夏のきれいめファッションブランドコーデをまとめました。ブランド別の上品なきれいめコーデを参考に、この夏のおしゃれを楽しんでみてください。

レディース夏のきれいめファッションコーデ【ブランド別】


【1】ザ ロウ

【1】ザ ロウ
パンツ・ブラウス(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス・ペンダント・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ドレステリア 京都店〈イニス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

くびれを強調するハイウエストに、5本タックとハリのあるコットン素材がつくり出すワイドシルエットのパンツ。大人っぽくシックな表情が魅力です。

【2】クロエ

【2】クロエ
パンツ・カットソー・ネックレス・靴(クロエ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

夏の日差しの下、モノトーンが重たく感じられたら、黒に近いネイビー=ミッドナイト・ブルーを選びましょう。かすかな違いに見えても、醸し出されるこなれたニュアンスが、別次元のおしゃれに。ウエストと足首をキュッと絞ったハーレムパンツ風の、メリハリのあるシルエットが、今年らしくてかっこいい。カットソーもカットに存在感があるものを選んで、脱シンプルにするのが鍵です。

【3】ボッテガ・ヴェネタ

【3】ボッテガ・ヴェネタ
ひざ下丈のワンピース(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ふとした仕草のたび、きらきらとした煌きが高まる秘密は、シルクにルレックスというラメ糸をブレンドしたという、美しく贅沢な素材に。まとう人の存在感まで高めてくれる、豊潤な光沢と色彩は、極上のゴールドならではです。ノーアクセサリーでシンプルに着こなしましょう。

【4】グッチ

【4】グッチ
バッグ『オフィディア』・ブラウス・パンツ・眼鏡・靴(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

シルクのボウブラウス+パンツにローファーを合わせた、颯爽とエレガントな仕事スタイル。そこに、鮮やかな「ウェブ ストライプ」が効いた黒バッグで、いきいきとしたモード感を添えるのが最旬流儀です。

【5】ジル・サンダー

【5】ジル・サンダー
スカート・シャツ・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

知的な雰囲気が漂う、アシンメトリープリーツのスカートには、限りなく白に近いパウダーブルーのシャツを合わせてフレッシュに。淡い色調をくずさないように、小物も白やベージュでまとめるのが正解です。やわらかな素材を組み合わせたフェミニンな着こなしでも、シャツの襟元に浮かぶ、Vラインが顔立ちをシャープに演出してくれます。スカートは風をはらんで軽やかに揺れる爽快なライトブルー。ウエスト部分から流れるように施されたプリーツ使いが、たおやかな雰囲気を醸し出します。

【6】サンローラン

【6】サンローラン
ジャケット・カットソー・パンツ・バッグ・ピアス・バングル(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈サンローラン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ミリタリーカーキの細身ジャケットを主役に。難度高めのアイテムも、モノトーンとのコントラスト配色で、きりっとタイトに着こなすと、凛としてかっこいいたたずまいが実現します。首元や手首の肌見せで軽やかに女性らしさをプラスして。カーキと相性抜群のコクのある赤の差し色も、アクセント効果を発揮します。

【7】ランバン

【7】ランバン
トップス・スカート・サングラス・ネックレス・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビー×白でつくるメリハリ配色はあたりまえ。トップスを艶のあるオフベージュにすることで、こんなにも端正な女らしさが漂うなんて。さらに、ミッドナイトネイビーのタイトスカートに深く入ったスリットが女度をアップ。シンプルな組み合わせなのに、印象に残る着こなしが完成します。

【8】マックスマーラ

【8】マックスマーラ
スポーツマックスのトップス・マックスマーラのスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせると、洗練されたバランスに仕上がります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグでモードな個性を加えましょう。

【9】フェンディ

【9】フェンディ
シャツ・パンツ(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ベージュに明るいネイビーをあしらった、インパクトのあるストライプのシャツは、脇と後ろ身ごろに深いスリットが入った遊び心のあるデザイン。今年流行のストライプだからこそ楽しめるモードなあしらいを、シックなネイビーでさりげなく着こなしましょう。ネイビーのクロップドパンツも同じトーンですっきりと。

【10】ドルチェ&ガッバーナ

【10】ドルチェ&ガッバーナ
カーディガン・インナーニット・スカート・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)、サングラス(ドルチェ&ガッバーナ アイウェア) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ボーダーなのに上品かつ、女らしい! その理由は、フェミニンポイントを語れるアイテムの選択にあり。アンサンブル風に重ねたハイゲージニットは、透け感のあるシルク素材。濃厚ネイビーのタイトスカートが女らしいボディーラインを強調し、ボーダー特有のカジュアル感を払拭してくれます。足元はピンヒール、ワンハンドルのクラシカルなバッグを携えたら、若者とは一線を画す上級マリンルックが完成します。

【11】マイケル・コース

【11】マイケル・コース
マイケル・コース コレクションのジャケット・ワンピース・バッグ・靴・ベルト・マイケル・コースのピアス・ブレスレット(マイケル・コース) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ヒップまで覆うロング丈が特徴的な白のテーラードジャケットは、パンツを合わせて、クールに決めるよりも、どこか力をふっと抜いて着くずすのが正解です。たとえば、風をはらんでふんわりと揺れるイレギュラーヘムのロングワンピースを合わせて。リネン100%の爽やかさと、ジャケットの辛口効果で、頑張りすぎないきちんと感を演出。上品なキャメルブラウンのバッグとベルトでメリハリをつけましょう。