ルーシー&ルーク・メイヤーのデザイナーデュオはジル・サンダーにおいて人類の未来をテーマに掲げる。2017年4月にこのミニマリズムを代表する名ブランドのクリエイティブ・ディレクターに就任以降、この夫妻は服を通して科学と哲学を探求しているのか。

洗練されたジル・サンダーのストリートモード

身体を包み込むようなフォルム

シルエットを強調するかのように白で統一されたコレクション。キーとなるダウンアイテムが目を引く

その姿勢はAIとIoTによりSFの世界が近接している現代の空気と呼応していると感じられる。シュプリームのヘッドデザイナーを務めたルーク、ラフ・シモンズの下、ディオールのデザインチームを率いたルーシーだからこそ、この未来をジル・サンダーで引っ張ろうとするのだろう。

2018年の秋冬メンズコレクションはこのブランドの本質である洗練に、トレンドを席巻するストリートのニュアンスが施された。スーツやニット、コートはカッティング、素材にどこかゆるさがあり、身体を包み込むようなフォルムが特徴だ。

男のオーセンティックなスタイルだが、そこにスパイスを利かせるのはアクセサリー。暖かそうな大判ダウンストールは、ミリタリーの寝袋からイメージしたそう。首に巻くのはもちろん、スカートのように腰に巻いたり、肩から下げて身体を覆ったりと、使い勝手の良いアイテムだ。コートやスーツにも気軽に取り入れられる逸品だ。シンプルなガーメントに装着された付けファーポケットも同じく機能的。何ともメイヤー夫妻のウィットを感じさせる。

アクセ使いでひねるメンズスタイル

ダウンのストール、ファーポケットなどボリューミーなアクセサリーが新たな着こなしを生む。

トラディショナルなチェックやヘリンボーンのコートもシェイプをひねることで、今っぽくストリートテイストになるから不思議だ。そんなアイテム達に使われているメタルのボタンはアルミを削り出したもの。有機的な素材に冷たい無機的なマテリアルを用いるところが未来を紡ぐという今のブランドの姿勢を表している。

トラディショナルなコートもモダンに

オーセンティックなアイテムもフィットを少し変えることで現代的になる。

知性に溢れ、着易さはもちろんのこと。ダンディズムにストリートを取り込むなら打って付けのワードローブだ。

そんなジル・サンダーが日本で独自の情報を発信するLINE@アカウントを2018年春に開設した。ルーシー&ルークの世界を覗いてみてはどうだろうか?

ジル・サンダーLINE@は以下から登録できる。

ジル・サンダーLINE@
2018年春にジル・サンダーが日本独自の情報を発信する「ジル・サンダーLINE@」を開設した。ブランドの世界観や、ブランド新着情報などを随時発信していく予定なので今後の動きが気になるならぜひ登録されたし!

ジル・サンダーの関連記事はこちら

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
2018.6.23 更新
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
EDIT&WRITING :
海老原光宏