夏のオフィスで品よく着こなせるカーディガンのインナーをご紹介。夏におすすめのカーディガンとインナーのコーデをピックアップしました。

【目次】

白のカーディガンに合わせたいインナー


【1】インナー:M・filの白Tシャツ×白カーディガン

【1】インナー:白Tシャツ×白カーディガン
ブルゾン(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

白のカーディガンのインナーには白Tシャツ。潔い白よりも、ニュアンスある白を重ねることで、モダンな空間でも浮かない品のよさが漂います。

【2】インナー:ハイアリンの白Tシャツ×白カーディガン

【2】インナー:白Tシャツ×白カーディガン
ハイアリンのTシャツ・アリクアムのカーディガン(ストラスブルゴ)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈シェイスビー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

シャリッとした質感に加え、絶妙なフレンチスリーブのTシャツなら、シャープな着こなしもお手のもの。シワになりにくく、自宅で洗濯も可能な一枚は、カーディガンのインナーとして人気のアイテムです。

【3】インナー:ブルネロ クチネリの白Tシャツ×白カーディガン

【3】インナー:白Tシャツ×白カーディガン
スカート・カーディガン・Tシャツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリジャパン)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

白カーディガンのインナーはシンプルなTシャツなど、メンズライクなアイテムとの組み合わせで、大人のロマンティックスタイルを楽しんで。ソフトなガーゼ素材にプリーツ加工を施したティアードスカート。知的で都会的なネイビーというカラーと洗練された素材に、どこかエスニックなニュアンスを感じさせるランダムなティアードが溶け合った、モードな一着です。一見ボリュームを感じさせるシルエットですが、ヒップ回りは程よくフィットしているため、ボディーラインを美しく整えてくれます。

【4】インナー:エスカーダ スポートの白ブラウス×白カーディガン

【4】インナー:白ブラウス×白カーディガン
パンツ(サポートサーフェス)、カーディガン(コロネット〈アバティ〉)、ブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ロングカーディガンでⅠラインを演出し、ラベンダーカラーのパンツをすっきりと。インナーもバッグも白で統一した澄んだ着こなしは、シックカラーが主流のオフィスで抜きん出た洗練を感じさせます。パンツはやわらかな風合いの上質ウール。ハイウエスト+ツータックで、モード感のあるサルエル風シルエットも、気負いなく着こなせます。

【5】インナー:VINCEの白ブラウス×白カーディガン

【5】インナー:白ブラウス×白カーディガン
カーディガン(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(VINCE 表参道店)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ペンダント・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(ブラミンク)、バッグ(キートン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ボーダー状のフリンジが立体的なアクセントとなり、まとっただけで華やかな印象の白カーディガン。ふんわりはおるドロップショルダーの軽快な着心地も魅力です。インナーには白のブラウスを合わせて、白から淡いシルバーへとまとめたプラチナグラデーションに。

【6】インナー:エスカーダの白ブラウス×白カーディガン

【6】インナー:白ブラウス×白カーディガン
エスカーダのカーディガン・パンツ・エスカーダ スポートのブラウス(エスカーダ・ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈サンローラン〉)、ネックレス(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

白×シルバーのクールな色調とⅠラインシルエットで、すっきり辛口な印象に。カーディガンのインナーを白ブラウスにすると、都会的なセンスを漂わせる凛とした着こなしに仕上がります。メタリックチェーンのフリンジネックレスを添えることで、一気に女らしく!

【7】インナー:ブルネロ クチネリのストライプノースリーブ×白カーディガン

【7】インナー:ストライプノースリーブ×白カーディガン
カーディガン・ノースリーブトップス・ベルト付きパンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈ソフィー ブハイ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

リネンシルクのカーディガンと中に合わせたシルクトップスは、裾に向けてゆるやかに広がるシルエットが秀逸。カーディガンのインナーにしたグレーのストライプは、縦ラインを強調し、視覚効果ですっきり見せる効果もあります。上半身にゆとりをもたせたぶん、合わせるボトムは細身の9分丈パンツでメリハリをつけましょう。

【8】インナー:ポール カの水色ストライプシャツ×白カーディガン

【8】インナー:水色ストライプシャツ×白カーディガン
パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、シャツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(IWC)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

遠目にはスカートのようなネイビーパンツ、インナーにはブルーのシルクトップス、そして白カーディガンを合わせて、好感度の高い清涼配色をエレガントに。そこに、ひんやり輝くジュエリーや辛口ウォッチを効かせて、クール&ラグジュアリーに仕上げるのが大人の流儀です。パンツは薄くしなやかなレーヨン素材。右から左に向かって布を重ね、サイドでリボン結びするラップ仕立てがスカートライクな表情の秘密です。

黒カーディガンに合わせたいインナー


【1】インナー:セブンティの白ブラウス×黒カーディガン風ジレ

【1】インナー:白ブラウス×黒カーディガン
ジレ(MOGA)、トップス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈ベルウィッチ〉)、ヘッドフォン(アユート〈マスター・アンド・ダイナミック〉)、傘(エストネーション〈ワカオ〉)、バッグ(GALERIE VIE 丸の内店〈HEREU〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きれい色パンツ×インナーの白ブラウスも素敵だけれど、そこに黒のカーディガン風ジレでこなれ感をプラスしましょう。

【2】インナー:モンローのグレーTシャツ×黒カーディガン

【2】インナー:グレーTシャツ×黒カーディガン
Tシャツ(ヤマツゥ〈モンロー〉)、カーディガン(クルチアーニ銀座店)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、サングラス(リエート〈バートン ぺレイラ〉)、ピアス・ブレスレット・バングル/手首から・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

こなれ感のあるチャコールグレーのVネックTシャツをインナーにすると、カーディガンやスポーティーな時計もさらにかっこよくまとまります。日本人に合わせて調整したVラインが、美しいデコルテを演出します。

ネイビーカーディガンに合わせたいインナー


【1】インナー:M・filの白Tシャツ×ネイビーカーディガン

【1】インナー:白Tシャツ×ネイビーカーディガン
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、トロリーケース(グローブ・トロッター 銀座)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

体を締めつけないゆとりあるシルエットながら、センタープレスのおかげできちんと感もキープできるパンツ。そして、インナーに合わせた白Tシャツが、ロング&リーンなカーディガンのシルエットにすっきりとした抜け感を与えてくれます。前後で切り替えになった異素材コンビは一枚でも活躍。

【2】インナー:ベルタ フルラネットのレッドプルオーバー×ネイビーカーディガン

【2】インナー:レッドプルオーバー×ネイビーカーディガン
マックスマーラのパンツ、エス マックスマーラのカーディガン(マックスマーラ ジャパン)、プルオーバー(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、バッグ(エリオポール銀座〈フランシス バレンティーヌ〉)、靴(アマン〈イル サンダロ オブ カプリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ネイビー×インナーのテラコッタのこっくり配色に白も加わり、上品トリコロールが完成。しなやかな白ボトムやかごバッグを合わせることで、夏らしい装いに仕上げましょう。

グレーカーディガンに合わせたいインナー


【1】インナー:ステファノ モルタリのグレーカットソー×グレーカーディガン

【1】インナー:グレーカットソー×グレーカーディガン
アリュードのカーディガン・ステファノ モルタリのカットソー(三喜商事)、スカート(VINCE 表参道店)、ネックレス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ベルトマークはウエスト周りが目立ちそうで苦手…。そんな人にもおすすめなのが、ひとつボタンのカーディガンを使ったXシルエットづくり。同系色のインナーと、裾がひらりと揺れるミディ丈のスカートと合わせれば、気になる部分をカバーしつつ、バランスのよい着こなしへと仕上がります。

【2】インナー:ピアッツァ センピオーネの白ブラウス×グレーカーディガン

【2】インナー:白ブラウス×グレーカーディガン
パンツ(サポートサーフェス)、カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ブラウス(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

きれいなピンクのパンツを楽しみつつすっきり見せるために、淡いベージュのロングカーディガンでⅠラインシルエットを演出。インナーには白のブラウスを投入して、小物やジュエリーもベージュ系で統一して優しい奥行きを表現しましょう。パンツはリネン混素材の自然な艶と風合いで、ピンクも気負いなく着こなせます。中央に向けてたたんだ浅めのウエストタックが、程よいゆとりがありつつ広がりすぎないシルエットの秘密です。

【3】インナー:エミリオ・プッチのピンクガラ系トップス×グレーカーディガン

【3】インナー:ピンクガラ系トップス×グレーカーディガン
シルクのプリントトップス(エミリオ・プッチ ジャパン)、シルクカーディガン(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、白のパンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、パールネックレス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、サングラス(ケリングアイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

パテントの光沢がモダンな名品ローファーを軸に、同じグレーで小物を統一。カーディガンのインナーには、パステル調の明るいプリントトップスにして、とびきり華やかなカジュアルを完成させましょう。