アントレ アミは、テキスタイルメーカー(生地屋)を母体に持つ、2007年に創業したパンツ専業のファクトリーブランドだ。テキスタイルメーカーのノウハウを生かし加工や染色だけでなく、さまざまなパンツを作り続けたからこそ実現した美しいシルエットは、大人にうってつけのデニムだ。今回は、その中でもアントレ アミの定番モデルを紹介する。

シルエットが美しく、誰でも美脚になれるアントレ アミのデニムパンツ

アントレ アミ「デニムライン」の定番モデル『GAGA』

日本でも大人気モデルのGAGAパンツ¥27,000(インターブリッジ〈アントレ アミ〉)

創業当時から作り続ける「アントレ アミ」の定番モデル「GAGA」。ゆとりのある腰周りと腿周りから、裾にかけて細くなるテーパードシルエットが美脚ラインを生む。加えて、スラックスのようにセンタークリースを入れて穿くのが「アントレ アミ」流だ。9分丈なので、足元にボリュームのあるスニーカーやブーツなどを合わせることでスッキリ穿くことができる。こう見えて実はストレッチ性が高いのも嬉しいポイントだ。

ボタンフライ式を採用

フロントは、クラシックなディテールのボタンフライ式。色ムラのあるボタンが、まるで長年穿き込んで使い込まれたヴィンテージのようだ。

フィット感がたまらなく気持ちいヒップライン

革パッチも同じく使い込まれたような風合い。また、ヒップポケットの右上にあるのは、ブランドのアイコンでもあるコイン。

豊富な種類が魅力! 「アントレ アミ」定番ラインのGAGA

左から¥26,000・¥24,000(インターブリッジ〈アントレ アミ〉)

左はいわゆるデニスラ(デニムのスラックス)。ドレスパンツに見られる仕立てで、前はスラントポケット(ドレスパンツと同じ形のポケット)、ヒップは玉縁ポケット(パイピングされたポケット)になっている。右のブラックデニムは、ステッチも同色にすることで落ち着いた雰囲気に。ともに前ポケットには、さりげなくブランドロゴのリベットが添えられている。

信頼の高い日本産のデニム生地を使用したワークショップデニム

ともに¥27,000(インターブリッジ〈アントレ アミ〉)

ワークショップデニムと呼ばれるラインは、日本製の生地を使用したデニム。普段使用されるブランドロゴのリベットではなく、通常のデニムに見られるオーソドックスなリベット。どちらも自分で色落ちを楽しんで穿き込むことのできるデニムだ。

以上、「アントレ アミ」のデニムを紹介した。同じモデルでも生地、加工、ポケットの型など様々なモデルがあり、自分好みのデニムを探す楽しみがある。ぜひ自分にあった最高の1本を見つけて欲しい。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊