自転車保有率ひとり1.1台の自転車大国オランダにおいて、最も高い信頼性を寄せられている自転車メーカーが「ガゼル」である。1892年創業の老舗でありながら常に進化し続けるスタンスをくずさず、最先端の技術やデザインを積極的に取り入れ、プロダクト・デザインが盛んなオランダのデザインアワードも数々受賞している。

デザイン美と乗り心地が他の追随を許さない!

後輪にガードが付けられた伊達男のための自転車

●1892年創業●1992年オランダ王室御用達/1世紀以上の歴史を持つオランダ生まれの自転車ブランド「ガゼル」。通勤からクラシックコンサ ートまで自転車で行く国民性からか、正装のロングコートが車輪にからまないようドレスガードが取り付けられているのも同社の大きな特徴。「ブルックス社」製のレザーサドルもクラシック感満載だ!『ツアーポピュラーT 3』(スキ ポール〈ガゼル〉)

とはいえ、伝統的なダッチバイクの特徴である65度のフレーム角度を持つたたずまいに惚れるファンも多い。意外に知られていないが、オランダは塗料の発達した国でもあり、高級ヨーロッパ自動車の多くに同国製の塗料が使われている。

ガゼルのカラーリングには環境に配慮した水性塗料が使われており、豊かな色彩がまた大きな魅力でもある。その完成度の高い美しさと快適な乗り心地は、一度味わうと他の自転車が視界に入らなくなるほど。創業100周年目の1992年に王室女王よりロイヤルダッチの称号が与えられた、名実共にオランダを代表する名品だ。

BRAND STORY

自転車大国オランダで100年の歴史を誇る老舗メーカー。創業100周年を迎えた1992年に王室御用達の栄誉を与えられ、名実ともにオランダを代表する企業となった「ガゼル」。写真は1930年~40年ごろのもので、生真面目に作業する職人たちの姿に、自転車愛が感じられる。伝統のフレームを継承する、質実剛健なダッチバイクの名車は、こうしたたゆまぬ努力の歴史の結晶なのである。©Koninklijke Gazelle N.V./Schiphol Inc

※2011年春号取材時の情報です。※価格は税込みです。

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
パイルドライバー