旅に出る。それもひとりで。若き日のバックパッキングの旅とは違い、計画的で懐にも余裕がある。だからこそ、持ち物はきちんとしておきたい。それは大人の男として当然の振る舞いであり、忘れ得ぬ記憶としてとどめておくために、必要な準備なのだ。

あると便利な、男ひとり旅の持ち物リスト

大切な手荷物は信頼の置けるトロリーで守る

スーツケース¥290,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈テクノモンスター〉)

 お気に入りの洋服や旅道具を運ぶトロリーは、頑丈かつカッコイイデザインであれば言うことなし。テクノモンスターのトロリーケースは、ケースの素材にF1や飛行機などに使われるカーボンファイバーを使用。表情のあるレザーグリップもいい。握った時の手に馴染む手応え、そして高機能素材ならではの軽さは、旅立つ男の心を弾ませる。

手荷物は最小限に!トラベルウォレットでスマートな男を演じる

写真左からワイヤレスイヤホン Beoplay E8¥30,463(バング&オルフセン ジャパン〈バング&オルフセン〉)リーディンググラス¥35,000(サンライズ〈ペルソール〉)トラベルウォレット¥65,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)財布の上に乗っているノートと万年筆、ウェイファーノート¥8,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)マイスターシュテュック モーツァルト¥54,000(モンブラン コンタクトセンター〈モンブラン〉)

 旅券や地図、お金をスマートに取り出せることは、旅慣れた男になるための必須条件。そのためにはまず、機内への持ち込みやちょっとした移動での荷物を最小限に留めておきたい。そんな時に活躍するのがスマイソンのトラベルウォレット。機能的な収納と品格溢れるレザーは、旅を重ねるごとに手放せぬ魅力となるだろう。

現地で旅の思い出を記録する

写真左から/ラゲッジタグ各¥17,000(ダンヒル〈ダンヒル〉)オーデコロン カーラ・ロッサ¥20,000(サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉)ライカ ゾフォート ミント¥33,500・ミントストラップ¥2,000(ライカサポートセンター〈ライカ〉)

 眺めているだけで、旅への欲求がふつふつと湧いてくる。そんな不思議な魔法にかけてくれるのが、ダンヒルのラゲッジタグだ。カラーバリエーションも豊富で、ラゲッジの数だけ揃えたくなる。

 旅では香りも重要なファクターのひとつ。慣れない土地の空気を楽しむのも旅の楽しみだが、やはり慣れ親しんだ香りは、そばに置いておきたい。そんな時に活用したいのが、サンタ・マリア・ノヴェッラのオーデコロンだ。飽きの来ない香りは、旅の記憶を嗅覚と共に永遠に留めてくれる。

 旅先の記録は、ほぼデジタル。そんな時代に、あえてフィルムのインスタントカメラをおすすめしたい。ライカの「ゾフォート」なら、撮る行為そのものがイベントに変わる。出会った仲間やカフェのスタッフにその場で写真を配れば、あなたの株も上がるはず。

以上、旅をスマートに演出してくれるアイテムを紹介した。夏の休暇に備えて今から準備しておけば、行動計画も立てやすいだろう。

問い合わせ先 掲載順

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
星 武志
STYLIST :
石川英治(tablerockstudio)
TAGS: