青色(ブルーカラー)のアイテムを取り入れたコーディネートをまとめました。鮮やかなブルーの洋服をまとった大人の女性を演出するためのテクニックをご紹介します。

【目次】

レディース春のブルーコーデ


【1】ブルーニット×タイトスカート×ベージュコート

【1】ブルーニット×タイトスカート×ベージュコート
コート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(エストネーション〈エストネーション〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ、アルマーニ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品なベージュのノーカラーコートには、ピュアなブルーのニットが映えます。ゴールドラメが光る白のツイードスカートで、快活な印象に仕上げましょう。

【2】ブルーコート×バッグ

【2】ブルーコート×バッグ
コート・バッグ・ピアス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ソフトな感触のハリのあるコットンツイード素材が、優美なドレープとコクーンシルエットを生み出す変形トレンチ。ウエストの華奢さを際立たせるシャーリングや、コントラストを効かせたパイピング、ガンフラップにあしらわれたメタルリングなど、手の込んだディテールが盛り込まれたクチュールライクなつくりが魅力です。

【3】ブルーコート×ハット

【3】ブルーコート×ハット
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

エポーレットやガンフラップなどをなくした、ミニマルなデザインながらもオーセンティックな雰囲気を宿したトレンチコート。ギリシャのサントリーニ島の街並みを思わせるような、澄んだ青と白のみのコントラスト配色で清々しく着こなしましょう。

【4】ブルーブラウス×グレーパンツ

【4】ブルーブラウス×グレーパンツ
ピアス・ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

仕事関係者との会食では、着席しても華やかに着映えるブルーのブラウスを。シンプルなライトグレーのパンツに合わせると、主役のきれい色ブラウスの魅力がさらに引き立ちます。合わせたきれい色は鮮やかなブルーでありながら、しなやかなシルク素材を使用しているので、色の強さを緩和し顔色をいつもより明るく見せてくれます。前身ごろの美しいドレープとパフスリーブで、ほのかな甘さも演出しましょう。

【5】ブループルオーバー×ブルーロングスカート

【5】ブループルオーバー×ブルーロングスカート
バッグ・プルオーバートップス・スカート・ピアス・靴(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

クリアな白で際立たせた、迷いのない美しい曲線と、プリーツスカートのしなやかさのバランスが素敵です!

【6】ブルーブルゾン×白ニット×グレーパンツ

【6】ブルーブルゾン×白ニット×グレーパンツ
ブルゾン(三喜商事〈マレーラ〉)、ノースリーブニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計(パテック フィリップジャパン)、リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)靴(ピエール アルディ 東京)、ノートカバー・ノート(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベージュを着る日はワントーンでまとめて優しく、あるいは×ブラックできりっと…というのが王道。さらに今季は、ベージュにきれいな春色を合わせる配色コーディネートがおすすめです。ブルーを合わせてみずみずしく演出すると、ベージュの装いに奥行きが出ます。

【7】ブルーブルゾン×白ニット×グレーパンツ
ブルゾン(三喜商事〈マレーラ〉)、ノースリーブニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計(パテック フィリップジャパン)、リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)靴(ピエール アルディ 東京)、ノートカバー・ノート(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

春先に欠かせない、レザーブルゾン。定番アイテムこそ、淡いブルーを選べば、カジュアルスタイルがぐっとこなれて見えます。インに合わせた白のニットはレフ板効果をもたらし、笑顔が溌剌と輝きます。

ブルーシャツコーデ


【1】ブルーシャツ×白ワイドパンツ×黒ジャケット

【1】ブルーシャツ×白ワイドパンツ×黒ジャケット
ジャケット・シャツ・パンツ・リング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

落ち感があり、ブルゾン感覚ではおれるジャケットに心がときめきました。深い黒、そしてゴールドボタンのダブルブレストでアメリカン・トラッドとは一線を画す、洗練された雰囲気はランバンならでは。白のワイドパンツを合わせて、しなやかさを取り入れるのも、ジャケットスタイルをアップデートさせる極意です。

【2】ブルーシャツ×キャメルスカート×ネイビージャケット

【2】ブルーシャツ×キャメルスカート×ネイビージャケット
ラルフ ローレン コレクションのジャケット・シャツ・スカート・ラルフローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

トラディショナルな紺ブレ風のテーラードジャケット。すっきりした細身ながら、ストレッチが程よくきいたウール素材で着心地がよく、フィット感も抜群。袖まくりをして、軽やかに着こなしましょう。キャメルのスエードスカートで、王道配色の上品なインパクトを。

【3】ブルーシャツ×ベージュパンツ

【3】ブルーシャツ×ベージュパンツ
シャツ・スカート・ベルト(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バングル・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン)、バッグ(ブランドニュース〈メアリ オルターナ〉)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

白のピンストライプが施されたタイトスカートには、サイダーのように爽快なブルーシャツを取り入れて、おしゃれを更新。比翼シャツはゆったりとしたドルマンスリーブ、スカートにはフロントにラッフルが施され、きちんと感をキープしながらも、ほんのり旬が楽しめるデザインが魅力です。

ブルーパンツコーデ


【1】ブルーパンツ×Tシャツ×ピンクロングカーディガン

【1】ブルーパンツ×Tシャツ×ピンクロングカーディガン
カーディガン・Tシャツ・ストール(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

上質なカシミヤウールのやわらかさを表現するのに最適なペールピンク。麻と綿のシャリ感のあるパンツを合わせ、今春のリラックスした雰囲気に。甘いピンク×涼しげなブルーで色味とテイストをミックスさせて、こなれた余裕を感じさせましょう。

【2】ブルーパンツ×白シャツ

【2】ブルーパンツ×白シャツ
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ドゥロワー青山店〈ドゥロワー〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(ブリンク ベース〈ティエリー ラスリー〉)、腕時計・ブレスレット・リング(カルティエ) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

きちんと感とアクティブさを兼備するシガレットパンツ。きれい色なら、ハッとするほどインパクトのあるブルーを選んで。シンプルな着こなしに、色と小物で深みを与えましょう。

【3】ブルーパンツ×白ニット

【3】ブルーパンツ×白ニット
ニット(ブラミンク)、パンツ(サン・フレール〈エドワード アシュール〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

フロントの両サイドに小さなゴールドボタンがあしらわれたマリンパンツは、ゆったりとしたワイドシルエット。春色を楽しむように、サックスブルーのパンツをオンタイムに取り入れるなら、ピュアホワイトのニットと合わせて、色を濁らせないことが肝心です。ホワイト×ブルーの春らしく爽やかな、好感度の高い装いが完成します。

【4】ブルーパンツ×白ニット×ベージュコート

【4】ブルーパンツ×白ニット×ベージュコート
コート(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ニット(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、パンツ(YOKO CHAN)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、ペンダントチェーン・チャーム(シャンテクレール 東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ブルーやパープルの寒色をペール系の色調でそろえて、辛口フェミニンななじませ配色に。

【5】ブルーパンツ×白シャツ

【5】ブルーパンツ×白シャツ
シャツ(ebure)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フロントヨークを切り替えたノーカラーのドレスシャツは、スイスにある最高級のシャツ生地メーカーのコットンを使用。上質素材ならではのしなやかさとボトムインした端正な佇いに、透明感のある水色のパンツがひときわクリアに映えます。フリンジが楽しい巾着型バッグで軽やかに仕上げましょう。

ブルージャケットコーデ


【1】ブルージャケット×白シャツ×グレーパンツ

【1】ブルージャケット×白シャツ×グレーパンツ
ジャケット・パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、シャツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ポケットチーフ・バッグ(和光)、メガネ(ファブ〈セリマ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

カジュアルなコットンのニットジャケットでも、高密度で編まれているため形くずれもせず、きちんと感も◎。インナーの滑りを助けるため、袖のみ裏地を採用するうれしい配慮もこなれています。

【2】ブルージャケット×黒ニット×白パンツ

【2】ブルージャケット×黒ニット×白パンツ
ジャケット(ルック〈フィラージュ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(ファビオ、ルスコーニ 六本木店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはしなやかなウールベース素材。センターベント仕様で、歩くたびにいきいきと表情が変化します。上半身を小さく見せるインナーとヒールパンプスで、脚長効果を意識しましょう。

ブルーカーディガンコーデ


【1】ブルーカーディガン×ブルーニット×黒パンツ

【1】ブルーカーディガン×ブルーニット×黒パンツ
パンツ(REYC)、カーディガン・ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(SUPER A MARKET〈CULT GAIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

センタープレス入りのパンツは、シルクシャンタンを思わせる光沢が美しい、ベーシックでもニュアンスのある一着。万能の黒パンツは、きれい色と相思相愛。鮮やか色もシックに楽しめます。

ロイヤルブルーコーデ


【1】ロイヤルブルーニット×ブラウス×白パンツ

【1】ロイヤルブルーニット×ブラウス×白パンツ
ニット・ブラウス・パンツ・手に持ったストール(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

遠目からでも印象的に輝く、鮮やかなブルーのプルオーバーは、うっとりするほど贅沢な太ゲージのカシミヤ素材です。ネット状の編み目から、インに着た白のブラウスが透けて見えるのも計算のうち。クリーンな白との相乗効果で、好感度の高い爽やかな着こなしが完成します。

【2】ロイヤルブルーパンツ×白ブラウス

【2】ロイヤルブルーパンツ×白ブラウス
パンツ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、手に持ったカーディガン(スローン)、ネックレス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

目が覚めるようなロイヤルブルーの8分丈パンツ。レーヨン×麻混のさらっとした素材感と、ストレート気味の細身ラインが絶妙です。ゆったりとしたプルオーバータイプのブラウスは、サッシュベルトがキュートなアクセントに。フロントで結べば、ウエストがきゅっと絞られスタイルアップ効果も狙えます。