを効かせて。存在感を放つ立方体のバッグは、縫い目が表に見えない「アングルステッチ」という、モワナでもたったひとりの職人だけに許された縫製が施された逸品。くるぶし丈のパンツを選んで、抜け感を与えたのもポイントです。

【13】黒パンツ×白シャツ×スカーフ

【13】黒パンツ×白シャツ×スカーフ
シャツ・シルクのスカーフ・パンツ・イヤリング・リング(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

しなやかなシルククレープデシンの白シャツに、シャープな黒パンツという、凛として、研ぎ澄まされたミニマルモードのスタイル。繊細かつ個性的なモチーフジュエリーを重ねづけして、大人の余裕とかわいさを感じさせましょう。

【14】黒パンツ×黒ニット×トレンチコート

【14】黒パンツ×黒ニット×トレンチコート
コート・ニット・パンツ・バッグ(バーバリー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

黒のニット+ワイドパンツに合わせ、あえてボタンを留めずにきゅっとベルトを結ぶ。程よくゆとりのあるトレンチコートのシルエットにメリハリが生まれ、自分らしいスタイルが完成します。コートは伝統的なディテールを踏襲したクラシックタイプ。ひざにかかるロング丈が着回し力の決め手です。

【15】黒パンツ×白カットソー×黒ジャケット

【15】黒パンツ×白カットソー×黒ジャケット
パンツ・ジャケット・トップス・バッグ(ジョルジオ アルマーニジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ブレスレット(ピアジェ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

端正なジャケット&パンツの辛口スタイルには、着こなしのアクセントになってくれるバッグをアクセントに。機能的なので、仕事用のバッグとしてフルに活躍しそう!

【16】黒パンツ×白ブラウス

【16】黒パンツ×白ブラウス
ブラウス・パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)アイウエア(ミラリ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ノーカラーブラウスとストレートパンツを組み合わせて、シンプルエレガントな装いに。シルエットの美しさもさることながら、漂う上質感は、シルクやヴァージンウールなどの最高級素材だからこそなせるワザです。 

【17】黒パンツ×グレーブラウス

【17】黒パンツ×グレーブラウス
カーディガン(三喜商事〈アニオナ〉)、ブラウス(ウィム ガゼット青山店〈ロバート フリードマン〉)、パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ペンダント・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

きちんとした表情のなかにも清潔な色香が漂うグレージュのボウブラウス。そんなトップスに合わせるボトムは、穏やかなベージュより、落ち着きのある黒を合わせ、シックな配色に仕上げると大人の品格が漂います。襟元のボウのボリュームに負けない、大ぶりペンダントをさりげなく合わせて。

【18】黒パンツ×黒ブラウス

【18】黒パンツ×黒ブラウス
バッグ・シルクのブラウス・パンツ(フェンディジャパン)、リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

モダンな曲線が特徴のブラウスを端正なブラックパンツに合わせてモードな印象に。スネークのレースアップで引き締めた上品なミルクホワイトのバッグなら、黒の装いに合わせても、コントラストが強すぎず、優しい表情にまとまります。

【19】黒パンツ×白ブラウス×ベージュトレンチコート

【19】黒パンツ×白ブラウス×ベージュトレンチコート
コート・ブラウス・パンツ・スカーフ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

計算し尽くされた細身シルエットがボディーラインを華奢に見せ、品格とモード感が両立した立ち姿をかなえるトレンチ。前を開けても広がりすぎず、さりげない着こなしをスタイリッシュに演出します。シルクシャツにシルクの幅広ボウをさらりと巻いてやわらかなリッチ感を表現。すっきりとした黒パンツを合わせれば、辛口シンプルな着こなしが一気にこなれた雰囲気に仕上がります。

【20】黒パンツ×白シャツ×ベージュトレンチコート

【20】黒パンツ×白シャツ×ベージュトレンチコート
ヴァレンティノのコート・シャツ・パンツ・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

薄いシルクジョーゼットを重ねて、ステッチをかけた贅沢なトレンチコート。正統派トレンチのデザインを踏襲しつつ、しなやか素材でロング&リーンなシルエットが実現できるから、マニッシュにまとめても、女らしさが香り立ちます。

黒パンツに合う靴


【1】黒パンツ×黒パンプス

【1】黒パンツ×黒パンプス
パンツ(REYC)、カーディガン・ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(SUPER A MARKET〈CULT GAIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

センタープレス入りのパンツは、シルクシャンタンを思わせる光沢が美しい、ベーシックでもニュアンスのある一着。マノロ ブラニクのアイコンパンプスを合わせて、足元から知性をアピールしましょう。

【2】黒パンツ×白スニーカー

【2】黒パンツ×白スニーカー
コート・ストール・バッグ(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、トップス(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、(靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ベージュを重ねたシックトーン配色で大人っぽく。サイドライン入りパンツやスリッポンで仕上げたスポーティーな着こなしも、艶やかなブラックサテンのコートがあれば、カジュアルになりすぎず品よくまとまります。

【3】黒パンツ×黒ローファー

【3】黒パンツ×黒ローファー
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(アニヤ・ハインドマーチ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

主役のパンツは、レーヨン×コットン混の緻密に織られたストレッチ素材。程よいテーパードラインに、発色のいい黒が上品な印象です。男前なジャケットスタイルに、ロングパールとパテントローファーでパリジェンヌのような小粋さを演出しましょう。

【4】黒パンツ×ベージュパンプス

【4】黒パンツ×ベージュパンプス
パンツ(Theory)、ユナイテッドアローズのジャケット・スタブス&ウートンの靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、ニット(スローン)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはTheoryの一番人気アイテム。二重織り生地を採用した細身ストレートで、ハリもあり、直線的なラインを強調しているので美脚効果も抜群。凛とした白ジャケットとの相性もバツグンです。

【5】黒パンツ×黒スニーカー

【5】黒パンツ×黒スニーカー
ブルゾン(ヘルノ・ジャパン)、ニット(DES PRÉS 丸の内店〈DESPRÉS〉)、デニム(アマン〈アトリエ ノティファイ〉)、ストール(シジェーム ギンザ〈フランコフェラーリ〉)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(SUPER A MARKET〈WAIWAI〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

緩やかに広がるテントラインのショート丈ブルゾンには、黒のスキニーデニムを合わせ、ボリュームを上にするのが着こなしのポイントです。

【6】黒パンツ×黒サンダル

【6】黒パンツ×黒サンダル
ジャケット・パンツ(マディソンブルー)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ウエスト位置を高めで絞ったジャケット、ヒップラインを美しく見せるパンツ…。こんなさりげない女らしさを感じさせる、シルエットのきれいな黒のセットアップこそ、特別な日に限定せず、日常に取り入れましょう。

【7】黒パンツ×ゴールドパンプス

【7】黒パンツ×ゴールドパンプス
ジャケット(エストネーション〈パラス〉)、ビスチェ(コロネット〈エアロン〉)、パンツ(MOGA)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(JIMMY、CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットは下襟とポケット口に配したサテンビスコース素材が特別感の決め手。幅広サッシュベルトで女らしくスタイルアップしましょう。黒のトップス+パンツに、ネックレスやバッグ、靴で煌めく縦ラインを演出し、スタイルのよさと洗練を両立。