「ダンヒル」が本格的にライターを開発・販売し始めたのは1914年。つまり1世紀近い歴史があるわけだが、その美しいデザインから収集家も多く、いつからか男のポケットの指定席に収まっている。

機能美溢れるダンヒルのライター

手になじむ美しいデザイン

喫煙の美学を感じさせる装飾美あふれる紳士の必需品

道具としての緻密なメカニズムと、無駄のない洗練されたデザインに男心をくすぐられる。なかでも名品と確信しているのが、『ロンドン ローラライト』と呼ばれるヴィンテージモデル。

独創的なフリント交換機構を備えるモデルだが、秀逸なのはそのフォルムだ。手にしっくりとなじみ、握った瞬間に「火をつける」という存在意義が理解できる。それはまさにプロダクトデザインの真髄といえる、感覚的カタチである。

名品DATA

『ロンドン ローラライト』と呼ばれる写真のオイルライターは、1948年から50年代にかけ、英国内を中心に販売されていた希少品。全国の「ダンヒルブティック」では、年代物の自社製ライターの修理にも対応可。

※2011年夏号取材時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2011年夏号より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク