ただのワイドパンツは、大人の女性にふさわしくありません。今、モード感もあってウエストを細く見せてくれるのは「とろみワイドパンツ」です。とろみ素材と、ゆったり優雅に揺れる台形シルエットがリッチ感を出し、スカート派をも魅了しています。

ただ、この憧れのアイテムを取り入れるとき、ひとつ悩みが発生しがち。魅力的ではあるものの、コーディネートを間違えると、野暮ったい印象になってしまう危険もはらんでいるのです! ルーズなシルエットはきちんとバランスを考えないと、あなた自身もルーズに見せているかも……。

しかし、そこに旬アイテムを1点加えると、グッとスマート&エレガンスな雰囲気に! そこでパンツのテイストに合った旬アイテムの投入例をポイントとともにご紹介。これからの季節に向けて、涼やかなモード感を加速させるコーディネートをマスターしましょう。

■1:「とろみワイドパンツ」と「辛口ウォッチ&ピアス」で、知的なラグジュアリー感を出す

パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、シャツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(IWC)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO)

まずは白&シルバーの差し色で、スカート風のエレガントなワイドパンツに、クールな味をプラス。遠目にはスカートのようなネイビーパンツには、ブルーのシルクトップスと白ニットを合わせて、好感度の高い清涼配色をエレガントに仕上げます。

そこに、ひんやり輝くジュエリーや辛口ウォッチを効かせてみて。クール&ラグジュアリーが、初夏の大人の流儀です。

ちなみに、パンツは薄くしなやかなレーヨン素材。右から左に向かって布を重ね、サイドでリボン結びするラップ仕立てがスカートライクな表情の秘密です。薄くシアーな素材だから、スカートに見えるほどワイドなシルエットでも軽やかな印象。ひざ上までは裏地を付け、下は透け感を生かして涼しげなボリュームを表現するひと工夫が、風をまとう軽やかさを生みます。

■2:「とろみワイドパンツ」と「透け感と艶のある小物」を組み合わせて、澄んだ華やかさをトッピング

パンツ(Theory luxe)、ブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、ストール(三喜商事〈アリュード〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

落ち着いたグレーのパンツを、フェミニンに着こなすのが大人のセンスの見せどころ! スモーキーな艶と透け感を重ねて、グレーパンツに優しいニュアンスをプラス。マット×艶のトップスと透け感のあるスカーフが醸すピンクの陰影、パールとパテントパンプスが放つグレーの艶めきで、上品な色香のある着こなしが完成します。

ちなみにパンツは、青みのあるグレーのジョーゼット仕立て。両サイドに深めに入れたタックが、歩いたときの流麗な表情を後押ししてくれます。小柄な女性にもおすすめしたい、程よいボリュームに加え、深めのタックが、優雅な表情を演出。リラックスしてはける後ろゴム仕様もありがたい!

■3:「とろみワイドパンツ」に「ウエストマークのトップス」合わせで、絵になる女に

パンツ(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、トップス(feerique)、ピアス(ドゥロワー 青山店〈ソフィ ブハイ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈ドレスアンレーヴ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(セルジオ ロッシ)

辛口ストライプをエレガントに着こなせるのが、とろみワイドパンツの楽しさ。インパクトのあるストライプ柄パンツを、グラマラスなニットで、たおやかにまとめます。パンツの1色をリフレインした、ウエストコンシャスなニットならすっきり見えて、カラーコーディネートもばっちり。女らしいシルエットを演出します。

ピアス、バッグ、パンプス……と、縦に黒の小物をちりばめて、印象をぴりりと引き締めるのも、スタイルアップして見えるポイントですよ。

ちなみにパンツは、上品な艶としなやかさを備えた、レーヨン素材です。前から見ると端正なワンタックパンツだけれど、後ろウエストにゴムを入れているため、快適な着用感。白地に黒×キャメル×ブラウンのストライプは、個性的に見えて実は着こなしやすい、優秀配色!

■4:「とろみワイドパンツ」と「流行色のサンダル」を組み合わせて視線集中

パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ジャケット(wb)、Tシャツ(三喜商事〈アリュード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ネックレス(ドレスアンレーヴ〈ドレスアンレーヴ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

ジャケット合わせの端正スタイルには、きれい色サンダルで色香をほんのり漂わせるのが、大人のとろみワイドパンツスタイル。この小粋な魅せ方は、注目を集めます。

筒幅の広いワイドパンツは、靴で遊んでもさりげない印象を崩しません。ベージュパンツと好相性の流行色=サフラン色をぴりりと効かせて、涼しげな演出もお忘れなく!

ちなみにパンツは、リネン風のネップやシワ感のある艶ベージュ素材。表から見ただけではわからない、高度な裁断縫製技術で、ヒップが形よく、上がって見えるうれしい効果が! 後ろ姿にまで自信がもてる美しいシルエットは、感嘆もの。流行のショートジャケットとも好相性。ステッチを施した幅広のウエストベルトが、トップスをINしたときに、上品なアクセントになります。

涼やか&エレガントなアイテムをプラスすれば、とろみワイドパンツがぐっと旬な装いに。これからやってくる汗ばむ季節にも、風をまとうとろみワイドパンツ、大活躍の予感です!

【関連記事:高めウエストで脚長効果が抜群!すっきり見せが叶う「新細身パンツ」の4つの着こなし方】

PHOTO :
熊澤 透(人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
望月律子(kind)
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
高橋里奈、渡辺佳子
EDIT :
岡本治子、小林桐子(Precious)