ディオールが、マリア・グラツィア・キウリをアーティスティック ディレクターに起用して初となる、2017年秋冬のオートクチュールコレクションを発表しました。

ロマンティック&フェミニンなディテールと、ファンタジックな世界観が融合したコレクションが話題になっています!

©ADRIEN DIRAND

2016年、ブランド史上初の女性デザイナーとして、ディオールのアーティスティック ディレクターに就任したのがマリア・グラツィア・キウリ。


特設会場が完成するまでのタイムラプス動画

暗闇の中では、はっきりと見えるのだ、仲間たちよ。

迷宮の中では、正しい道が見つかるのだ。

プレスリリースの冒頭には、フランスの詩人、アンリ・ミショーによる詩の一節が。

そんな詩の内容にリンクするように、パリ・ロダン美術館の中庭に出現した特設テント内には、おとぎ話に出てくるような迷宮を思わせる広大な庭が広がります。

©DIOR

ファーストルックは、ブランドを象徴するバージャケットとワイドパンツによって、伝説的な「ニュールック」を思わせるスタイル。

しかし、フードが合わせられたその姿は、まるで童話の『赤ずきん』のようです。

ダークカラーを中心としたカラーパレットは禁欲的な雰囲気さえ感じさせますが、そこに登場するのは、オーガンジーなどの軽やかな素材に刺繍される美しい花々たち。

©DIOR

「花は、女性に次いで美しいものだ」と語り、生涯にわたって花を愛し続けた、ブランドの創始者であるムッシュ・ディオール。

マリア・グラツィア・キウリらしいロマンティックなテイストと、ムッシュ、そしてブランドのDNAの数々が見事に融合しています。

オートクチュールというファンタジックな迷宮に迷い込んだ、アーティスティック ディレクターのマリア・グラツィア・キウリ。

彼女の類稀なる表現力によって、ディオールは新たな夢の世界を手中に。今後の新たなクリエイティブにも注目です!

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.10.11 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
難波寛彦