クリスマスに女性へ贈りたいブランドバッグまとめ。大切な女性へのクリスマスプレゼントにぜひおすすめしたい、レディースブランドバッグを22選ピックアップ。社会人の彼女におすすめの仕事で使えるバッグから、休日のお出かけに便利なショルダーバッグまで、セリーヌやロロ・ピアーナ、シャネルなど、女性が喜ぶハイブランドバッグをたっぷりとご紹介します。

【目次】

クリスマスに彼女へプレゼントしたいレディースブランドバッグ


【1】J&M デヴィッドソンの「ベル」

【1】J&M デヴィッドソンの「ベル」
バッグ『ベル』(J&M デヴィッドソン 青山店)

色味にこだわるJ&M デヴィッドソンのグレーのバッグ。一枚革でしたてたバッグは繊細なスタッズがあしらわれ、レザーの質感の高さもそうだが、柔らかさや優しさといった雰囲気が見て取れる。

J&M デヴィッドソンのレザートートバッグ

【2】ニナ リッチの「イリゾール」

【2】ニナ リッチの「イリゾール」
バッグ 『イリゾール』(コロネット〈ニナ リッチ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ブランドロゴを大胆に記さず、潔いまでにシンプルに徹したピュアホワイトのトートバッグ。マチのないすっきりとしたフォルムだから、着こなしの印象まで軽快に、スマートに見せる優秀デザイン。上質なカーフレザーで、しっとりと手になじむところも魅力。

【3】ロウナー ロンドンの「ワンハンドルバッグ」

バッグ(ピーチ〈ロウナー ロンドン〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

創業70年の歴史をもつロウナー ロンドンは、エリザベス女王ご愛用バッグとして、英国王室御用達の称号を誇るブランド。優雅なカーブを描く少し長めのワンハンドル、グレーがかった品のいいブルーの色出し、小ぢんまりとした端正なフォルムなど、随所に女王陛下好みの品格あるかわいさがにじみ出て。小さいながらもマチがしっかりあるので、収納力もある。

【4】ロエベの「パズルバッグ」

【5】ロエベの「『パズルバッグ」
バッグ(ロエベ) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

鮮やかなカラーリングが特徴のロエベの「パズルバッグ」。通勤や休日などシーンを選ばず使用できるので、おしゃれな敏感な女性にふさわしい。

【5】ロエベの「フラメンコ ノット バッグ」

【6】ロエベの「フラメンコ ノット バッグ」
『フラメンコ ノット バッグ』(ロエベ) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

圧倒的な存在感を放つプリーテッド ナッパ。ロエベならではの上質なレザーを一度シュリンクさせ、再度広げることで完成する独特なプリーツ加工によって、一見レザーとは気づかないほど豊かな表情に。裏地にクラシックカーフが縫い合わせられることで、程よく厚みのあるボディが実現し、荷物の出し入れもスムーズ。両サイドのノットにあしらわれたゴールドの金具が、ブラックレザーの品格を引き立ててくれる。

【6】モワナ「レジェンヌバッグ」

【7】モワナ「レジェンヌバッグ」
バッグ イエローの『プティットゥ レジェンヌ』・ターコイズの『ミニ レジェンヌ』・ベージュの『レジェンヌ クラッチ』( STEP inc〈. モワナ〉)

絶妙なカーブを描いて存在感漂うフォルムに、発色の美しさが映えるバッグは、1908年につくられた四角いフレームのバッグを、2012年にモダンに蘇らせたもの。着脱可能なショルダーストラップにより、さまざまな表情が楽しめる。

モワナのワンハンドルバッグ

クリスマスに社会人の彼女へプレゼントしたいレディースブランドバッグ


【1】フェンディの「レザーバッグ」

【1】フェンディの「レザーバッグ」
バッグ(フェンディ ジャパン) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

やわらかな感触と独特なシボが特徴の最高級レザー、クオイオ ローマ。表と裏で配色にし、同素材を贅沢に張り合わせたデザイン。シンプルなつくりに、職人が手作業で仕上げるハンドステッチが際立ちます。ハンドルは中央にステッチを施すことで強度をアップしている。

【2】セリーヌの「バッグ」

【2】セリーヌの「バッグ」
バッグ(セリーヌ ジャパン)・長財布・カードホルダー(セリーヌ ジャパン) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

名前の由来となる、3つのコンパートメント構造が特徴的な「トリフォルド」。真ん中の仕切りはジップ付きで、スマートな見た目に反して、たっぷりとした収納力と使い勝手のよさを誇ります。コバの仕上げも同色で統一したウォッシュドブルーは、装いを洗練させる差し色として活躍。手提げでも肩がけでも収まりのよい、絶妙な長さのハンドルも魅力です。

【3】ヴァレンティノ ガラヴァーニの「トートバッグ」

【3】ヴァレンティノ ガラヴァーニの「トートバッグ」
バッグ(ヴァレンティノ〈ヴァレンティノ ガラヴァーニ〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

定番トートに、シルバースタッズとオニキスカボションをあしらって、落ち着いた雰囲気に仕上げた新作。大きめのサイズ感とトップオープン仕様で、 PCをはじめさまざまな必需品が余裕で入り、物の出し入れもラク。使い込むほどに使い勝手のよさを実感するはず。

【4】バレンシアガの「エブリデイ トート」

【4】バレンシアガの「エブリデイ トート」
白『エブリデイ トートS』・赤『エブリデイ トートS』/赤は一部の直営店限定色・グレー『エブリデイ トート XS』(バレンシアガ ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

目にも鮮やかな赤と白、深みのある力強いグレーが、シンプルなフォルムに映えて、持つのが楽しくなるバレンシアガの「エブリデイ トート」。持つだけでなく見ているだけでも気分を高揚させてくれることだろう。

【5】ジョルジオ アルマーニの「アイコンバッグ」

【5】ジョルジオ アルマーニの「アイコンバッグ」
バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

どんな装いにもマッチするコンテンポラリーなデザインが魅力的なジョルジオ アルマーニの「アイコンバッグ」。アイコニックなデザインは女性からの人気が高く、カラーバリエーション豊富なのもの魅力のひとつだ。

クリスマスに彼女へプレゼントしたいレディースブランドショルダーバッグ


【1】ジェイ ダブリュー アンダーソンの「ピアス バッグ」

【1】ジェイ ダブリュー アンダーソンの「ピアス バッグ」
バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ロエベのクリエイティブディレクターとしても活躍するジョナサン・アンダーソンが自身のブランドでつくる、モード界を席巻中のバッグ。コクのあるオレンジ色は、グレージュのコントラスト配色ともよく合う。カラーコーディネートのひとつに加えてみてはどうだろうか。

【2】ジバンシィの「クロス スリー」

【2】ジバンシィの「クロス スリー」
バッグ『クロス スリー』(ジバンシィ表参道店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ふたつに分かれたアコーディオン構造により、コンパクトなデザインながらも機能的かつ実用的である。ストラップを外せばクラッチとしても使えるので、使い方次第で色々な表情が楽しめる。

【3】セリーヌの「クラシック」

【3】トム フォードの「クラシック」
バッグ『クラシック』(セリーヌ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

街を軽快に歩きたいときにはショルダーに、しっとりとしたディナーにはクラッチにしてと、TPOに応じて楽しめるバッグはアクティブな女性の強い味方。艶やかな白はガラスシリンダーでブラシをかけることで特有の光沢を実現。きらりと光るゴールド金具とのコンビネーションが着こなしにリッチ感をもたらす。

【4】ボッテガ・ヴェネタの「シティ ノット」

【4】ボッテガ・ヴェネタの「シティ ノット」
バッグ『シティ ノット』(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

クラッチバッグ『ノット』のシグネチャー、結び目モチーフの留め金をポイントにした新しいバッグ。長方形のスクエアフォルムとフレンチカーフの凛とした表情が相まって、クリーンなシルエットを描いている。

【5】ロロ・ピアーナの「フラップ・ショルダー・ポーチ」

【5】ロロ・ピアーナの「フラップ・ショルダー・ポーチ」
バッグ『フラップ・ショルダー・ポーチ』(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)

秋の装いに大活躍するのがロロ・ピアーナの「フラップ・ショルダー・ポーチ」だ。中にカードホルダーポケットが付いて、パースとしても使える、機能的で使いやすいと評判のショルダーポーチ。上品で飽きのこない白や落ち着いたベージュと好みに合わせて選んでみてはどうだろうか。

ロロ・ピアーナのバッグ

【6】シャネルの「白バッグ」

【6】シャネルの「白バッグ」
バッグ 上・下(シャネル) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白いキルティング地に、くっきりと鮮やかな黒の縁取りと大きめのダブルCがモード感を加速。バイアスラインがシャープな白バッグには、チェーンとロゴにベージュレザーをあしらい、上品なクリーミーグラデーションに仕上がっている。

【7】ジバンシィの「GV3 ミディアム」

【7】ジバンシィの「GV3 ミディアム」
バッグ『GV3 ミディアム』(ジバンシィ表参道店)

使い勝手のいいサイズで女性からの人気が高いジバンシィの「GV3 ミディアム」。かっちりとしたフレームに、やわらかなレザーをあしらい、ヴィンテージ仕上げのゴールドチェーンとクラスプが映えるバッグ『GV3』チェーンは肩がけができて小脇にもフィットする。プルシアンブルー(=紺青)のゴート×グレーのカーフスエードの組み合わせがシックである。

ジバンシィのストラップバッグ

以上、クリスマスに彼女へプレゼントしたいブランドバッグを紹介した。男性と違って、シーンによって使い分けることが多い女性にとってバッグは、いくつ持っていても困らないことだろう。何をプレゼントしようか悩んでいるなら、バッグという選択肢はどうだろうか。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
2018.9.29 更新
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク