ハワイ語で「メレ・カリキマカ」と言い交わすハワイでも、もちろんメリー・クリスマスの時期は到来する。煙突もなく、トナカイのソリが滑る雪もないハワイでは、サンタクロースは海からアウトリガーカヌーに乗ってやってくることに決められていた。12月下旬に滞在していたオアフ島で、赤い半袖のサンタがクヒオビーチの西側に上陸してくる恒例のイベントに遭遇したことがある。常夏のハワイであっても、この時期はプレゼントを渡さなければならないし、受け取らなければならないのである。

 サンタクロースの赤い衣装と同じくらいギフト魂を刺激するのが、ティファニーのあの特徴的なブルーである。世界中のこの時期、白いリボンが結ばれたあの色のボックスがちらりとでも覗けたら、期待に胸が高鳴るだろう。小さな銀のチャームから腕時計、ハイジュエリーまで。ティファニーとそのギフトは様々に揃い、常にひとを喜ばせながら、小生たちの人生と並行して歩む。

 そのティファニーで強く勧めたいのが「イースト ウエスト」である。そもそも、有名なティファニーの1940年代につくられたトラベルクロックからインスピレーションを得て考案された腕時計である。そのため誕生した長方形のフォルムを横向きに使うアイデアは、とびきりアイコニックな腕時計のデザインに昇華した。常識を覆すように非日常的であることは、この品の「ギフト度」を高めている。特別な品が特別なシーズンに送られてこそのギフトなのである。

ティファニーの本格的な機械式モデル「ティファニー イースト ウエスト オートマティック」

「ティファニー イースト ウエスト オートマティック」は本格的な機械式モデル。ギョーシェ模様を施した文字盤に、インデックスの3と9だけを大きくしたデザインの、遊び心のあるダイナミズムも洗練を感じさせる。上/●ホワイトギョーシェ文字盤×ゴールドインデックス ●18Kローズゴールド ¥1,630,800・中/●ステンレススチール ●ホワイトギョーシェ文字盤×ゴールドインデックス ¥648,000・下/●ステンレススチール  ●ブルー ギョーシェ文字盤×シルバーインデックス ¥648,000 共通/●自動巻き ●ケースサイズ46.5×27.5㎜ ●アリゲーター革ストラップ ●パワーリザーブ40時間 ●防水30m(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

1940年代に作られたティファニーのトラベルクロック

デザインの源点となった、ティファニーの瀟洒なトラベルクロック、1940年代。横広のデザインがそのまま腕時計に活かされている。

 しかも「イースト ウエスト」は、人をいっとき喜ばせるだけの品ではない。デザインの秀逸さはもちろんのこと、男性が最も好むだろう最大(ラージ)サイズのモデルには、スイス製の機械式ムーブメント搭載モデルがラインアップされている。ティファニーの有名な機械式時計「CT60」と伍す、本格機械式時計なのである。もしもらえるのならそれに越したことはないが、自分へのギフトにも奢りたい。もっとも、クォーツモデルも性能が高く、全シリーズを通して仕上げが優れているのは、さすがに世界的なジュエラーである。贈っても、贈られても誇らしい。ラージ・スタンダード・スモールの3サイズで、ダイヤモンドセッティングのモデルなどバリエーションも豊富なので、男性から女性への先手を取った贈り物やお返し、またはペアウォッチ・シェアウォッチの提案もしやすい。

世界に先駆けて日本で先行販売される新作「ティファニー イースト ウエスト ミニ」

「ティファニー イース ウエスト ミニ」ティファニーブルーとホワイトの2色でカラーブロックのデザインを施したのが「ミニ」の新作。世界に先駆けて日本で先行販売される品は、プレゼントに最適だ。●ステンレススチール ●ティファニー ブルー×ホワイト文字盤 ●ケースサイズ37×22mm ●カーフ革ストラップ ●クオーツ ●30m防水 ¥469,800(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 

 シェアウォッチとしても最適な「ティファニー イースト ウエスト 2ハンド」

上記で紹介したモデルのペアウォッチとして提案したいのが、こちらの「2ハンド」のティファニーブルー文字盤モデル「ティファニー イースト ウエスト 2ハンド」だ。●ステンレススチール ●ティファニーブルー文字盤×シルバーインデックス ●ケースサイズ42×25mm ●アリゲーター革ストラップ  ●クオーツ ●30m防水 ¥496,800(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

 さらに今年は、ティファニーブルーとホワイトの2色でカラーブロックのデザインを施した「イースト ウエスト ミニ」の新作が、世界に先駆け11月から日本で先行発売される。色だけでもアイコニックな存在は、ティファニーを身につけることの満足感に直結する。ティファニー本店があるニューヨークではアイルランド系が多く、聖パトリックの日に緑色のものを身につけるのが常識である。同様にティファニーブルーは、特別な日を想わせる幸せの色なのである。

※価格税込価はすべて税込価格です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
桐蔭横浜大学教授、博士(学術)、京都造形芸術大学大学院博士課程修了。著書『腕時計一生もの』(光文社)、『腕時計のこだわり』(ソフトバンク新書)がある。早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校・学習院さくらアカデミーでは、一般受講可能な時計の文化論講座を開講。