東京の空の玄関口・羽田空港。ビジネスマンや旅行者が行き交うこのエリアには、飲食店も多数存在します。その中でも、搭乗前後にくつろいで美食に舌鼓を打てるレストラン・ラウンジを、厳選してご紹介します。

羽田空港グルメのなかから、プレステージなレストランの予約を得意とする『一休.comレストラン』で口コミでの評判が高いレストランと、ラグジュアリー体験の入り口メディア『Precious.jp』に掲載されたラウンジ、合わせて9軒です。

【目次】

人気のランチ×羽田空港国内線ターミナル


【1】フライヤーズテーブル/羽田エクセルホテル東急

京浜急行線「羽田空港国内線ターミナル」駅、東京モノレール線「羽田空港第2ビル」駅の両駅より徒歩5分。開放感あふれる明るい雰囲気のラウンジレストランが、ここ「フライヤーズテーブル」です。第2ターミナル出発ロビーに直結した「羽田エクセルホテル東急」の2Fにあるので、ゆったりリラックスしたいときはもちろん、搭乗前の利用にも最適です。朝5時から営業しており、余裕をもって朝食を摂ることもできます。大きな窓の外には、駐機する飛行機の姿を眺めることができます。これも空港内レストランの楽しみのひとつです。

店内は、しっかりと食事を楽しめるレストランゾーン、カクテル一杯から気軽に利用できるバーラウンジゾーン、そして個室形式のプライベートゾーンの3つのゾーンで構成されているため、一緒にいる方の好みや気分、朝昼晩などのシーンに合わせた利用が可能です。大人のニーズに応えてくれる、是非とも押さえておきたいラウンジです。

機能的でありながら、提供される料理も充実の内容。フレンチ出身のシェフが腕を奮う創作料理を堪能することができます。朝食には、和洋がMIXしたバイキングを。ランチには多彩なアラカルトメニューのほか、ランチコースも用意。夜はディナーコースを中心に、和洋アラカルトメニューをオーダーすることができます。

人気のランチプランは「【土日祝日限定】ローストビーフ・お寿司等が愉しめる人気ブッフェ3,500円」。

問い合わせ先

  • フライヤーズテーブル/羽田エクセルホテル東急
  • 営業時間/05:00~10:00、10:00~17:00、17:00~24:00
    定休日/ なし
    予算/ ランチ 3,000円~3,999円、ディナー 5,000円~5,999円
    席数/194席(個室5室)
    TEL/050-3754-3674
    住所/ 東京都大田区羽田空港3-4-2 羽田エクセルホテル東急2F

フライヤーズテーブル/羽田エクセルホテル東急 の詳細・Web予約はこちら >>

人気のランチ×羽田空港国際線ターミナル


【1】レストラン&バー テイルウィンド/ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田

羽田空港国際線出発ロビーに隣接した「ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田」内にある唯一のレストラン「レストラン&バー テイルウィンド/ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田」。朝食ブッフェからはじまり、ランチ、ディナーはもちろん、ティータイムに、あるいはバーとして、一日中幅広いシーンで利用できるオールデイダイニングです。

晴れた空気の澄んだ日であれば、多摩川ビュー側に面した窓から富士山を眺望することも可能。旅立ちの前、または帰りに、気軽に立ち寄って時間を過ごせる、開放的な空間が心地よいです。

ワンランク上のサービスと、厳選された食材を用いシェフが腕を奮う本格料理の数々は、ホテルレストランならでは。朝6時から営業しているため、色鮮やかな野菜を中心にした朝食やランチで、出発前の栄養チャージを叶えてくれるのもうれしいポイント。バーカウンターも設置されており、忙しい一日に、ほっと一息つくひとときを提供してくれます。

おすすめのランチプランは「【Web限定×1ドリンク付】羽田空港直結!人気のステーキランチを楽しむ! 2,700円」など。

問い合わせ先

  • レストラン&バー テイルウィンド/ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田
  • 営業時間/:6:00~10:00、11:00~15:00、17:00~23:00
    定休日/ なし
    予算/ ランチ 2,000円~2,999円、ディナー 4,000円~4,999円
    席数/116席(個室1室)
    TEL/050-3542-1627
    住所/ 東京都大田区羽田空港2-6-5 羽田空港国際線旅客ターミナルビル ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田内

レストラン&バー テイルウィンド/ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田 の詳細・Web予約はこちら >>

羽田空港のおすすめレストラン


【1】カステルモーラ

カステルモーラ
カステルモーラ 情報提供:一休.com

羽田空港国内線5階の展望デッキ横に位置するイタリアンレストランが、ここ「カステルモーラ」。空港ターミナル最上階、ガラス張りの店内からは、海と空が織り成す絶好のロケーションを見渡せます。滑走路を行き交う飛行機を眺めることができるのも、空港のレストランだけで味わえる醍醐味。夜はライトアップされ、あたかも「星屑のステージ」のような幻想的なムードに一変します。

店名の“カステルモーラ”は、シチリア島の地中海を臨む小高い山の上にある、小さな町の名前。それと同じように絶景が広がるこの場所で、「レストランは楽しい場所」というイタリア食文化の原点を伝えています。

カステルモーラ
カステルモーラ 情報提供:一休.com

提供されるイタリア料理は、レーガン、ブッシュ、クリントン米国大統領就任晩餐会でシェフを務めた山本秀正シェフが手掛けるメニューたち。遠赤炭火で仕上げるグリル料理は、素材の味が存分に引き出された一皿。国内外問わず、常に炭火料理と関わってきた、山本シェフの経験が息づきます。中でも見逃せないのは、オリジナルピッツァ。パンの酵母菌を配合したモチモチ食感の生地を、専用の石窯でパリッと焼き上げた、こだわりの一品です。

おすすめのディナープランは「【2時間飲み放題】展望デッキから見渡す開放的なレストランでピッツァ・パスタ・メインを心ゆくまで愉しむ 4,860円」など。シェフ自慢のピッツァを是非味わってみてください。

問い合わせ先

  • カステルモーラ
  • 営業時間/11:00~17:00、17:00~22:00
    定休日/ なし
    予算/ ランチ ~1,999円、ディナー 6,000円~7,999円
    席数/60席
    TEL/050-3381-2517
    住所/ 東京都大田区羽田空港3-4-2第2旅客ターミナルビル5F

カステルモーラ の詳細・Web予約はこちら >>

『Precious.jp』掲載の羽田空港ラウンジ


【1】JAL「サクララウンジ(国内線)」

南・北ウイングにあるJAL「サクララウンジ(国内線)」。壁で仕切られた女性専用の「レディースラウンジ」、長時間滞在の際にゆったりと過ごせる「プライベートラウンジ」など、利便性の高いさまざまなスペースが備えられています。

また、「ライブラリーエリア」があるのもビジネスウーマン、ビジネスマンにはうれしいポイント。フリードリンクになっているため、好きなドリンクを飲みながら、出発までの時間を有意義に過ごせそうです。

JAL「サクララウンジ(国内線)」 に関するPrecious.jpの記事を読む >>

【2】JAL「サクララウンジ(国際線)」

2014年にリニューアルオープンしたJAL「サクララウンジ(国際線)」。随所に“和”の意匠をちりばめた「モダンジャパニーズ」な空間デザインと、それぞれの空間が異なる役割を持つ「room to room」という、ふたつのコンセプトに基づき設計されています。

本館は利便性の高いターミナルビル中央に設置。エントランスのある4階にはお食事を楽しめるダイニングが。食事は出発の時間帯に合わせたものが提供されます。朝は「秋さけ塩焼き」など和洋食、深夜出発のある夜の時間帯は、ビュッフェスタイルのダイニングで「5種のきのこのスパゲッティ」などをいただくことが可能。

JAL「サクララウンジ(国際線)」 に関するPrecious.jpの記事を読む >>

【3】ANA「ANA & LOUNGE(国際線)」

控えめな照明が落ち着いた空間を演出する、「ANA & LOUNGE(国際線)」。開放的なメインフロアでは、大きな窓越しに滑走路を一望しながら、出発までのひとときを快適に過ごすことができます。

9:00~10:30頃の時間帯限定で、機内食の調理などを担当しているANAのシェフが、利用客に直接サービスをする「シェフサービス」を実施。シェフが目の前でつくる「だし茶漬け」をいただけます。その他の時間でも、トマトベースに鶏肉が入った「ANAオリジナルカレー」といった人気メニューをはじめ、各種軽食などが用意されています。

ANA「ANA & LOUNGE(国際線)」 に関するPrecious.jpの記事を読む >>

【4】キャセイパシフィック・ラウンジ

天井から床まである大窓から自然光が注ぎ込む優しい空間、「キャセイパシフィック・ラウンジ」。ラウンジの随所に配されたデザイナー家具は、快適性を重視した、選りすぐりのもの。サウンドと照明効果にもこだわり、居心地の良さを追求したラウンジです。

担担麺やワンタン麺など、キャセイパシフィック特製の麺料理を提供する「ザ・ヌードル・バー」では、シェフによる本格派料理をできたて熱々の状態でいただけます。午前11時までなら、香港の朝食メニューである中華粥を味わうことも。

また、「フード・バー」ではホテルオークラのグループ会社による、ラウンジ特製の軽食やデザートメニューを楽しむことができます。

キャセイパシフィック・ラウンジ に関するPrecious.jpの記事を読む >>

【5】JAL「ファーストクラスラウンジ(国際線)」

サクララウンジ同様、「モダンジャパニーズ」と「room to room」をコンセプトにしたJAL「ファーストクラスラウンジ(国際線)」。屏風をイメージさせる優雅なエントランスを抜けると、そこには、非日常を感じさせるプレミアムな空間が広がります。

ラウンジ中央の「ダイニングルーム」では、シェフのパフォーマンスとともに、できたての温かい鉄板料理を楽しむことができます。朝は香ばしい「JALオリジナル ライ麦ガレット」、夜は肉厚ジューシーな「上ミスジ カットステーキ」など、シェフが目の前で腕を奮います。

JAL「ファーストクラスラウンジ(国際線)」 に関するPrecious.jpの記事を読む >>

【6】ANA「ANA SUITE LOUNGE」(国際線)

羽田空港国際線の110番ゲートと114番ゲート付近にそれぞれ位置する「ANA SUITE LOUNGE」。2つのうち、110番ゲートは5:00~25:00と、より営業時間が長いのが特徴。その内部には黒い革張りのソファーが至る所に配置されており、着席するとシャンパンが運ばれてきます。窓際のソファーからは、飛び立つ飛行機を間近に見ることも。ひとつひとつの席が仕切られている、個室タイプの座席も用意されています。

食事はビュッフェスタイルで。1日中利用できるので、搭乗の時間帯に関わらず安心して利用することができます。深夜便利用者対象のレストラン「DINING h」も設置。約7種類のメニューの中からメインディッシュをチョイスするスタイル。オーダーを受けてから1皿ずつ調理されます。

ANA「ANA SUITE LOUNGE」 に関するPrecious.jpの記事を読む >>

※本記事で紹介したプランの価格はすべて税込です。
※本記事は2018年5月11日(金)時点での情報をもとに作成しています。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。