1951年にイタリアのヴェネチアで創業したパンツ専業ブランド「インコテックス」。創業当時は鉄道員や警察などの制服を製造するメーカーであったが、1970年頃からパンツに特化し今に至る。パンツ最高峰と呼ばれる所以は、素材選び、裁断製法、そしてシルエットだ。多くのラグジュアリーブランドの製造も請け負うイタリア屈指のパンツ専業ブランドであれば安心していいだろう。

白シャツコーデに最適な「インコテックス」の定番デニム

「インコテックス」の「SKY」

パンツ¥36,500(スローウエアジャパン〈インコテックス スラックス〉)

「インコテックス」の中でも定番とされるモデル「SKY」は、腿から裾にわたり細くなるテーパードのかかったシルエットが特徴だ。ドレスパンツ同様、足を長く見せる美脚ラインはそのまま、見た目はシンプルなウォッシュド5ポケットデニムに仕上がっている。ストレッチ素材を配合しているがデニムが持つ風合いをそのままに楽しめることができる。

フロントは脱ぎ穿きのしやすいジップフライを採用

フロントは、脱ぎ穿きのしやすいジップフライ。ボタンやリベットは定番のカッパー色のメタル素材、オレンジ系のステッチとオーセンティックなデニムの顔つきながら、ボタン穴の下には、ドレスパンツに見られるピンループが添えられていてる。

以上、インコテックスのデニムを紹介した。定番アイテムだからこそ、見た目はシンプルに、上質なものを選ぶのが大人の買い方である。なんとなくデニムをと考えているなら、まずは安心できるブランドがいいだろう。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊