「Shark(シャーク)」ってどんなブランド?

Shark(シャーク)は、北米で2008年からの10年間で累計5,000万台以上もの売上実績を誇る、アメリカでは売上No.1の掃除機ブランドで、日本には今夏が初上陸となります。

Shark製品を送り出すアメリカのメーカー「SharkNinja(シャークニンジャ)」は、ブレンダーなどのハイテク調理家電製品も手掛けており「世界中のすべての家庭において、そこに暮らす人々の日々の生活を積極的に支えるために世界基準の製品を開発する」というミッションを掲げています。消費者の真のニーズに寄り添う革新的な製品を、手が届きやすい価格で提供することにより、このミッションを現実のものとしてきた実力派。2018年、満を持して世界に進出します。

海外ハイテク家電ブランドの日本市場進出には、見たことがないものが見られるような、ワクワクさせてくれるものがあります。

キーマンは、日本の「掃除機の常識」を変え続けてきた男

今回日本初上陸にあたり、シャークニンジャ株式会社の代表を務めるのは、20年もの間、日本でのフロアケアビジネスに従事してきたゴードン・トム氏。国内メーカーが多くのシェアを占めていた1999年代の日本の掃除機市場に、革新的な方式で差別化をはかったダイソンのサイクロン掃除機を初めて導入、同社の日本市場でのNo.1ブランドへの成長・成功への礎を築きました。

その後、エレクトロラックス日本法人の社長に就任するや「コードレススティッククリーナー」を展開。いままでになかった製品で市場を切り拓いてきた、いわば「日本の掃除機の革命家」なんです。そんな彼が「これまでで最高の掃除機に出えた」ため、自らメンバーを集めて立ち上げたのがシャークニンジャ日本法人。ということで、一体どんな逸品がお目見えするのか、期待も高まりますね。

「日本の生活様式にフィットする掃除機」ってどんなものなの?

今夏、日本で販売を開始する「EVOFLEX(エヴォフレックス)」を開発するにあたり、まず日本の消費者の掃除習慣について綿密なリサーチが行われました。その中で浮かび上がったのは、コードレススティッククリーナーに対する「4つの不満と不安」だったそう。

Shark『EVOFLEX series』S30(上位機種)/S10※ 発売日:2018年8月7日 市場予想価格:(S30)7万円前後(S10)6万円前後 大手家電量販店、オンラインで販売される。※S30/S10 それぞれ基本性能は同じ。付属品の予備バッテリー、バッテリー用充電ドック、ミニモーターヘッド、製品の一部のカラーが異なる。

■1:ゴミを取り除く能力への不満

いくらおしゃれでも、掃除機のそもそもの目的が果たせなければ意味がありません…!

まずはクリーナー市場で「もっとも多くゴミを取り除く」ことを目標にしたんだそう。パワフルな吸引能力を実現するために採用されたのは、種類の異なる2つのブラシを搭載したShark独自のヘッド「DuoClean®(デュオクリーン)」。フロントローラーとブラシロールが同時に回転して、細かなホコリも逃さず、大きめのゴミも飲み込み、フローリングやカーペットなどどんなタイプの床でも取り除ける設計になっています。スティッククリーナーによくある、床面に合わせてヘッドを交換したりする手間がかからないのはうれしいですね。

■2:家具の下の掃除のしづらさへの不満

できるだけ簡単に、手間のかからなさが重要!

ボタン一つでパイプが曲がる、Shark独自の設計「MultiFLEX™(マルチフレックス)機能」も注目。家具の下や細いすき間など、そのままの高さや角度ではヘッドが届きにくい場所も、しゃがんだり両手を使って曲げたりすることなく、ワンタッチで操作しながらスムーズに動かせるのは魅力的です。ストレートタイプのものだと、なかなか隅々までクリーナーをかけられない、なんてこともたまにあります。

■3:収納への不満

〔写真左〕従来のコードレススティッククリーナー〔右〕EVOFLEX。手軽に置いておけるカジュアルさも魅力!

ボタンを押して、サッとたたむ、自立式の仕様。専用の壁掛けツールでインテリアのように飾るのもおしゃれですが、設置する際に工事や特別なツールが必要でした。EVOFLEXなら、そのままで置いておくだけでOK。ヘッドやパイプを外して分解収納したりする必要もなく、生活家電としてシンプルなところもうれしい。

■4:稼働時間や充電への不安

ワンタッチ着脱がうれしい、リチウムイオンバッテリー。※EVOFLEX S20、S30に標準付属

駆動に必要なのはリチウムイオンバッテリー。ワンタッチで取り外しもでき、2つのバッテリーでバックアップもとれるので、もし1つのバッテリーが切れても続けて使うことができます。本体に差し込んだ状態でも、単体でも充電は可能。コンセントの近くに本体を置いてなくても、バッテリーさえ充電できればいいというのは何気に便利かも…!

試用テストは「50世帯×6週間」を3回も実施!

EVOFLEXの開発期間には、これらの不満や不安を解消するために、日本の家庭50世帯での6週間にわたる試用テストを3回も実施したとのこと。最初のテスト段階から「ゴミを取り除く能力」に関しては高い評価があり、さまざまなポイントで消費者の声に耳を傾けて改良が加えられました。色や質感などプロダクトデザインは「いかにも海外製!」といった感じのする本国製品とはちょっと異なる佇まいですが、日本のデザイナーを起用して、日本の消費者に最も受け入れられるものを調査し、採用されているんだそうですよ。

伊勢丹新宿店で「試し使い」ができる!

シャークスタッフが常駐する期間限定のスペシャルストアイメージ。

伊勢丹新宿店の本館5階で、期間限定の「シャーク スペシャルストア」もオープン。日本初上陸のコードレススティッククリーナー EVOFLEXの先行展示が行われ、お試し使いやその場でいち早く購入することも可能です。シャークのスタッフさんから直接使い方のコツを教えてもらったり、ブランドの世界観や魅力を実際に体験できたりするのはうれしい!

Shark 伊勢丹新宿店 スペシャルストア概要

開催期間:2018年7月11日(水)~ 24日(火)
営業時間:10:30~20:00
場所: 伊勢丹新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5(東京都新宿区新宿3-14-1)

海外製のハイテク家電を購入する時、見た目のおしゃれさや機能性の高さに惹かれたとしても、置き場所の確保や、価格に見合うほど使いこなせるかどうか…といった不安はつきものですが「EVOFLEX」には徹底した消費者調査にもとづいた仕様で、日本人の習慣や価格相場にフィットするよう様々な配慮が施されています。

これまで数々の「掃除機の常識を変える新製品」を日本市場へ送り込むことに成功してきたゴードン・トム氏の集大成として、満を持して展開される逸品の実力。気になりますね!

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
飯塚美穂