レディース冬の白靴コーデまとめ。白パンプスや白ローファー、白スニーカーなど、大人の女性におすすめの白靴コーデを21選集めました。この冬はぜひ足元に清潔感のある白を取り入れてみてください。

【目次】

レディース冬の白靴コーデ


【1】白ストラップサンダル×ネイビーワンピース

【1】白ストラップサンダル×ネイビーワンピース
ワンピース・バッグ『モントレゾール』・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ノーブルなネイビーのベルベットのミディ丈ドレス。肩の程よい肌見せが女性らしい華やかさを表現してくれます。靴&バッグは白でまとめて、着映えのアクセントに。

【2】白ローファー×カーキニット×ブラウス×黒パンツ

【1】白ローファー×カーキニット×ブラウス×黒パンツ
ニット・シャツ・パンツ・イヤリング・バッグ・靴(セリーヌ ジャパン) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

上級なオークルカラーは、ともすると難度が高く思われがちだけれど、白ブラウスの襟をのぞかせることで顔周りに凛とした清潔感が漂います。ドロップショルダーや、たっぷりとした袖や身ごろ...。程よいオーバーサイズ感は全身バランスを新鮮に見せるだけでなく、カシミヤのふんわりと幸福な質感を教えてくれます。足元にはトラッド感のある靴を合わせて、おしゃれセンスをアピールしましょう。

【3】白パンプス×ネイビーコート×グレーワンピース

【2】白パンプス×ネイビーコート×グレーワンピース
コート(ジョルジオ アルマーニジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)・ワンピース(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・リング(フレッド)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ミニマルなデザインに、カシミヤの最上級のクオリティーが際立つコート。オケージョンを選ばないうえ、38サイズで着丈108cmのロング丈なので、ボトムも選ばない万能選手。ベーシックなデザインを極上のカシミヤで仕上げたエターナルな一着です。靴&バッグでホワイトを差して、全体を上品にまとめましょう。

【4】白ブーツ×白ニット×ベージュワイドパンツ×大判ストール

【3】白ブーツ×白ニット×ベージュワイドパンツ×大判ストール
大判カシミヤストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、カシミヤニット・パンツ(ブラミンク)、ボールチェーン・ホワイトアゲートのペンダントトップ・右手中央のブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、右手のブレスレット・奥のダイヤモンド(ケイテン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

この冬、大活躍しそうなベージュのワイドパンツには、程よいフィット感のクルーネックセーターを、ぜひとも華やかな「白」で。靴もクラシックな白の男靴が好相性。清潔感のある大人のトラッドが完成します。

【5】白ローファー×黒ジャケット×白タンクトップ×デニムパンツ×ストール

【4】白ローファー×黒ジャケット×白タンクトップ×デニムパンツ×ストール
ラムスキンのジャケット・タンクトップ・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ピアス・リング(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈ハム〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ここではおっていたのがニットアウターだったら…この洗練感は生まれなかったはず。カットソー×デニムというおなじみの合わせも今どきに導く、レザーアウターの実力を感じましょう。袖口を開け、素肌をのぞかせてラフさを加味すると、デニムのカジュアル感とちょうどいいバランスに仕上がります。足元には清潔感のあるドライビングシューズを合わせて、軽快な印象に。

【6】白パンプス×ファージャケットコート×白シャツ×デニムパンツ

【5】白パンプス×ファージャケットコート×白シャツ×デニムパンツ
デニム・コート・シャツ・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フレアデニムの旬の抜け感を生かして、ラムファーのジャケットコートを先取りした着こなし。インは白のとろみブラウスで軽やかに。足元はエレガントなパンプスを選ぶと、クロップド丈の女らしい肌見せが引き立ちます。

【7】白ローファー×グレージュニット×水色パンツ

【6】白ローファー×グレージュニット×水色パンツ
ニット(edit &co〈. YURI PARK〉)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(シーエイチ キャロリーナ ヘレラ銀座店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ハイゲージのタートルニットと細身パンツのベーシックアイテム同士の組み合わせ。配色バッグを筆頭に、グレージュベルトの時計やトラッドローファーの存在感が際立ちます。

【8】白ローファー×ベージュニット×グリーンパンツ×ストール

【7】白ローファー×ベージュニット×グリーンパンツ×ストール
ニット(VINCE 表参道店)、パンツ(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、ピアス・バングル(ウィム ガゼット 青山店〈フィリップオーディベール〉)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

グレージュの柔和な表情とカシミヤの上質なテクスチャーで魅せる、ストールを小粋に巻いたニットスタイル。程よい光沢感のあるボトルグリーンのテーパードパンツが、着こなしに透明感を生みます。光沢感のあるローファーを合わせれば、上品カジュアルの完成です。

レディース冬の白スニーカーコーデ


【1】白スニーカー×グレーパンツ×カーキニット

【1】白スニーカー×グレーパンツ×カーキニット
パンツ・バッグ『ピーカブー エックスライト』・別売りのFFロゴのショルダーストラップ・ニット・サングラス・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

カーキ×グレーのニュアンスコーディネーとはホワイトスニーカーで色調バランスをとればスタイルよく仕上がります。新作のバッグは、仕切りのないつくりの、軽くてソフトな大容量バッグは仕事でも活躍してくれそう。

【2】白スニーカー×白ニット×白パンツ×ファーストール

【2】白スニーカー×白ニット×白パンツ×ファーストール
バッグ『ラナウェイ』・別売りのブルーのハンドルストラップ・ニット・パンツ・ストール・別売りのハンドルストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

伝統的なインレイ手法で、グレーに黒と白のファーを少量ミックスした、ボリューム感のあるフォックスのストールをひと巻き。こなれ感のあるスニーカーで、軽快さと遊び心を添えましょう。

【3】白スニーカー×白ニット×グレーパンツ×グレージュコート

【3】白スニーカー×白ニット×グレーパンツ×グレージュコート
和光のコート・クルチアーニのニット・ペセリコのパンツ・リンドバーグのサングラス・ブチェラッティのイヤリング・リング・マウロ・ゴベルナのバッグ(和光)、靴/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

高級感あふれるグレージュのコートは、肌映りがいいアイボリーのタートルニットを合わせて、女性らしく清潔感が香る着こなしに。取り外し可能で便利なボリューム感あるフォックスファーが、顔周りを華やかに演出してくれます。足元は清潔感のあるスニーカーを合わせて、軽快感を演出しましょう。

【4】白スニーカー×白ムートンファージャケット×白パンツ

【1】白スニーカー×白ムートンファージャケット×白パンツ
カシミヤパンツ・ムートンファージャケット・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

Aラインシルエットに愛らしさが漂う手の込んだシアリングファーのムートンジャケットに、ワイドシルエットに大人の余裕が香るベビーカシミヤニットパンツを合わせて。スニーカーまで美しいホワイトでまとめた装いに、グレージュバッグのシックな差し色が映えます。

【5】白スニーカー×白コート×ベージュニット×ベージュパンツ

【2】白スニーカー×白コート×ベージュニット×ベージュパンツ
エキップモンのニット・カレント エリオットのパンツ(サザビーリーグ)、コート(ebure)、ペンダント・リング(ミミ GINZA SIX 店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

メランジュ調のグレージュニットからニュアンスホワイトをコートにつなげて、全身の明度をアップ。アルパカウールのシャギー生地で仕立てたオーバーサイズシルエットのコートで旬の空気感をまとえば、着映え力満点の着こなしに。足元は軽快な白のレザースニーカーで清潔感漂うスポーティーさをプラスしましょう。

【6】白スニーカー×オレンジコート×ニット×ジレ×グレーパンツ

【3】白スニーカー×オレンジコート×ニット×ジレ×グレーパンツ
コート・ジレ・ニット・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ロロ・ピアーナの真骨頂、ベビーカシミヤのコートは、包み込まれるような極上の着用感。ダブル構造の高密度ジャージー生地が、軽やかな着心地と、風を通しにくい暖かさを両立しています。ベージュ×オレンジのリバーシブルコートに、カシミヤのロングジレをレイヤード。プロンジェレザーのサッシュベルトをきゅっと巻いて、大人の余裕が漂う、クリーンでエレガントな装いを楽しみましょう。

【7】白スニーカー×グレーニット×グレーパンツ×バンダナ

【4】白スニーカー×グレーニット×グレーパンツ×バンダナ
ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、パンツ(エンフォルド)、バンダナ(エルメスジャポン)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉)、バッグ(ファビオルスコーニ 六本木店〈ファビオルスコーニ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ファッションブロガーのように、トリコロールカラーのバンダナと白のスニーカーでグレーの装いに抜け感をプラスしましょう。

【8】白スニーカー×ニットコート×グレージュブラウス×パンツ

【5】白スニーカー×ニットコート×グレージュブラウス×パンツ
ニットコート・ブラウス・パンツ・ティペット・バッグ・スニーカー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベビーカシミヤのジャカードニットコートは、グレージュトーンのシェブロン柄が着映えポイント。襟元にファーを配してリッチ感を強調しつつ、足元はスニーカーで外す。テイストミックスで格上のセンスを香らせましょう。

【9】白スニーカー×ロングカーディガン×ラビットファーベスト×パンツ

【6】白スニーカー×ロングカーディガン×ラビットファーベスト×パンツ
ロングカーディガン(アパルトモン 東京店〈アパルトモン〉)、ラビットファーのベスト・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

アウターを2枚重ねると、カジュアルは断然、リズミカルに洗練されます。そんな鮮度を上げるレイヤードで、グレージュの新たな魅力に開眼! 足元はホワイトスニーカーを合わせて、清潔感を出しましょう。

【10】白スニーカー×グレージュニット×グレーパンツ×ストール

【7】白スニーカー×グレージュニット×グレーパンツ×ストール
ニット(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、バッグ(エストネーション〈ザネラート〉)、ストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレージュでそろえたニットとバッグ、グレーのストールとパンツで全体をニュアンストーンでまとめた装いに、クリアな白のスニーカーとゴールドジュエリーを効かせれば、少量でも印象深いメリハリが生まれます。

【11】白スニーカー×白コート×白ニット×白ワイドパンツ×スヌード

【8】白スニーカー×白コート×白ニット×白ワイドパンツ×スヌード
カシミヤのコート(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ウールのニット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スヌード(ステディ スタディ〈イヴ サロモン〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ほのかなベージュに美シルエットが映えるダブルフェースのコート。オフ白の細見えIラインにより、淡色が引き締まり、濃色スヌードも高い位置でスタイルアップ効果が狙えます。スニーカーまでホワイトを選択して、リッチカジュアルを満喫しましょう。

【12】白スニーカー×白ニットブルゾン×白パンツ×ストール

【9】白スニーカー×白ニットブルゾン×白パンツ×ストール
カシミヤのニットブルゾン・カシミヤのストール・コットンストレッチのパンツ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、バングル・時計(ブルガリ ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ワッフルのような編み目から生まれるニットの陰影が、カシミヤの優しい質感を引き立てるブルゾン。重ねた白が絶妙なトーンで、異素材の組み合わせから表情も豊かに。スニーカーなど、スポーティーな小物を選んでも、バッグだけはトップハンドルでエレガントに仕上げましょう。

【13】白スニーカー×ファージレ×白ニット×ネイビーパンツ

【10】白スニーカー×ファージレ×白ニット×ネイビーパンツ
ファージレ(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(Theory〈Theory〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

大人の白ファーは、甘くなりすぎず、媚びのないスタイルを導く一着を厳選しましょう。自然にカールしたランダムな質感がニュアンスを生むファージレは、チベットの高地に生息するチベタンラムとカシミヤゴートをかけ合わせたユニークな存在感。スポーティ感漂うスニーカーとの相性もバツグンです。