プリーツスカートを取り入れたコーディネートをまとめました。歩くたびにふわりと揺れるシルエットが女性らしいプリーツスカートの着こなし術をご紹介します。

【目次】

ロングプリーツスカートコーデ


【1】ブルーロングプリーツスカート×ブループルオーバー

【1】ブルーロングプリーツスカート×ブループルオーバー
バッグ『トロッター コンパクト』・プルオーバートップス・スカート・ピアス・靴(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

旅人を意味する「トロッター」という名前にふさわしい軽快さを、モダンな解釈でデザインしたショルダーバッグ。クリアな白で際立たせた、迷いのない美しい曲線と、プリーツスカートのしなやかさのバランスが素敵です!

【2】花柄ロングプリーツスカート×黒ニット

【2】花柄ロングプリーツスカート×黒ニット
スカート・バッグ・バングル・リング・靴・ニット(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

グッチの名作プリント『フローラ』。花や昆虫が色鮮やかに描かれたオリジナルの図柄に、ピンクのスネークを絡ませて神話性を表現した新解釈のフローラ スネークをプリントしたシルクのプリーツスカートは、シンプルな黒のニットに合わせて。コンテンポラリーなコンサバスタイルで着こなすのが大人流です。クリスタルストーンのハチ、タイガーヘッドのクロージャーをあしらったバッグ『ディオニュソス』とともに、グッチの最旬を堪能しましょう。

【3】グリーンロングプリーツスカート×ノースリーブブラウス

【3】グリーンロングプリーツスカート×ノースリーブブラウス
靴(シジェーム ギンザ〈ニナ リッチ〉)、ノースリーブブラウス(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈トマジーニ〉)、リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

キュッとくびれたヒールと浅めのノーズなど、官能的に見えることに重きをおいてつくられた一足。黒のスエード靴はフォレストグリーンのプリーツスカートのような、きれい色を楽しむ日の締め色としても最適です。

【4】グリーンロングプリーツスカート×グリーンニット

【4】グリーンロングプリーツスカート×グリーンスカート
ヴァレンティノのニット・ニットスカート・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・バッグに付けたIDケース・靴(ヴァレンティノ、インフォメーションデスク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

グリーンベースに細いホワイトストライプが配されたプリーツスカートは、歩くたびにすそが戯れ、爽やかなオーラを振りまいてくれます。

【5】白ロングプリーツスカート×カットソー×ブルゾン

【5】白ロングプリーツスカート×カットソー×ブルゾン
ブルゾン(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、トップス(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ファビアナ フィリッピ)、ネックレス・ブレスレット(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

はおるだけで上級センスが宿るMA-1風ブルゾンを主役に。カジュアルなブルゾンを仕事シーンでさりげなく着こなすには、知的なライトグレーでなじませることが大切です。さらに、艶や透け感など、素材の違いを明確にすれば、全体がぼやけず奥行きのある着こなしが完成。コクのあるグレージュバッグが引き締め役になってくれます。

【6】ピンクロングプリーツスカート×白Tシャツ

【6】ピンクロングプリーツスカート×白Tシャツ

トレンディなTシャツ×ロングスカートの好バランスを独自のセンスで色付けた上級者コーデ。チャーミングなピュアピンクとヴィンテージの刺しゅうバッグの絶妙なコラボレーションが、大人の余裕を感じさせます。シンプル服が着映えるテクニックは今すぐ参考に!

【7】黒ロングプリーツスカート×タンクトップ

【7】黒ロングプリーツスカート×タンクトップ

ヌードカラーのトップスに合わせたブラックカラーの配色が、「フェミニンさ」と「キレ味」をもたらすモードな着こなし。意志の強さを感じさせるスタイリングが、無敵の洗練オーラを放ちます。シンプルトップスが着映える付け襟使いはさすがです!

春のプリーツスカートコーデ


【1】ベージュレザープリーツスカート×ベージュプルオーバー

【1】ベージュレザープリーツスカート×ベージュプルオーバー
プルオーバー・スカート(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

今どきのアスレジャーファッションを、極上素材の上品なベージュで楽しむのも大人の流儀。最高級のラムナッパレザーで仕立てたスポーティーなプルオーバーを、同レザーのプリーツスカートとセットアップで着こなしましょう。肌になめらかに沿う極薄のレザーは、一流のクラフツマンシップの賜物。レザーそのものの色、コクのあるタンベージュとレザーのやわらかな光沢感が、アクティブなおしゃれにラグジュアリーな奥行きを醸し出します。

【2】黒プリーツスカート×黒ブラウス

【2】黒プリーツスカート×黒ブラウス
モノトーン配色にプラスするだけで印象が和らぐ「赤」効果

できる女を演じたいデイリーのお仕事シーンでは、ついブラック1色でまとめて「強い女」の印象を与えていませんか? そんなときは意識して軽やかさのある「赤色」バッグを取り入れて、女性らしいやわらかさをまとってみてください。気取らないコーディネートを意識することで、仕事仲間からも親しみやすくなったと評価が上がるはずです!

【3】白プリーツスカート×白ノースリーブ

【3】白プリーツスカート×白ノースリーブ

女性らしい立ち姿に好感度が上がるエレガントなスカートスタイルは、透け感のある軽やかな素材選びで夏風を感じて。スカートはジャスト膝丈を選べばディ&ナイトに対応。T.P.O.に合わせて選びたいジュエリー&ウォッチは小ぶりを選んで控えめに、靴&バッグで遊ぶと、いいバランスに仕上げることができます。

【4】イエロープリーツスカート×ネイビーニット

【4】イエロープリーツスカート×ネイビーニット
カーレンのスカート・アンドラ ニーンのイヤリング(エストネーション)、ニット(エイチ ビューティ&ユース<ジョンスメドレー>)、ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店<リンクス オブ ロンドン>)、バッグ(ピエール アルディ 東京<ピエール アルディ>)、靴(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店<アレクサンドル バーマン>)

マスタードイエローのプリーツスカートにネイビーのニット、というコントラストをつけた色合わせがポイント。カラースカートには白トップス、という王道配色も素敵ですが、ネイビーのような引き締め色を合わせることで、グッと洗練された雰囲気に。快適性とおしゃれを両立させたい休日スタイルに、ぜひカラースカートを投入してみてください!

【5】ベージュプリーツスカート×シルキートップス

【5】ベージュプリーツスカート×シルキートップス

シルキー素材のトップスにフェミニンなプリーツスカートを合わせた、品格あるご令嬢スタイル。非の打ち所のない清楚な大人コーデのお手本ですが、実は主張し過ぎないよう馴染ませた「茶色」の配色がスタイルアップの鍵に。アーバンさも感じさせる生真面目過ぎないオフィススタイルは、好感度アップ間違いなしです!

プリーツスカートに合わせたい春のアウター


【1】ベージュプリーツスカート×ネイビートレンチコート×カットソー

【1】ベージュプリーツスカート×ネイビートレンチコート×カットソー
コート(ナイツブリッジ・インターナショナル〈オールド イングランド〉)、トップス(レナウン プレスポート〈レステラ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ウノアエレのネックレス・ワンエーアールバイウノアエレのバングル(ウノアエレ ジャパン)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ハリのあるネイビーのコートは、だれからも愛される上品さが魅力。学生風にならないように、艶や動きのある華アイテムを合わせるのが正解です。裾フリンジのトップスと艶めくプリーツスカートで知的なネイビー×ベージュを優美に演出しましょう。

【2】赤プリーツスカート×黒コート

【2】赤プリーツスカート×黒コート
コート・スカート・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

コートはディオールの名品「バー ジャケット」からインスパイアされたもの。そしてプリーツスカートは、メゾン創設時からコレクションに登場するアイコンです。コートの端正なシルエット、プリーツの流れるような動き…。最旬モードに息づくのは、メゾンで受け継がれる職人技術。エレガンスを紡ぐブランドゆえの物語を感じる着こなしです。