食卓を華やかに彩りボリュームも満点。さらにヘルシーでオシャレな料理で、家族も友達も喜ぶレシピの数々を提案している料理家・寺井幸也さんが教える、自宅でも簡単にできる「幸せレシピ」連載。

6月の第4回目は、塩麹でお肉やわらか&旨味たっぷりの「ゆで豚のピリ辛ジンジャーソースがけ」のつくり方を教えていただきます。

塩麹に漬け込むだけで肉の旨味を引き出し、ワンランク上の味わいに。しかも塩麹の成分は「食べる美容液」といわれるほど美肌・美白に効果的と言われているので、女性はぜひ取り入れたい調味料なんです。今回は豆板醤を効かせたピリッと辛いジンジャーソースをかけていただきます。

動画で観る、やわらかでジューシーな「ゆで豚のジンジャーソースがけ」のつくり方

■材料(2人分) 

ゆで豚のジンジャーソースがけの材料

・豚肩ロース肉(ブロック) 200g
・塩麹 50g
・A
 すりおろししょうが 5g
 しょうゆ 小さじ1
 オイスターソース 大さじ1
 酢 大さじ1
 みりん 大さじ1 
 すりおろしにんにく 1/2片分
 豆板醤 小さじ2
・ごま油 大さじ1
・糸とうがらし 適量

■つくり方(2人分)

豚肩ロース肉(ブロック) 200g、塩麹 50g

(1)ボウルに豚肉と塩麹を入れ、全体になじませるように揉みこむ。 

漬け込む工程

(2)保存用ビニール袋に(1)を入れ、空気をなるべく抜いて閉じ、1時間ほど漬けておく。

ゆでる工程

(3)沸騰した湯に(2)をビニール袋ごと入れて5分ゆでる。火を止めて、湯が冷めるまで置いておき、豚肉を中まで余熱で火を通す。

すりおろししょうが 5g、しょうゆ 小さじ1、オイスターソース 大さじ1、酢 大さじ1、みりん 大さじ1、すりおろしにんにく 1/2片分、豆板醤 小さじ2

(4)Aの材料をよく混ぜ合わせて、ジンジャーソースをつくる。

焼く工程

(5)フライパンにごま油を入れてあたため、(3)の豚肉を入れ、両面にきれいな焼き色がつき、カリカリになるまで中〜弱火で焼く。焼いた際に出た肉汁は(4)のソースに混ぜる。

切る工程

(6)焼き上がったら取り出し、あら熱が取れたら切り分ける。

完成図

(7)切り分けた豚肉を器に盛り、ジンジャーソースをかけ、糸とうがらしを添える。お好みで焼きトマトや焼きヤングコーンを添えてでき上がり。

幸也さんがゆで豚をジューシーに仕上げるコツを指南!

食べた人が笑顔になる♯幸也飯の「幸せレシピ」連載、6月第4回目は、「ゆで豚のピリ辛ジンジャーソースがけ」を紹介しました。

「今回のポイントはお肉に漬けた塩麹。塩麹は旨味成分たっぷりで、肉の旨味成分を引き出してくれるので、お料理のレベルをぐんっとアップしてくれます。僕も唐揚げに下味をつける時に使ったり、ドレッシングにしたりといろんな料理に活用しています。美肌・美白にもいいので、女性におすすめの調味料です」(幸也さん)

※実際につくった方は、ぜひ、インスタグラムで「#幸也飯作ってみた」をつけて投稿してください!

幸也飯の「幸せレシピ」連載一覧

この記事の執筆者
「幸也飯」代表。素材を存分に活かした独自のアイディア満載の料理は、見た目も華やかでセンス抜群。ファッション業界や人気モデル達にも絶大な支持を得ている。2017年12月13日には初のレシピ本『幸也飯 彩り映える・おもてなしのつくりおき』(辰巳出版)を発売。https://www.instagram.com/yukiya.terai/?hl=ja
MOVIE :
大槻誠一
COOPERATION :
インソムニア 赤坂
WRITING :
広瀬蒼乃
EDIT :
石原あや乃