デニムパンツを取り入れたコーディネートをまとめました。カジュアルコーデの定番であるジーンズの着こなしテクニックをご紹介します。

レディース春のデニムパンツコーデ


【1】デニムパンツ×黒カットソー×黒ジャケット

【1】デニムパンツ×黒カットソー×黒ジャケット
ライダースジャケット・カットソー・デニム・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉)、ネックレス・ブレスレット(ハリー・ウィンストン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ライダースジャケット×デニムパンツのマニッシュなスタイルには、ダイヤモンドの輝きを大胆にまとって。これぞ、大人だからこそできる甘辛ミックスです。豊潤な輝きを放つマーキース、ラウンド、スクエアエメラルドカットのダイヤモンド。3個のパーツで構成されたネックレスは、7通りのつけ方ができるのも魅力です。

【2】デニムパンツ×白ブラウス×デニムジャケット

【2】デニムパンツ×白ブラウス×デニムジャケット
ブレスレット・イヤリング・リング『ミキモト M コレクション』(ミキモト)、デニムジャケット・デニムパンツ・ブラウス(ロロ・ピアーナ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

高難度なデニムのセットアップスタイルは、2連パールをクロスさせて楽しむブレスレットで華やぎを添えれば、フレッシュな品格が加味されます。

【3】デニムパンツ×白シャツ×黒ジャケット

【3】デニムパンツ×白シャツ×黒ジャケット
バッグ・ジャケット・シルクシャツ・デニム・靴・イヤリング・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

新作のショルダーバッグ「シャーロット」を、モダンな光沢を放つ黒のパテントで。上品なトラッド感があるので、スモーキングジャケットをデニムでドレスダウンするような、絶妙なバランス感覚の装いにマッチして、シャープなアクセントになります。

【4】デニムパンツ×オフショルダートップス

【4】デニムパンツ×オフショルダートップス

今年の「美人トップス」としてランクインしたのが、デコルテの美しさが際立つオフショルダータイプ。女性らしい華やかさを携えたフェミニンなブラウスですが、オリビア・パレルモのようにカジュアルなデニムと合わせれば、大人の休日コーデに様変わりします。スニーカーの軽快エッセンスで、もっと活発に!

【5】デニムパンツ×ボーダーTシャツ

【5】デニムパンツ×ボーダーTシャツ
ピンク×レッドのカラーミックスでボーダーにポジティブ気分が加わりました

ボーダー柄Tシャツにジーンズという、普段着コーディネートの定番的なコンビネーションです。一見、手抜きにも見えかねない、ありきたりの合わせ方なのに、こんなにも大人かわいく着こなせているのはなぜ? その秘密は、ソフィア・コッポラならではの細やかな目配りにあります。

例えば、ピンクのボーダーをチョイスしたところ。これがおなじみのマリン系ツートーンだったら、退屈に見えたでしょう。トップスの袖をひじの上までまくり上げた小技も、軽やかな着映えに貢献しています。裾が切りっぱなしのジーンズに合わせたバレエシューズは足元にほのかなレディー感を添えました。このような工夫の積み重ねが全体の愛らしいムードを醸し出しているわけです。

まずは、ボーイッシュなパンツを軸にスタイリングを組み立ててみましょう。もともと軽快なイメージがあるパンツに、フェミニンでノーブルなアイテムを引き合わせると、無理に若づくりをしているわけではないのに、愛らしく仕上がります。腕や足首など、身体の中の細い部分で素肌をさりげなく露出するテクニックも参考にしてみてください。

【6】デニムパンツ×白シャツ×ジャケット

【6】デニムパンツ×白シャツ×ジャケット
女性らしい「抜け感」バランスを意識

「デニムと合わせるとカジュアル感が強くなるのでは!?」と懸念される人も多いと思いますが、そんなときにオススメのが、デニムでもエレガントさが際立つジェナ・ライオンズ(Jenna Lyons)の美人な着こなしテクニックです。

ベーシックなジャケットからドレスシャツの袖を長めに出したり、肌写りのよいゴールドのアクセサリーをさりげなくのぞかせるなど、女性らしさを香らせる「抜け感」を意識的に取り入れています。くるぶし丈のダメージデニムを合わせることで、上級者ならではの外しスパイスが際立ちます。素足が美しく見える華奢なデザインの黒パンプスを選ぶと良さそうです。

【7】デニムパンツ×白チュニック×ベルト

【7】デニムパンツ×白チュニック×ベルト
ネックレス・バングル(インデアン・クラフト)、ベルト(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、コットン素材のゆったりチュニック(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ワイドウォッシュデニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)

風通しのいいコットンチュニック×ワイドデニムで爽やかな表情に。存在感のあるターコイズのロングネックレスやサッシュベルトの小物が、頑張りすぎないカジュアルに程よいトレンド感を与えてくれます。

【8】デニムパンツ×白Tシャツ

【8】デニムパンツ×白Tシャツ
定番のデニムスタイルにはデザインTシャツを合わせてグレードアップ。

カジュアルなデイスタイルで「白Tシャツ」を取り入れるなら、デザインTシャツにコミットして。オリビア・パレルモお得意の「ジャストくるぶし丈」のデニムとも相性抜群。首元にスカーフでアレンジを効かせるなど、定番スタイルをセレブに格上げるテクニックは独自のセンスを光らせるオリビアを参考にしましょう。

【9】デニムパンツ×デニムシャツ×デニムジャケット

【9】デニムパンツ×デニムシャツ×デニムジャケット
究極に洗練された大人のデニムonデニムスタイル

デニムonデニム、さらにウエストにもデニム…という、オールデニムで身を包んだオシャレマダムをご紹介します。彼女の着こなしの決め手は、同じデニムでも変化を楽しむことのできる「絶妙なグラデーション」にありました。さらには、デニムをリュクスに格上げるボリュームネックレスや、シックにまとめるモノトーンの靴&バッグ選びなど、すべて計算された熟練の技。カジュアルの定番であるデニムスタイルを見事にお出かけ着へとアップデートした真似すべきスタイリングといえます。

【10】デニムパンツ×ピンクジャケット

【10】デニムパンツ×ピンクジャケット
女性らしさ際立つジャケットスタイルのマダム

ペールトーンのジャケットで見事なアレンジに成功したオシャレマダムを発見。きちんと感もありつつ女性らしいしなやかさもある、上級者ならではの色選びは参考にしたいポイントです。メタリックなバッグと、オールブラックで統一した小物で絶妙なメリハリを与えた、オンシーンで取り入れたいスタイリングです。

【11】デニムパンツ×白シャツ

【11】デニムパンツ×白シャツ
個性的なスパイスが効いたデニムスタイル

辛口なロック風味の小物使いで個性的にアレンジしたオシャレマダムをキャッチ。ベーシックなアイテムを主役にしたスタイルこそ、独自のセンスで色付けるテクニックは彼女をお手本に! 足元にはカーヴィーなブーティーをセットして、女性らしさも匂わせています。

【12】デニムパンツ×ブルーチェックシャツ

【12】デニムパンツ×ブルーチェックシャツ
絶妙なサイジングでフレンチカジュアルを体現。

フランス映画に出てきそうな、絶妙にこなれたスタイリングは流石です。足元にはヒールパンプスをセットし、フレンチシックを体現する彼女らしい大人のデニムスタイルを披露しました。

【13】デニムパンツ×白ブラウス×デニムジャケット

【13】デニムパンツ×白ブラウス×デニムジャケット
レディーなムードもあるデニムスタイルの極み。

最上級オシャレをいくのは、ブラウスの下からうっすらと透ける、下着をもファッションの一部に仕立てた上級者コーディネート。ヴィンテージ風のデニムをレディーに仕立てたのは、女性らしさが際立つブラウスとラウンドカットのブーティの存在でした。キャッツアイフレームのサングラスと、小ぶりなバックパックでモダンさも意識した究極のデニムonデニムスタイルです。

【14】デニムパンツ×デニムシャツ×ロングジレ

【14】デニムパンツ×デニムシャツ×ロングジレ
ジレとパンプスでお仕事スタイルへとシフト。

デニムonデニムというオリビア・パレルモお得意のスタイルをお仕事モードにアップデートしたのは、ロングジレの存在でした。さらにはピンヒールのパンプスを合わせて女性らしさも意識。「ジャストくるぶし」丈デニムとの絶妙バランスが大人の抜け感を演出しています。最後にトレードマークともいえる「レッド小物」を投入すれば、オリビアらしいお仕事スタイルの完成です。

【15】デニムパンツ×ミリタリーシャツ

【15】デニムパンツ×ミリタリーシャツ
ミリタリーシャツ(TOPSHOP)、デニムパンツ(AG JEANS)、シューズ(ALBERTA FERRETTI)、サングラス(DIOR)

カジュアルの王道、デニムパンツをミリタリーに着こなすなら、小物使いが非常に重要な鍵となります。まずは、女らしさが際立つALBERTA FERRETTI(アルベルタ フェレッティ)のスリッパをセットし、足元に今っぽさと女らしさを加えて。遊び心がありながら容量も入るかっちりしたカゴバッグで、ONスタイルにも対応できる大人の配慮を。カジュアルすぎない小物選びで、おしゃれに見せながら清潔感をキープするのがいいバランスです。

【16】デニムパンツ×ニット×コート

【16】デニムパンツ×ニット×コート
パンツ(ゲストリスト<アッパーハイツ>)、共布ベルト付きコート(ハウント代官山〈ゲストリスト〉)、ニット(マディソンブルー ヘッドストア<マディソンブルー>)、ベルト(yoshie inaba)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店)、時計(DKSHジャパン<ベダ&カンパニー>)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター<ヴァジック>)、靴(ドレステリア 京都店<ポルセリ>)

サックスブルーのノースリーブニットに、淡いブルーのハイライズデニムを合わせて。インナーの上下を漂うブルーでつなぐことで、清涼感のあるきれいめな印象を得られます。ノースリーブニットは、品のよさをキープできるハイゲージ。デニムは、ヒップ回りやモモが窮屈すぎないハイライズテーパード。配色のほかに素材やシルエットにも気を配って、カジュアルデーこそ、きれいめでおしゃれもわかっている女性を目指しましょう。