ミモレ丈のスカートを取り入れたコーディネートをまとめました。バランスを取るのが難しいと思われがちなミモレ丈のスカートをかっこよく着こなすためのテクニックをご紹介します。

【目次】

春のミモレ丈スカートコーデ


【1】白ミモレ丈スカート×白ブラウス

【1】白ミモレ丈スカート×白ブラウス
ブラウス・スカート・ピアス・バッグ※日本橋三越限定(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一見、ごくシンプルな着こなしにも見えますが、深めのネックラインやオーバーサイズなど計算し尽くされたシルクブラウスが逸品。歩くたびにひらりと揺れるミモレ丈のラップスカートも同色でそろえたら、仕上げにクロコダイルのバッグでキレ味を出しましょう。丁寧に染め上げたブルーグラデーションの色調がワントーンスタイルの精度をぐっと上げてくれます。

【2】オレンジミモレ丈スカート×グレーブラウス

【2】オレンジミモレ丈スカート×グレーブラウス
ブラウス(ウィム ガゼット青山店〈ロバート フリードマン〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

いつもならシックな黒やベージュに合わせていたグレージュのシルクブラウスも、ボトムをきれい色に変えるだけで、表情まで生き生きと新鮮になります。合わせたきれい色はしっとりとやわらかな質感を生かしたミモレ丈のフレアスカート。深みのあるオレンジだから華美になりすぎず上品です。トップスをインして、共布のベルトでウエストマークすれば、スタイルアップ効果も狙えます。

【3】赤ミモレ丈スカート×黒ニット

【3】赤ミモレ丈スカート×黒ニット
ニット(ルシェルブルーカスタマーサービス〈アイレネ〉)、スカート(wb)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈タタボレロ〉)、バッグ(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈ペラン〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

きゅっと絞ったウエストからランダムに入れたタックでボリュームを加えたスカートは、ふくらはぎにかかるくらいのミモレ丈。情熱的な朱赤を落ち着いて見せるメリハリある配色も、黒の分量を控えめに、また全身にちりばめることで、優しく親しみやすい雰囲気になります。

【4】赤ミモレ丈スカート×赤ニット

【4】赤ミモレ丈スカート×赤ニット
トップス・レザースカート・ピアス・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

顔の表情をぱっと明るく見せる鮮やか色のトップスは、素肌がほんのりのぞく、透け感のあるポロ襟ニット。カジュアルなアイテムながら、素材感や襟の開き具合でさりげなく女らしさを感じさせられるところが魅力です。ミモレ丈のスカートで、ボトムまでワントーンでまとめれば華やかな休日スタイルが完成します。

【5】ブラウンミモレ丈スカート×グリーンブラウス

【5】オレンジミモレ丈スカート×グリーン
マックスマーラのシルクブラウス・スポーツマックスのスカート(マックスマーラ ジャパン)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

この春夏は、ボタニカル柄に注目! 一見派手と思われがちだけれど、ナチュラルカラーなので、思いきり大胆にあしらうのが正解です。シックカラーのスカートでまとめれば、キリリとした表情が際立ちます。

【6】柄ミモレ丈スカート×黒ニット

【6】柄ミモレ丈スカート×黒ニット
スカート・バッグ・バングル・リング・靴・ニット(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

花や昆虫が色鮮やかに描かれたオリジナルの図柄に、ピンクのスネークを絡ませて神話性を表現した新解釈のフローラ スネークをプリントしたシルクのプリーツスカートは、シンプルな黒のニットに合わせて。コンテンポラリーなコンサバスタイルで着こなすのが大人流です。クリスタルストーンのハチ、タイガーヘッドのクロージャーをあしらったバッグ『ディオニュソス』とともに、グッチの最旬を堪能しましょう。

【7】グリーンミモレ丈スカート×グリーンニット

【7】グリーンミモレ丈スカート×グリーンニット
ヴァレンティノのニット・ニットスカート・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・バッグに付けたIDケース・靴(ヴァレンティノ、インフォメーションデスク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

グリーンベースに細いホワイトストライプが配されたプリーツスカートは、歩くたびに裾が戯れ、爽やかなオーラを振りまいてくれます。

春のミモレ丈スカートコーデ【黒】


【1】黒ミモレ丈スカート×白Tシャツ×白ジャケット

【1】黒ミモレ丈スカート×白Tシャツ×白ジャケット
ジャケット・Tシャツ・スカート・ネックレス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

Tシャツをインに合わせ、美しいシェイプのジャケットをオープンに。軽やかなミモレ丈のチュールスカートを合わせた着こなしは、「ニュー ルック」の新解釈。カジュアルな遊び心で表現したかしこまらないエレガンスは、まさに今の気分! これこそが、女性の精神性をリアルにとらえたマリア・グラツィア・キウリの視点です。

【2】黒ミモレ丈スカート×黒カットソー×グリーンコート

【3】黒ミモレ丈スカート×黒カットソー×グリーンコート
コート・トップス・スカート(アクネストゥディオズ アオヤマ)、サングラス(サラディストリビュージョン東京〈エナロイド〉)、バングル(ジョージ ジェンセン ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

生地の心地よい重みと、とろみのある素材感で、流れるようなドレープが堪能できるトレンチコート。カットソーにスカートを合わせたオールブラックの装いに、フォレストグリーンの発色のよさが際立ちます。

春のミモレ丈スカートコーデ【ベージュ】


【1】ベージュミモレ丈スカート×白Tシャツ×ピンクブルゾン

【1】ベージュミモレ丈スカート×白Tシャツ×ピンクブルゾン
ドゥロワーのブルゾン・ドラゴンのバッグ(ドゥロワー 丸の内店)、アバティのTシャツ・エリザベス アンド ジェームスのスカート(コロネット)、時計(ブライトリング・ジャパン)、靴(ebure〈アルムナエ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

今春、ぜひ取り入れたい大人のスポーツテイスト。ブルゾンはパワフルなピンクを選択。その迫力に負けないようにたっぷりしたフレアスカートで女力ある華やぎを加味しましょう。端正なアイボリーカラーとなら、軽快さも十分です。

【2】ベージュミモレ丈スカート×ベージュブラウス

【2】ベージュミモレ丈スカート×ベージュブラウス
共布ベルト付きブラウス・共布ベルト付きスカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモンアルカンタラ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

肌になじむベージュのワントーンは、深みのある赤のバッグをアクセントに。女性らしく上品に見えるミモレ丈のスカートなら、端正な靴&バッグがさらなる品格を強調してくれます。

【3】ベージュミモレ丈スカート×白シャツ

【3】ベージュミモレ丈スカート×白シャツ
スカート・シャツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、時計・バングル/・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ハリのあるシルクオーガンジー素材で軽やかさをまとった、コクのあるキャメルベージュのスカートが、着こなしを刷新してくれます。みずみずしく、かっこいい、今理想の女らしさを手に入れましょう。

春のミモレ丈スカートコーデ【タイト】


【1】タイトミモレ丈スカート×白ニット×ネイビーブルゾン

【1】タイトミモレ丈スカート×白ニット×ネイビーブルゾン
ブルゾン(ボウルズ〈ハイク〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈エンリスト〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、時計(IWC)、バッグ(CPR TOKYO〈フリン〉)、靴(ebure〈スペルガ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

主役のアウターは、'60年代に一世を風靡した「US ARMY M51フィールドジャケット」のディテールを踏襲したメンズライクな一着。地厚なコットンを裏地なしで仕立てることで、軽やかさを追求。深いネイビーのブルゾンに、春色のボーダースカートが小粋に映えます。

【2】タイトミモレ丈スカート×ベージュブラウス

【2】タイトミモレ丈スカート×ベージュブラウス
ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(ebure)、ベルト(yoshie、inaba)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

立体的なフラワー刺しゅうを施したコットンブラウスで、エレガントな雰囲気に。カーキにも似た、コクのあるオリーブグリーンのペンシルスカートを合わせて、凛と美しく仕上げましょう。細ベルトやバッグで、クリーンな白を投入して、地味な印象に終わらせないのが、リッチ配色の掟です。

【3】タイトミモレ丈スカート×白シャツ

【3】タイトミモレ丈スカート×白シャツ
靴(セルジオ ロッシ)、シャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(エストネーション)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

働く女性が信頼を寄せるセルジオ ロッシのスティレットヒールパンプス。人気の7.5㎝ヒールに昨年仲間入りしたポインテッドトウパンプスが、すでに新名品との呼び声高く、ファッションの目利きたちの熱い視線を集めています。しっとりとなめらかで、透きとおった肌のような、ラムナッパレザーのヌードベージュなら、同系色で女性らしいミモレ丈のスカートにも自然になじみ、全身の透明感がぐっと高まります。