なんども映画化されている「真珠夫人」は、大正時代に菊池 寛が書いた新聞小説だ。原作では象徴的な「女性物のプラチナ製の腕時計」が大きな役割を果たしている。のちに社会現象とまでいわれた東海テレビ制作の大ヒットドラマ版では、手練の脚本家がその時計を「男物のオメガの腕時計」とかえた。

「シーマスター」誕生70年の節目に初代モデルを復刻

1948年に登場したオメガの記念すべき初代「シーマスター」

初代オリジナルのモデル。オメガ初となる“Oリングガスケット”の技術を駆使し、防水性能を飛躍的に高めた。画期的なアドバンテージを持ったシーマスターの成功は他社を圧倒し、後の様々な派生モデルの誕生へと繋がっていく。

 戦後まもなくの時代に変更された設定で、めったに見かけない舶来の高級時計は、造船会社の跡取り息子である主人公の愛用品だ。ストーリー上も重要な小道具になる。2018年、限定版でリリースされる「シーマスター 1948 マスター クロノメーター」をみて、それを瞬時に思い出した。この時計には“オメガという特別な時計”の間違いないオーラが、70年の時を超えて宿っている。

1949年に出されたオメガ「シーマスター」の広告

「シーマスター」が、イギリス空軍に納品していた時計をベースにしていることを謳う、1949年の広告。コピーに「オメガのシーマスターは、行動する男たちの腕時計。あなたより先に、2万6000人のパイロットがそれを証明しました。」とある。

 第二次大戦後まもなく、オメガから洗練されたデザインで防水性能に優れた腕時計「シーマスター」シリーズの初代が誕生した。それは戦時中に連合国の信頼が篤く、とくに英国軍には11万個もの腕時計を供給したオメガの技術を、平時の一般向けに技術移転することでもあった。中立国スイスが誇るブランドの看板モデルは、復興する世界で名声をあげていく。

 一方、敗戦国の日本では事情がことなる。オメガの時計を持ちものに選べる環境は、真の特権であった。1949年にはじまった円為替の固定相場ですら1ドル=360円。経済復活の端緒となった特需景気はさらにそのあとだ。憧れは本当に、夢にほかならなかった。それが今年、蘇ったのである。

「シーマスター 1948 マスター クロノメーター(リミテッドエディション)」スモールセコンドモデル

スモールセコンドと、センターセコンド3針の2モデルが同時に登場した。どちらも1948年に始まるシーマスター伝説の原点モデルを復刻。ケース径を3mm大きくした以外は、ホワイトゴールド製の針の形状が異なるところまでも忠実に再現。替えのレザーストラップとNATOストラップが付く。こちらはスモールセコンドモデル ●自動巻き ●ステンレススティール ●ケース径38mm ●ブラウンレザー製ストラップ ¥766,800(税込価格、11月発売予定)※世界限定1948本
シースルーバックには「SEAMASTER」「LIMITED EDITION」の文字と限定番号をレーザーで刻印。さらにシースルーのサファイアには、オメガの名声を高めた第二次大戦時代のメモリアルをレーザーで刻印し、手作業のラッカー仕上げを施している。

 ケースバックのクリスタルには、アメリカ海軍にパトロール艇を納入していたクリス-クラフト社製の船影と、イギリス空軍のジェット戦闘機グロスター・ミーティアの機影をレーザー刻印した。交換用に付属するNATOストラップのカラーは、オリジナルの“アドミラルティ グレー”である。

「シーマスター 1948 マスター クロノメーター(リミテッドエディション)」セントラルセコンドモデル

ドーム型の文字盤に、ヴィンテージのΩマーク。完成された美しいフォルムを持つオリジナルモデルのオーラを、完全に写し取っている。●自動巻き ●ステンレススティール ●ケース径38mm ●ブルーグレーレザー製ストラップ ¥712,800(税込価格、11月発売予定)※世界限定1948本

 中立国のブランドが戦勝国=連合軍兵士たちへの陽気なオマージュを意趣に込めた時計には、我々なりの想いもあるが、だからこそ買いたくもなる。デザインは初代そのままに、当代最高の精度を極め、磁気帯びしない最新“マスター クロノメーター”認定の腕時計は、過去を新しい体験にかえるものだ。スモールセコンドとセンター3針のいずれも、1948本の世界限定。数少ないその時計の1本は、99.9%の日本人が絶望的に手に入れられなかった品への憧憬を、代襲してかなえることができる品なのである。

問い合わせ先

この記事の執筆者
桐蔭横浜大学教授、博士(学術)、京都造形芸術大学大学院博士課程修了。著書『腕時計一生もの』(光文社)、『腕時計のこだわり』(ソフトバンク新書)がある。早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校・学習院さくらアカデミーでは、一般受講可能な時計の文化論講座を開講。