冬におすすめしたい、白シャツを使ったレディースのコーディネートを、ファッション誌『Precious(プレシャス)』より12パターン集めました。合わせるアウターやボトムスを参考に、ぜひこの冬の白シャツコーデにお役立てください。

【目次】

レディース冬の白シャツコーデ


【1】白シャツ×ネイビーパンツ

【1】白シャツ×ネイビーパンツ
シャツ『MONDAY』・パンツ・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ジル・サンダー自身が好んだ最もアイコニックな、襟も身幅もコンパクトな白シャツを使った、メンズライクなスタイリング。すっきりとした比翼ボタンで、ミニマムを極めた美しさが光ります。ネイビーのパンツと存在感のある黒小物で、心も引き締めましょう。

【2】白シャツ×グレージャケット×グレーパンツ×スカーフ

【2】白シャツ×グレージャケット×グレーパンツ×スカーフ
シルクスカーフ(wb)、ジャケット・パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、シャツ(ブラミンク)、ピアス(ケイテン)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

インナーの襟元が寂しいときは、ロングスカーフの出番! 首元に大判スカーフでボリュームをもたせると、もっさり見えますが、ロングスカーフなら布地の分量も抑えられて、フェースラインもすっきり見せられます。

【3】白シャツ×グレージュコート×デニムパンツ

【3】白シャツ×グレージュコート×デニムパンツ
デニム(リー・ジャパン〈リー〉)、コート(ADORE)、シャツ(三喜商事〈バンフォード〉)、イヤリング・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

デニム界の名門ブランドがつくるトレンドデニムなら、大人世代も安心感のあるはき心地です。白のバンドカラーシャツと、グレージュのノーカラーコートで、すっきりと上品にまとめましょう。

【4】白シャツ×黒パンツ×ベージュコート

【4】白シャツ×黒パンツ×ベージュコート
ヴァレンティノのコート・シャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのサングラス・バッグ(ヴァレンティノジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

オーソドックスなシルエットのトレンチは、前立てと裾に配された、ピラミッド形スタッズがポイントに。まるで映画の主演女優のように、毅然とした女性のオーラが漂い、白シャツ&黒パンツに合わせたベーシックな着こなしも、クールに着映えます。

【5】白シャツ×黒ジャケット×黒パンツ

【6】白シャツ×黒ジャケット×黒パンツ
ジャケット・パンツ(ebure)、シャツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス(ボンマジック サロン〈ボン マジック〉)バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈ワンドラー〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ジャケットに袖を通し、前を開けたときの深すぎないダブルの幅やボタンのバランス、肩がけしたときに自然で様になる袖の振りなど、シーンを想定しながら仕立てたというスーツ。気負わず、心地よく着られるごく薄手のウール素材なので、女性のさまざまなシーンで美しく着映えられる一着です。

【6】白シャツ×ネイビージャケット×ネイビーパンツ

【7】白シャツ×ネイビージャケット×ネイビーパンツ
ジャケット・パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、シャツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピンブローチ(ミキモト)、時計(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

男性と肩を並べても引けを取らないスーツは、大人の女性たるもの、マストでおさえて。インナーにシャツ襟タイプを合わせると堅苦しいので、ノーカラーや小ぶりタイプの襟のものをおすすめします。

【7】白シャツ×デニムパンツ×ファーコート

【8】白シャツ×デニムパンツ×ファーコート
デニム・コート・シャツ・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フレアデニムの旬の抜け感を生かして、ラムファーのジャケットコートを先取りした着こなし。インは白のとろみブラウスで軽やかに。足元はエレガントなパンプスを選ぶと、クロップド丈の女らしい肌見せが引き立ちます。

【8】白シャツ×グレージュベスト×グレーパンツ

【9】白シャツ×グレージュベスト×グレーパンツ
ベスト(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シャツ(アオイ〈マントゥ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ピアス・ペンダント・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

カジュアルなモカグレージュのリブ編みニットを知的エレガントに高めるのが、白シャツ+グレーパンツで仕上げたクールグラデーション。着こなしになじむ、温かな艶をたたえたブロンズカラーのバッグで、さりげなくモード感を添えましょう。

【9】白シャツ×ネイビーコート×ネイビーパンツ

【10】白シャツ×ネイビーコート×ネイビーパンツ
ワンポイントは「上に」を意識

こちらは、目線が上にいくよう、オールネイビーカラーのスタイルにホワイトのシャツを差す上級テクニック。ハイウエストのパンツを合わせることで、脚長効果もグンと上がります。

大人のビジネスシーンで使える上品なワイドパンツは1枚あると便利なアイテム。冷え込む日には、ファーのストールなどを合わせて、エレガントに暖をとることをおすすめします。

大人の女性が素敵に見える!仕事で使えるネイビーコートの着こなし4選

レディース冬の白ロングシャツコーデ


【1】白ロングシャツ×カットソー×ネイビーパンツ

【1】白ロングシャツ×カットソー×ネイビーパンツ
シャツ『SUNDAY』・カットソー・パンツ・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ドロップショルダーで、気負いなく着られるビッグシルエットのシャツは、アウターシャツとして、さらりとはおるのもおすすめです。リラックスしながらも白×ネイビーでまとめて、知的なカジュアルに。

【2】白ロングシャツ×デニムジャケット×白パンツ×グレーコート

【2】白ロングシャツ×デニムジャケット×白パンツ×グレーコート
ワントーンで大人っぽく

いつものシャツスタイルに変化をつけたいときの攻略法は、「デニム」使いにありました。グレーコートのなかに白シャツ×白デニムを合わせたスタイル自体は、非のうちどころがなく、とても素敵なのですが、「なんだかつまらない……」。という気分のときに挑戦したいのが、インディゴのデニムジャケットをインするテクニック。アレンジ力がぐんと上がりマンネリも打破できます。

簡単にイメージチェンジがかなうので、物足りなさを感じたときにはGジャンのこなれ感を味方にしてみてください。

脱スタンダード!オシャレに着映える「グレーコート」のアレンジ術

レディース冬の白シャツ×スカートコーデ


【1】白シャツ×黒スカート

【1】白シャツ×黒スカート
スカート・シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、眼鏡(シャネル アイウェア事業部)、ピアス(ジョージジェンセン ジャパン)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

曇りない白のシャツで品よく知的に。ラメ入りのブラックスカートで華やぎを出したぶん、ジュエリーはごくごくさりげなく仕上げましょう。