「ビタミンカラー」に最も相性のいい組み合わせになるのが、「ホワイト」だ。「ホワイト」は、鮮やかな色をよりクリアに見せ、強烈な対比をつくり出す。スーツやジャケット、サマーニットなど、多彩なアイテムで登場した。

来季のトレンド「ビタミンカラー」と相性抜群な白アイテム

ブルネロクチネリのスリーピーススーツ

ピンストライプを配した洗い加工のリネン素材を使用したブルネロクチネリのスリーピーススーツ。

 スーツで「ホワイト」を提案したのが、トータルルックで品格ある大人の上質な世界観を表現するブルネロ クチネリ。1920年代、映画『グレート・ギャツビー』を彷彿させるようなエレガントかつクリーンな「ホワイト」のスリーピーススーツを発表。ピンストライプを配した洗い加工のリネン素材を使い、パッチポケットをデザインしたジャケットを中心に、よりリラックスした雰囲気のスタイルだ。リネンのシャンブレーシャツをコーディネートすることで、スポーティな表情も見事につくり出している。

マクローレンのニット

トラッドかつモダンなシルエットだ。ビタミンカラーとの相性は抜群!

 もう1着は、まだ日本であまり知られていないニットブランドのマクローレン。今回のピッティ出展で6回目となる。1962年にイギリス・スコットランドで創業し、その後イタリア企業が買収。現在、北イタリアのガルダ湖近くの工場で、イギリスの伝統的なデザインを残しながら冴えた色彩を織り交ぜ、トラッドかつモダンなシルエットのニットコレクションを展開する。

スポーティさを感じる、縄目模様の入ったやわらかい感触のセーター。

今回のテーマはスポーツ。自転車競技やテニスをモチーフに、明快なトリコロールのニットを提案した。特に、チルデンセーターが絶品。コットンにポリアミドを混紡した糸で編み上げたセーターは、さらりと質感が抜群で、サマーニットとして最適な着用感を生み出す。今注目されているコーディネート、Tシャツの上に軽やかに合わせる着こなしのほか、ドレスシャツの上に合わせれば、エレガントでスポーティな大人のカジュアルスタイルを楽しめる。

「ホワイト」は、大人のスタイルをより洗練させるキーカラーである。

ヴィットリオ矢部の第94回ピッティ・ウォモレポート公開中

この記事の執筆者
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク