スイスの高級時計ブランド「ティソ」。数多あるコレクションの中で注目なのが今回紹介する「シュマン・デ・トゥレル」だ。

モデル名はスイス時計産業の中心地ル・ロックルにある地図に載ることもない短い小道の名前に由来する。実はティソはこの小道に1907年に工房をつくり、数々のイノベーティブな時計を生み出してきた。「本質を求める人々のために本物のウォッチをつくる」というブランドのDNAを胸に日々踏みしめてきたこの小道。その名を冠したモデルは、ブランドの源流を体現したコレクションと断言できる。

1853年創業の老舗時計ブランドが掲げる品質と信頼

ティソの源流を体現した「シュマン・デ・トゥレル オートマティック」

左/¥95,000・右/¥83,000(スウォッチグループジャパン/ティソ事業本部)※価格は税抜です。

この「シュマン・デ・トゥレル オートマティック」は、オーソドックスな3針モデルだが、最大80時間の長時間稼働が優秀な「パワーマティック80」が標準で採用されている。またニューフェイスとしてブルーとガンメタルカラーがラインナップに加わった。

ブルーはスーツスタイルに華やかさとこなれた印象を演出し、日本名では濃藍に表現されるような落ち着きと品性を奏でる色だ。繊細なサイレン装飾の仕上がりのダイアルと相まって、月夜に照らされた海面のごとく、神妙な輝きを放つ。風格あるガンメタルカラーは、ケースの上品なローズゴールドカラーと響きあい、気高いオーラを感じさせる。その確かな由来から来る格調と埃が漲るティソらしいタイムピースではないだろうか。

この記事の執筆者
メンズクラブ編集長を務めた経歴をもつベテラン編集者。ファッション以外にも、モノや歴史、文学など幅広い知識を持つ。その経験豊富な知識を生かし多彩なジャンルで執筆する経験豊かな編集者。