「Beoplay E8」は、同ブランド初の完全ワイヤレスイヤフォンで、これまでのワイヤレスフォンの常識を覆す高音質と、快適な装着感を実現したモデルとして人気を集めている。その「Beoplay 08」の限定モデルが「Beoplay E8 Racing Green」だ。

なんとワイヤレスの名品が、レーシング業界でもっともアイコニックなカラーである「ブリティッシュ・レーシング・グリーン」を纏った。

伝説的レーシンググリーンを纏った“Bang & Olufsen”のワイヤレスフォン

Beoplay E8の限定カラー

プレミアムレザー充電ケース、5つのイヤーチップ、充電ケーブルが付属品として含まれる。¥30,462 ※税抜き価格

このグリーン、往年のF1ファンならば、ジム・クラークがドライブしたロータスをすぐに思い出すだろう。現行の英国車のミニでもこのグリーンのモデルが発売されたことがあった。深いグリーンには、ハイスピードでヘアピンカーブなどをドライビングしてきたレーシングカーに対する英国人、いやスポーツファンの情熱と興奮が宿っている。

今回、カラーにレーシンググリーンを用いたのは、クルマ産業、特にレーシングスポーツが伝統的に革新の先陣を切ってきたことに同ブランドがインスパイアを受けたからだ。「Beoplay E8 Racing Green」も、業界を牽引するサウンドやシームレスなリスニング体験を提供することをことを使命にしている。

デジタルサウンドプロセッサー機能と同ブランドを象徴する優れたサウンドが組み合わされたこのイヤフォンは、いつまでも聞いていたいようなリッチで、フルボディ、そして的確なサウンドステージをもたらす。本体は耳の中で快適にフィットするように人間工学に基づいて設計され、外出中でも充電できる高品質なリアルレザーのケースに収納できる。再生時間は最大12時間。これならば、海外への長いフライトでも機内で楽しむことができるだろう。

操作はいたって簡単だ。アルマイト加工されたアルミニウムにタッチすることで直感的な操作が可能。即座に運転席に乗り込むことができるようなインターフェイスを採用、音楽と通話、音声コマンドなどのオンオフも簡単に操れる。Android、iPhone、Apple Watchに対応したBeoplayアプリで、自分らしいリスニング体験まで可能にしている。

レースングスポーツ好きならずとも、手に入れて見たくなる極めてモダンなツール=ワイヤレスフォンではないだろうか。

問い合わせ先

この記事の執筆者
メンズクラブ編集長を務めた経歴をもつベテラン編集者。ファッション以外にも、モノや歴史、文学など幅広い知識を持つ。その経験豊富な知識を生かし多彩なジャンルで執筆する経験豊かな編集者。
TAGS: