レディース赤バッグコーデまとめ。40代の大人女性の魅力が増す、赤バッグを使った秋のコーデを11選集めました。いつものコーデにプラスして、ワンランク上のおしゃれを楽しみましょう。

【目次】

レディース秋の赤バッグコーデ


【1】赤バッグ×黒ニット×白スカート×ジャケット

【1】赤バッグ×黒ニット×白スカート×ジャケット
ジャケット・ニット(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ジャカード織りのジャケットは、着こなしに表情がつくため一着はおさえておきたいアイテム。コンパクトなシルエットほどスカートと相性もよく、絶妙な甘辛バランスが新鮮! 赤バッグを差し色に女性らしく仕上げましょう。

【2】赤バッグ×ボルドーブラウス×グレーパンツ×ロングジレ

【2】赤バッグ×ボルドーブラウス×グレーパンツ×ロングジレ
ロングジレ(レリアン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、ネックレス(リンクス オブロンドン青山店)、バッグ(ピエール アルディ 東京〈ピエールアルディ〉)、靴(伊勢丹新宿店〈マローン ソリエ〉) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

先染めのグレンチェックが採用されたマニッシュなジレには、華やかなブラウスと赤をリンクさせたバッグを投入して、女らしく仕上げるのが今季の気分です。

【3】赤バッグ×黒ニット×白コート

【3】赤バッグ×黒ニット×白コート
©Afro BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ベージュ×ブラックに深赤のバッグが素敵。カフスの長さ、ウエスト位置などちょっとしたことが今っぽい。肌露出がないのに色気があります。

【4】赤バッグ×白シャツ×ネイビーパンツ×ジャケット

【4】赤バッグ×白シャツ×ネイビーパンツ×ジャケット
ジャケット・パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、シャツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピンブローチ(ミキモト)、時計(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

男性と肩を並べても引けを取らないスーツは、大人のキャリアたるもの、マストでおさえて。インナーにシャツ襟タイプを合わせると堅苦しいので、ノーカラーや小ぶりタイプの襟をおすすめします。

【5】赤バッグ×ボーダーニット×黒パンツ

【5】赤バッグ×ボーダーニット×黒パンツ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ボーダーはカットソーではなく、ニット素材のほうが、大人っぽく仕上がるのでおすすめです。ボーダーニットは黒を選んで、あえてマリンなテイストに仕上げないのもポイント。トッズのバッグは、黒カジュアルの差し色として、出番の多いアイテム。ジュエリーは基本的にはイエローゴールドが合いますが、品よくカジュアルを楽しみたいときには、エルメスのシルバージュエリーを。ローファーはスタッズ付きのRE/DONEで黒カジュアルを更新。赤のバッグを加えて、パリシックに仕上げましょう。

【6】赤バッグ×黒ニット×チェック柄スカート

【6】赤バッグ×黒ニット×チェック柄スカート
ニット・スカート・ピアス・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

一見、クラシカルなモノトーンのチェック柄スカートは、ハイウエスト+イレギュラーヘムがモードな華やぎを醸す一着。黒タートルで上半身をコンパクトにまとめ、優雅さを際立たせるのが大人の流儀。表に見せた接ぎ目がさりげなく、かしこまらないエレガンスを感じさせる決め手です。赤のバッグで遠目にも女力が香る着こなしに。

【7】赤バッグ×黒ワンピース

【7】赤バッグ×黒ワンピース
ワンピース・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

まるでシャツ×スカートを着ているかのように見えるワンピース。上半身の透け感が、極上のフェミニンを香らせます。深い赤が印象的なバッグを添えて、品格あるたたずまいに。

【8】赤バッグ×グレーワンピース×レザージャケット

【8】赤バッグ×グレーワンピース×レザージャケット
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ジャケット(トラデュイール)、ストール(ドゥロワー 丸の内店〈ジョシュアエリス〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

レザージャケットでキリリとした辛口スパイスを添えて、キャリア感を演出。女性らしい一着が新鮮でこなれた表情になります。仕上げに赤バッグを加えて、洗練された印象に。

レディース秋の赤ショルダーバッグコーデ


【1】赤ショルダーバッグ×白カットソー×黒パンツ×カーキジャケット

【1】赤ショルダーバッグ×白カットソー×黒パンツ×カーキジャケット
ジャケット・カットソー・パンツ・バッグ・ピアス・バングル(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈サンローラン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ミリタリーカーキの細身ジャケットを主役に。難度高めのアイテムも、モノトーンとのコントラスト配色で、きりっとタイトに着こなすと、凛としてかっこいいたたずまいが実現。首元や手首の肌見せで軽やかに女性らしさをプラスして。カーキと相性抜群のコクのある赤の差し色も効果を発揮します。

【2】赤ショルダーバッグ×黒ワンピース×ブラウンコート

【2】赤ショルダーバッグ×黒ワンピース×ブラウンコート
コート・ワンピース・バッグ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

やわらかく、暖かなベビーキャメルを使用した、とびきり上質なコート。すっきりとしたシルエットのなかに、ドロップショルダーや、パフスリーブで今年らしいボリュームも感じさせます。黒で襟元を引き締めて、ハイヒールでエレガントにまとめながら、赤をポイントにクラシックモダンに仕上げましょう。

【3】赤ショルダーバッグ×黒ニット×黒パンツ

【3】赤ショルダーバッグ×黒ニット×黒パンツ
パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ニット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

友人でもあるジュエリーデザイナーのアトリエへ、ブーケを手に訪問。鮮やかな赤のスエードに、ゴールドのフリンジが揺れるバッグが今日の主役です。ニットもパンツも、あえて黒でまとめて、お気に入りのバッグを引き立てましょう。