シンプルな服を着ているのに、野暮ったい印象を与えてしまったり、いつもより太って見えたりするのは絶対に避けたいもの。一体どうすれば、すっきりとした着こなしができるのでしょうか?

この疑問を、スタイリングの匠であるスタイリスト・大西真理子さんにぶつけたところ、「肌見せや小物使いでバランスをとると、夏の着こなしを旬に導き輝かせることができる」との回答が。

劇的にすっきり見える着こなしルールで紹介する2つのスタイリング

そこで今回は、華やぎトップスやボリュームボトム、トレンドアイテムを投入した、大西さん流の進化形すっきり見せルールをお届けします。この2つのルールを意識して朝の着こなしを選ぶだけで、夏のおしゃれ悩みはかなり解決するはずですよ。

旬アイテムを使った「すっきり見せ」2つの着こなしルール

■ルール1:「華やぎトップス&肌見せ&黒の小物」で、清涼な抜け感とモードな迫力を演出する

ひとつめの着こなしルールは、スタンドカラー+幅広ボウ、アシメトリーデザインの身ごろのブラウスと、ブラック小物を組み合わせること。凝ったディテールが今季らしいブラウスは、甘さがトゥーマッチにならない涼やかなノースリーブと、抜け感を醸すサイドスリットがポイントです。

細身の足首見せパンツでシルエットを軽快に見せる一方、黒小物でメリハリを演出するだけで、華やかさと清涼感が両立した「すっきり見せ」バランスが完成します。

ブラウスは襟元が華やかなぶん、潔く腕を見せるノースリーブをチョイス。大人好みの、さわやかな甘さのデザインのブラウスです。つかず離れずのストレートシルエット+センタープレスが、淡色パンツをすっきり見せてくれます。ブラウス¥41,000(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、パンツ¥68,000(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、バングル[ヴェネツィアンガラス]¥39,000(チェルキ〈ヴェネツィア-ナ〉)、バングル[レザー]¥11,000/参考価格(アマン〈アンボワーズ〉)、バッグ¥165,000(セルジオ ロッシ)、靴¥73,000(JIMMY CHOO)

すっきり見せたいとき、まずは正統派の気品が香るストライプのブラウスに、旬の華やぎディテールが調和したブラウスと、ミントカラーの足首見せパンツを合わせること。これにより、仕事シーンからエレガントな席にまで対応するスタイルになります。

細いストライプが、配色で遊んでも品よくなじむポイント。夏のライフシーンに映えるクールパステルトーンで、すっきり見えシルエットを、さわやかに印象づけてくれます。ブラウス¥41,000(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)
小物は洋服の色が優しいぶん、すっきり見えシルエットの着こなしに欠かせないシャープさは、黒小物で表現。ショルダーバッグ~バングル~靴と、視線を縦に誘導します。バッグ¥165,000(セルジオ ロッシ)、靴¥73,000(JIMMY CHOO)

■ルール2:「ワイドパンツ×コンパクトトップス」で、上半身を華奢に見せる

ふたつめの着こなしルールは、スカートに見えるほどたっぷりとしたボリュームが旬を物語るワイドパンツと、軽やかなコンパクトトップスを組み合わせること。

フィットしすぎない適度なゆとり、ボトムと自然に目線がつながるモノトーンのトリミングが、注目ポイントです。

ニット¥25,000(オルドス ファッション ジャパン)、パンツ¥38,000(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)、サングラス¥46,000(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、アルテミス・ジョイエリのチェーン¥450,000・マッティオリのトップ[別トップとセット]¥300,000(アルテミス・ジョイエリ)、GEORGES LARONDELLEのバングル各¥16,000・MODERN WEAVINGのバッグ¥67,000(GALERIE VIE 丸の内店)、靴¥39,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉)

白小物を意識的に多めにちりばめると、ノーブルな清涼感が高まります。辛口配色のコンパクトなシルエットに、サイドに入った小さなスリットが、抜け感をプラス。たっぷりとタックをとったボリュームワイドパンツは、エレガンス派も注目する旬アイテムです。優雅に揺れるので、モノトーンの鮮度をアップしてくれます。

パンツのボリュームシルエットを重く見せないのが、上品な艶としなやかさを備えたウールベース素材。深みのある黒の色調が、シンプルな着こなしに高級感を演出します。パンツ¥38,000(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)
小物は、大人かわいいカットワークレザーのバッグとVカットの履き口がかっこいい、バックストラップサンダルを合わせて。小物の甘辛ミックスで、モノトーン配色が表情豊かになります。MODERN WEAVINGのバッグ¥67,000(GALERIE VIE 丸の内店)、靴¥39,000(アノア〈リビアナ・コンティ〉)

この2つの配色とシルエットにより、すっきり見えと今っぽさを同時に演出できます。洗練された印象を与える着こなしをぜひ取り入れて、今夏は周囲の視線を独占してみましょう!

PHOTO :
小池紀行(パイルドライバー)
STYLIST :
大西真理子
EDIT :
岡本治子、小林桐子(Precious)