セリーヌ(CÉLINE)の人気バッグをピックアップ! トートバッグ、ショルダーバッグ、ハンドバッグ、さらにはセリーヌのバッグを使ったファッションコーデもご紹介します。

【目次】

セリーヌの人気トートバッグ


ビッグサイズトートバッグ「ビッグバッグ」

ビッグサイズトートバッグ「ビッグバッグ」
バッグ「ビッグバッグ」(セリーヌ ジャパン) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

2017年の秋冬コレクションで誕生して以来、不動の人気を誇る名品バッグ。控えめな艷感が上品なスムースカーフスキン素材に、新色のオリーブグリーンがひときわ美しい逸品です。

セリーヌの人気ショルダーバッグ


新型のショルダーバッグ「バケツ型ショルダーバッグ」

新型のショルダーバッグ「バケツ型ショルダーバッグ」
ショルダーバッグ「ビッグバッグ スムースカーフスキン バケツロングストラップ」(左/ミモザ・右/スレート)

春ファッションにさりげなく合わせるなら、肩掛けやクロスボディーなど、スタイリングに合わせて使い分けることのできる、ロングショルダータイプのバケツ型バッグがオススメです。荷物が多い日には、財布や携帯など貴重品を入れる小ぶりのバッグと、そのほかの荷物を入れる大振りのトートバッグを分けて、2個持ち使いに挑戦するのも良さそうです。

ワンハンドルバッグ「ビッグバッグ サプルグレインカーフスキン バケツ」(コバルト)

シンプルなリトルブラックドレスやジャケットスタイルなど、きちんとした仕事スタイルにも合わせやすいのが、ワンハンドルタイプ最大の魅力。ワードローブにひとつあると幅広いシーンで使えて便利そうです。

セリーヌの「バケツ型ショルダーバッグ」は、見た目以上の優等生!

スタイリッシュな万能ショルダーバッグ「クラシック」

スタイリッシュな万能ショルダーバッグ「クラシック」
バッグ「クラシック」(セリーヌ ジャパン)

仕事シーンではアクティブに、オフシーンではぐっとエレガントに。ショルダーにもクラッチにもなる、セリーヌの「クラシック」は、多忙な毎日を楽しみ、いきいきと輝く現代女性の本命バッグです。「クオーツ」と名づけられた澄んだグレージュと、ヴィンテージ風の仕上げ加工を施した金具が、気品と繊細な華やぎを演出。透明感のあるスモーキーカラーをまとったクロコダイルで、ワードローブの色を選ばずに、「洗練」という個性を手に入れることができます。さらに、フラップと本体の斑がそろった、「柄合わせ」のつくりも秀逸のひと言! 本物を知り尽くした大人の女性の美意識を満たしてくれる「クロコ・バッグ」は、やはりセリーヌにありました。

セリーヌのショルダーバッグ「クラシック」は、初めてのクロコバッグにおすすめ!

セリーヌの人気バッグ


カットアウトレザーバッグ「ラゲージ ファントム」

カットアウトレザーバッグ
バッグ「ラゲージ ファントム」(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

人気シリーズ「ラゲージ ファントム」から、コットンキャンバスがのぞく、カットアウトバッグが登場。かごバッグのような軽快さで、春の着こなしを盛り上げたい。

ハンドバッグ「クラスプ」

クラスプバッグ
バッグ「クラスプ」(セリーヌ ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年

まるでヴィンテージバッグのようなレトロな雰囲気をもつ「クラスプ」は、今年の春に登場したセリーヌの新星。クラシカルなワンハンドルのデザインでありながら、光沢のあるカーフレザー素材や小さな真鍮の留め具が、フォルムの美しさを際立たせ、モード感のあるおしゃれを演出。同時に、潔いほどに研ぎ澄まされたシンプルさが、トレンドに左右されない美意識を教えてくれます。

外側にはダークネイビーのカーフスキンを、内側のライニングには朱赤のラムスキンを。一見シンプルなバッグなのに、贅沢な素材の使い分けが印象的です。ハンドルの美しい曲線が、女性の手に心地よくフィットします。

「ビッグバッグ ソフトベアカーフスキン ラージ」

ビッグバッグ ソフトベアカーフスキン ラージ
バッグ「ビッグバッグ ソフトベアカーフスキン ラージ」

入手困難と言われているしなやかな1枚革を贅沢に使用したバッグは、レザーが醸し出す風合いも美しく優雅そのもの。デイリーから小旅行まで使えるたっぷりとしたサイズ感は早くも人気が集中しているバッグのひとつです。大人のラグジュアリーを体現したバッグは今から狙いを定めて。

秋トレンドを先取り!銀座シックスで狙うべき新作バッグ5選

ハンドバッグ「トリフォルド」

トリフォルド
左/「トリフォルド バイカラーサプルナチュラルカーフスキン ミディアム」(トープ)・右/「トリフォルド ベイビーグレインドカーフスキン ミディアム」(チョーク)

「トリフォルド」という名の通り、3つのコンパートメントで構成されているこのバッグ。厳選されたやわらかなカーフレザーは、グラフィカルに組み合わされることでクリーンかつ構築的なフォルムを生み出しています。

また、A4サイズの書類も入れることができる大容量の収納力に加え、中央部分にはジップもついており、貴重品なども安全に持ち運ぶことが可能。

セリーヌ「トリフォルド」は名品と呼ぶにふさわしいハンドバッグ

セリーヌのバッグを使ったコーデ


セリーヌのショルダーバッグ×プルオーバー×スカート

セリーヌのショルダーバッグ×プルオーバー×スカート
バッグ「トロッター コンパクト」・プルオーバートップス・スカート・ピアス・靴(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

旅人を意味する「トロッター」という名前にふさわしい軽快さを、モダンな解釈でデザインしたショルダーバッグ。クリアな白で際立たせた、迷いのない美しい曲線と、プリーツスカートのしなやかさのバランスが絶妙です!