スチームモップって、どういうポイントで選べばいいの?

蒸気のパワーで汚れを落とすスチームモップを使ったことがあるという方でも、本当にそれがご自宅のケアに適しているのか、ご自身にとって満足のいくものかどうかは、試してみないとなかなかわからないものですよね。なんとなく気になって買ってみたものの、全然活用できていない…! なんて声、意外に少なくないそう。もし、使い勝手が良くて“お掃除が楽しくなってしまう”ような製品があったとしたら…「こんな使い方まで発明しちゃった!」なんてことが起こるかも?

フローリングや壁面のお手入れ、台所の油汚れ、水垢落とし、窓やサッシの汚れ落とし、衣類のシワ取りにも…!

今人気急上昇中の家電ブランド「Shark(シャーク)」が提案するフロアケアのアイテムは「どんどん掃除したくなっちゃう」ヒミツがたくさん! 先日は、“サッとなでるだけでお掃除できる魔法のスティック”のようなコードレスクリーナー「EVOPOWER」に日本限定カラーも追加発売され、テレビや雑誌でも注目を浴びています。

【関連記事】日本限定3つの新色も登場!ブレイク寸前、Sharkのコードレスハンディクリーナー「EVOPOWER」に注目

実はSharkのスチームモップ自体が日本市場にやってきたのは2008年のこと。当時発売されたモデルは累計で300万台を売り上げました。今回はそこからさらに進化した技術を結集させ、いわばSharkのスタートポイントに立ち返るリマスター版でもあるんです! Sharkの製品開発の肝となっているのは、徹底的なモニター調査。製品特長を見てみると「汚れ落としの実力」「直感的に使える」「スマートなデザイン」「清潔さが保てる」…といったポイントは外せないところになっているようですよ!

今回発売されるSharkのスチームモップはそれらのニーズに加え、3つのモチベーションにフィットした展開になっています。“全部乗せ”「2-IN-1 プロスチームモップ」は、衣類スチーマーも付属していて、色々な用途に使えるモップとハンディが一体となった最上位モデル、“床にコミット”する「GENIUS ジーニアススチームモップ」は、徹底的に攻めたいところを攻めるモデル。

そして先述の2製品と少し仕様は異なりますが、“スチームモップ初体験”の方向けのエントリーモデル「STEAM MOP スチームモップ」も用意されています。

Sharkスチームモップのここがスゴい!4つのポイント

日本のフロアケアを徹底的に研究調査し様々なテクノロジーが搭載されているコードレスクリーナーと同様、スチームモップにも、Shark独自の頑固な汚れもしっかり落とすスチーム技術と、使いやすさを重視して開発された「4つのテクノロジー」が搭載されています。

■1:集中噴射も!スチームブラスターテクノロジー

特別なことをしなくてもOK、動きの流れのままエレガントに汚れをやっつけます。

集中噴射でこびりついた汚れをズバッと吹き飛ばす、スチームブラスターテクノロジーを搭載。スイスイとモップをかけながら、汚れが気になるところで「クルッ」とヘッドを反転させると、高温のスチームが「ブワーッ」と集中的に噴射されるというものなんです!頑固な汚れもはがれやすくしてくれるので、しかめっ面をしながらしつこく擦ったりしなくても、何事もなかったかのように「サッと」とエレガントに拭き取ることができます。

■2:汚れを落とし清潔さを保つ!専用パッド

可愛らしい見た目ですが、かなりデキる子です。

水洗いのできるふたつの素材からできている専用パッドが、ホコリと汚れをしっかり吸着。マイクロファイバーが水分と汚れをよく吸い、スクラブ素材が頑固な汚れを取り除いてくれます。

■3:理想をかなえる!インテリ ジェントスチームコントロール

こちらは「GENIUS ジーニアススチームモップ」のコントロールパネル部分。

床や汚れに適したスチーム量が3段階から選べ、ワンタッチで自在に調節できるインテリジェントスチームコントロールを搭載。汚れの種類や掃除面の材質に合わせた、理想的なスチームでお掃除ができます。パッと見てすぐ操作できるのは助かります。

■4:手は汚さない!タッチフリーテクノロジー

ポンっとワンタッチで手軽に着脱可能。

専用パッドをワンタッチで着脱できるタッチフリーテクノロジーもありがたい機能。お掃除で汚れたパッドに直接手を触れなくても、ボタンひとつで「ポンッ」と簡単に取り外しができます。洗濯カゴに入れてそのまま洗い場に持って行けちゃうのはラクちん。お掃除中に汚いものを触ってテンションが下がるなんてこともありません。もちろんパッドを取り付けるときもワンタッチ、すぐにお掃除をスタートできます!

どんなラインナップがあるの?

■1:ハンディでも使える!全部乗せモデル「2-IN-1 プロスチームモップ」

Shark「2-IN-1 プロスチームモップ」本体サイズ:高さ1,118 x 幅298 x 奥行246mm 本体重量:約4.1kg 付属品:専用パッド(2枚)、衣類用スチーマー、小型ポケット、ツールとパッド(付属ホース付き)、注入容器 カラー:白 x ブルー 保証期間:1年間 市場想定価格:¥18,000

広い床にも、床上の細かい場所も、両方使えるモップとハンディが一体となった最上位モデル。取り外しもスムーズにできて、キッチンの油汚れや洗面台の水垢、浴室のカビなど思いつくところすべてをお掃除したくなっちゃいそう。付属品も豊富。付属ホースは細かい場所の気になる汚れをズバッと直接洗浄でき、小型ポケットツールと組み合わせると、移動しながらでも手の届きにくい狭い場所までお掃除ができます。衣類用スチーマーにして、衣類やファブリックなどのシワ取りにも使えるのがうれしい!

■2:床掃除に徹底的にコミット「GENIUS ジーニアススチームモップ」

Shark「GENIUS ジーニアススチームモップ」本体サイズ:高さ1,124 x 幅298 x 奥行175mm、本体重量:約3.5kg 付属品:専用パッド、三角ヘッド、ブラシ付き三角パッド、注入容器 カラー:白 x ブルー 保証期間:1年間  市場想定価格:¥15,000

床の隅々まで徹底的にきれいにすること、さまざまな床の汚れを徹底的に落とすことに特化したモデル。キッチンや洗面所、玄関など汚れた床を徹底的にお掃除できます。三角ヘッドを使って部屋の四隅や家具のすき間も簡単キレイに! お掃除が楽しくなるスタイリッシュなデザインと日本オリジナルカラーにも注目です。


■はじめての体験なら…!「STEAM MOP スチームモップ」

本体サイズ :高さ1,085 x 幅280 x 奥行145mm 本体重量:約1.7kg 付属品:専用パッド(2枚)、注入容器 カラー:白 x グリーン 保証期間:1年間 市場想定価格:¥11,000

軽量で操作も簡単。スチームモップを初めて使ってみるという方や、使う範囲が限られている方、カジュアルなサブ機としては公式WEB限定販売のエントリーモデルもおススメ。コンパクトなモップヘッドで届きにくいスペースもきれいにお掃除。水洗い可能な専用パッドのマイクロファイバーが汚れを吸収して取り除きます。自立式モップと着脱式給水タンクが、掃除するときも収納するときも便利ですよ!


100℃を超える高温ドライスチームが、掃除機で取れない汚れもラクラクお掃除してくれるスチームモップ。水だけで洗浄することができるので、床に化学物質が残る心配もなくカラダや家にも安心安全。スチームパワーは99.9%除菌(*)もしてくれるとのことで、つらい拭き掃除やこすり落としから解放してくれる頼もしい存在になってくれそう。日本人の平均体型に合わせた持ちやすさなどへの配慮も随所に施されているので、肩や腰に負担をかけず、思い立った時にすぐフロアケアができるのは嬉しいですね。

*Shark調べ。除菌試験はIntertek Laboratories, Inc. により実施。詳しくは公式WEBでご確認ください。

どこで買えるの?

写真左から/Shark「2-IN-1プロスチームモップ」市場想定価格:¥18,000GENIUSジーニアススチームモップ」市場想定価格:¥15,000STEAM MOPスチームモップ」市場想定価格:¥11,000(すべて2018年11月2日発売)

少し値段の張るイメージが強い海外発の家電ブランド製品ですが、今回のスチームモップシリーズは意外に手に取りやすい価格ゾーン。機能・性能とのバランスも優秀です。そろそろ年末年始の足音も聞こえ始めたシーズン、平成の終わりに一度やったことのないくらい断捨離や大掃除でも…なんて方におすすめかも(笑)

「2-IN-1 プロスチームモップ」「GENIUS ジーニアススチームモップ」は2018年11月2日から、国内家電量販店のほか、各WEB SHOP、公式サイト等にて販売されます。なお「STEAM MOP スチームモップ」は公式サイト限定での販売となっています。スペックや取扱店舗一覧などの詳しい情報は、公式WEBにてご確認を!

※掲載した商品はすべて税込です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。