ノーカラーコートを取り入れたコーディネートをまとめました。まだ朝少し肌寒い時期の羽織りものとしてちょうどいいノーカラーの着こなしテクニックをご紹介します。

レディース春のノーカラーコート着こなしコーデ


【1】ノーカラーコート×ブラウンパンツ×スカーフ

【1】ノーカラーコート×ブラウンパンツ×スカーフ
コート・ブラウス・パンツ(ebure)、スカーフ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

風をはらんで軽やかになびく、やわらかな質感のノーカラーコート。エポーレットやガンパッチなど、トレンチのディテールを採用しながら、ボタンレスでフェミニンな仕上がりに。ビタミンカラーのシルクスカーフをふんわりと巻いて、春らしい爽快なイメージを満喫しましょう。

【2】ノーカラーコート×ブラウス×パンツ

【2】ノーカラーコート×ブラウス×パンツ
コート・ブラウス・パンツ・バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

高密度のナイロン生地で仕立てたノーカラーコート。カーキがかったグレージュの色味と、シルキーな質感が、とびきり洗練された印象に導きます。ウエストや裾にあしらわれたドローストリングで、シルエットを自在に調整できる、今どきのディテール使いも魅力。グレージュのシルクブラウスにアイスグレーのスエードパンツ…異なる質感のニュアンス色を重ね、奥行きのある着こなしを目指しましょう。

【3】ノーカラーコート×ブラウス×白パンツ

【3】ノーカラーコート×ブラウス×白パンツ
コート・ブラウス・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

淡いグレージュをベースに、縦横に走る濃淡のインディゴブルーの織り柄が表情豊か。ファブリックに強いという伝統をもつアニオナだからこその、薄くて軽いこだわりのコットンツイードです。裏地なしの軽やかさを生かし、カーディガンのようにさっとはおり、共布のベルトをきゅっと結ぶだけで、こなれたカジュアルが完成します。

【4】ノーカラーコート×白ブラウス×白パンツ×ストール

【4】ノーカラーコート×白ブラウス×白パンツ×ストール
マックスマーラのコート・ブラウス・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

やわらかい色味を緻密に重ねて女性らしさを表現したコーディネート。マニッシュなスエードやローファーも、ハイトーンでまとめることでぐっと女らしく。大人のシンプル・エレガンスを引き立ててくれます。

【5】ノーカラーコート×カットソー×白パンツ

【5】ノーカラーコート×カットソー×白パンツ
コート(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、プルオーバーニット(ブラミンク)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)、バッグ(フェンディ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

全身を白でまとめた着こなしも、キャメルのバッグやベージュの靴を合わせることで、着こなしにリッチな奥行きが生まれます。足どり軽く オフィスに向かえば、一枚仕立てのコートが春風にたわむれる感触も心地よく感じられます。

【6】ノーカラーコート×グリーンブラウス

【6】ノーカラーコート×グリーンブラウス
コート(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブラウス(ウィム ガゼット青山店〈ロバート フリードマン〉)、ブローチ(ボン マジック)、バッグ(スプレンダーズアンド カンパニー〈ジェロームドレフュス〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

洗練された大人のかっこよさを印象づけたいなら、ホワイト×グレージュのクリーミー配色がおすすめ。ブラウスの襟元に添えたカラフルビジューのブローチが、リッチな遊び心を表現してくれます。

 

【8】ノーカラーコート×カットソー×ストライプパンツ

【8】ノーカラーコート×カットソー×ストライプパンツ
コート(ヘルノ プレスルーム)、シャコットのカットソー・セブンティのパンツ(東レ・ディプロモード)、サングラス(シャネル アイウエア事業部)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

鮮やかなイエローが冴える春コートは、肩を覆うようなハーフスリーブが新鮮。ロングスリーブのインナーを合わせると、レイヤードによる色や素材のハーモニーを楽しめるので、おしゃれの幅もぐんと広がります。しっかりとした地厚の生地ながら、微撥水加工を施した軽量高密度コットン素材を用いているので、驚くほど軽い着心地。
甘さの香るミモザイエローのコートには、黒トップス×ストライプパンツを合わせ、スタイリッシュな品のよさを極めましょう。

【9】ノーカラーコート×ツイードプルオーバー×スカート

【9】ノーカラーコート×ツイードプルオーバー×スカート
コート・プルオーバー・スカート・ネックレス・ブレスレット・バッグ(シャネル) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

オートクチュールに使われる技を駆使した、端正なブルーグリーン系ツイードを、贅沢にレイヤード。ブレードのブルーがくっきり、まるでネオンカラーのようにモダンに映えて、多色使いのツイードに絶妙な統一感が生まれます。同色のバッグを添えれば、差し色効果でチャーミングな印象も加味しましょう。

【10】ノーカラーコート×カットソー×イエローパンツ

【10】ノーカラーコート×カットソー×イエローパンツ
エストネーションのコート・ペリーコ の靴(エストネーション)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、カットソー(VINCE 表参道店)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベルテッドのパンツとスエードパンプスをイエローでまとめて、ベージュのスエードコートに鮮度をプラス。ニットの襟元や裾から白カットソーをちらりとのぞかせて抜け感を演出するテクニックは、手軽ながら着こなしをこなれて見せる効果が絶大です。

【11】ノーカラーコート×水色ニット×スカート

【11】ノーカラーコート×水色ニット×スカート
コート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(エストネーション〈エストネーション〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ、アルマーニ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品なベージュのノーカラーコートに、ピュアなブルーのニットが映えて。ゴールドラメが光る白のツイードスカートで、快活な印象に仕上げましょう。