女性のストライプシャツ着こなしまとめ。ブルー系ストライプや白黒ストライプなど、大人っぽいストライプ柄のシャツ着こなしをまとめました。ワンピースとしてもはおりものとしても使える、万能なストライプシャツワンピースの着こなしもご紹介します。

【目次】

レディースストライプシャツコーデ


【1】ブルーストライプシャツ×ネイビータイトスカート

【1】ブルーストライプシャツ×ネイビータイトスカート
シャツ・スカート・腕にかけたコート・ウエストバッグ・手に持ったマルチケース・ブレスレット・ストラップ付き白のトートバッグ・バナナ柄のトロリー・トロリーの奥に置いたトランク・スニーカー(プラダ ジャパン)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、その他/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

きちんと感と快適さに、程よくモード感を備えた装いは、どんなシーンにもフィット。清潔感のあるシャツ&タイトスカートに、足首を細く見せるボリューミーなスニーカーで、シャープな女らしさが際立ちます。

【2】ネイビーストライプシャツ×ネイビーパンツ

【2】ネイビーストライプシャツ×ネイビーパンツ
時計『パンテール ドゥ カルティエSM』・ネックレス・ブレスレット・リング・メガネ・ペン(カルティエ)、シャツ・パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

大人の女性にふさわしいのが、しなやかに艶めくブレスレットウォッチ。端正なシャツスタイルを彩るように、「名品」の輝きを放つ時計とジュエリーを合わせ、成熟した美意識を表現しましょう。

【3】水色ストライプシャツ×ワイドデニムパンツ

【3】水色ストライプシャツ×ワイドデニムパンツ
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ノーカラーのストライプオーバーシャツをワイドデニムにさらりと合わせ、肩の力の抜けた爽やかなホワイトカジュアルを堪能しましょう。シンプルなデニムスタイルには、細身のウエッジサンダルなど、どこかに女らしさを残すことも必ず忘れずに。白~ブルーの涼感漂うグラデーションを頼りに、目がくらむような外の暑さをなかったことに!

【4】ブルーストライプシャツ×カーキパンツ

【4】ブルーストライプシャツ×カーキパンツ
シャツ(キートン)、パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ベルト(yoshie inaba)、バングル・バッグ(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)、靴(アストラット 青山店〈アストラット〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

今年らしいシルエットを約束するカーキのガウチョパンツ。トップスには、ネイビーのストライプシャツを合わせ、端正な着こなしを目指しましょう。そこにクリアな白の極細ベルトを添えて、夏らしい涼感をアピール。白の分量を少なめにすることで、コントラストが和らぎ、トリコロール配色も品よく楽しめます。

【5】ブルーストライプシャツ×ネイビークロップドパンツ

【5】ブルーストライプシャツ×ネイビークロップドパンツ
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(コール ハーン ジャパン)、バッグ(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

街中をガンガン歩きたい日には、ジュート×レザーのエスパドリーユがお決まり。白とベージュによる洗練配色のおかげで、都会にも通用するサマースタイルが完成します。

【6】白黒ストライプシャツ×黒ワイドパンツ

【6】白黒ストライプシャツ×黒ワイドパンツ
サングラス、ミニショルダーバッグ、フラットシューズと、小物使いのバランスが絶妙

ラグジュアリーブランド「THE ROW(ザ ロウ)」も手掛けているセレブリティーのElizabeth Olsen(エリザベス・オルセン)は、細めの黒ストライプが均等幅で走る白シャツでミニマルなコーデを組み立てました。ベーシックなタイプですが、実はオーバーサイズを選んでいて、そのおかげで全体に落ち感が宿っています。ストライプシャツを窮屈に見せない賢い工夫です。さらに、大きめサイズと細い縦縞のコンビネーションが着痩せ効果を増幅してくれるから、試したいテクニックです。シャツ裾は黒ワイドパンツのウエストにゆるイン(裾の一部だけをしまう)して、のどかなムードに整えています。

海外のおしゃれプロから学ぶ!「ストライプでスタイルUP」する方法5選

【7】ブルーストライプシャツ×イエローパンツ

【7】ブルーストライプシャツ×イエローパンツ
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピアス・ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、ブレスレット(ケイテン)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

清涼感漂うストライプシャツを主役に。シャツ:パンツ=1:1のシンプルな組み合わせも、ストライプ×イエローボトムのインパクトアイテムの組み合わせなら新鮮に。足元はカジュアルな白エスパドリーユを選びこなれ感を演出しましょう。

【8】ネイビーストライプシャツ×ネイビークロップドパンツ

【8】ネイビーストライプシャツ×ネイビークロップドパンツ
シャツ・パンツ(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ベージュに明るいネイビーをあしらった、インパクトのあるストライプのシャツは、脇と後ろ身ごろに深いスリットが入った遊び心のあるデザインです。今年流行のストライプだからこそ楽しめるモードなあしらいを、シックなネイビーでさりげなく着こなしましょう。ネイビーのクロップドパンツも同じトーンですっきりと。

【9】ネイビーストライプシャツ×ネイビーパンツ

【9】ネイビーストライプシャツ×ネイビーパンツ
時計『セルペンティ スピガ』・リング『セルペンティ』・イヤリング『ビー・ゼロワン』・バングル(ブルガリ ジャパン)、シャツ(キートン)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

エレガントで力強い美しさをたたえるヘビのモチーフのブレスレットウォッチ。白ならネイビーのストライプシャツの華やぎと清潔感はそのままに、個性的で迫力のある女らしさが演出できます。

ストライプシャツワンピースコーデ


【1】イエローストライプシャツワンピース×赤パンプス

【1】イエローストライプシャツワンピース×赤パンプス
襟元のリボンでレディー感を強調

ワンピースは全身をワンテイストで包むので、狙った通りのイメージを印象づけやすいウエアです。例えば、イエローのストライプ柄をまとえば、ポジティブな気分やジューシーなムードを同時に呼び込めます。イエローとのコントラストを引き立てる、ベージュの地色が穏やかさを着姿に添えました。

赤のバッグとパンプスがフェミニンと品格を演出。ロイヤルルックにふさわしい、程よい主張も帯びさせています。人前に出る場面や、大事な役目を担う機会などに、「おしゃれのパワーチャージ」として使いこなしたいスタイリング術です。

「世界で最も美しい王室」から学ぶ!真夏の上品ワンピースコーデ5選

【2】ブルーストライプシャツワンピース×白バッグ

【2】ブルーストライプシャツワンピース×白バッグ
アイシーなシャーベットカラーがストライプ柄とマッチ

ブルーをベースにした、ピンストライプのシャツワンピースをまとっているのは、女優のAli Larter(アリ・ラーター)です。メンズシャツ風の縦縞がクールな風情。線が細いピンストライプは着姿に細感を忍び込ませてくれます。深めに切れ込んだV襟もシャープな印象を引き立てました。そして、ウエストで結んだ黒リボンがエレガントに引き締めています。前を全部開けられるシャツワンピースは、はおり物として、薄手ガウンライクにもまとえるので、これからの季節に重宝します。

【3】ネイビーストライプシャツワンピース×白Tシャツ×デニムパンツ

【3】ネイビーストライプシャツワンピース×白Tシャツ×デニムパンツ
白のスリッポンでヌケ感を加えたのも、見事なアレンジです

女優のJessica Alba(ジェシカ・アルバ)は、ストライプ柄のシャツワンピースを、さらりとはおってみせました。白Tシャツにブルージーンズというシンプルな組み合わせにも、ストライプ柄ワンピがメンズ風のキリッとしたムードを添えています。ガウンようにゆったりはおることによって、気になりがちな腰周りをさりげなくカバーできるのも、この着方のうれしいポイントです。そして、ネイビー系の濃い色がカジュアルコーデを大人っぽく落ち着かせました。ストライプならではのスリミング効果も期待できるから、1枚はワードローブに加えておきたいタイプです。

海外のおしゃれプロから学ぶ!「ストライプでスタイルUP」する方法5選

【4】グリーンストライプシャツワンピース×ブルーバッグ

【4】グリーンストライプシャツワンピース×ブルーバッグ
ワンピース(トリー バーチ ジャパン)、バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

グリーンストライプの効いたシャツワンピースは、ウエストのベルトがきちんと感を生むポイントです。

【5】ベージュストライプシャツワンピース×白スニーカー

【5】ベージュストライプシャツワンピース×白スニーカー
アイキャッチーなバッグと靴で動きをプラス

日本映画が最高賞に輝いた第71回カンヌ国際映画祭で、審査委員長を務めた大女優のCate Blanchett(ケイト・ブランシェット)は、ストライプシャツのセットアップでお出かけです。見慣れたストライプの色はネイビーや黒ですが、ベージュの縦縞は穏やかな雰囲気を醸し出します。わざと少しゆるめのサイズを選ぶと、かえってスレンダーな見栄えに。共布ベルトを無造作っぽく垂らした小技も、自然な縦落ち感を引き出しています。一見、パジャマのようにも映るリラクシングなたたずまいが大人の余裕を漂わせました。

海外のおしゃれプロから学ぶ!「ストライプでスタイルUP」する方法5選