昨年は、標高差表示、コンパス、レガッタ計測など多彩な機能を持つ「T-タッチ エキスパート ソーラー II」が話題をさらう、いわば革新の年であったが、今年は伝統的コレクションをベースにモディファイした新作が注目を集めた。とりわけ強い存在感を見せたのが、「シースター 1000 オートマティック」だ。

スーツスタイルに映えるティソのダイバーズウォッチ

「シースター 1000 オートマティック 日本スペシャルモデル」

ブラックの文字盤にキャンバスストラップをセットした日本限定モデル。Ref.T120.407.17.051.00 ●自動巻き(POWERMATIC 80.111) ●ステンレススチール ●ケース径43mm ●30気圧防水 ¥86,400(ティソ/スウォッチ グループ ジャパン)

ティソは、腕時計の技術革新に早くから取り組んでいたことで知られ、1930年代には耐磁性を備えたアンチマグネティックウォッチ、1938年にはねじ込み式リューズとスクリューバックの防水時計を開発。1950年代には、初のダイバーズウォッチ「ティソ シースター」を発表している。「シースター 1000 オートマティック」はこの歴史的ヘリテージの名を継承し、300mの防水性能を備えた正統派ダイバーズウォッチとして誕生した。

「シースター 1000 オートマティック」(ラバーストラップ)

水を感じさせるブルーグラデーションダイヤル。ラバーベルト仕様。T120.407.17.041.00 ●自動巻き(POWERMATIC 80.111) ●ステンレススチール ●ケース径43mm●30気圧防水¥86,400(ティソ/スウォッチ グループ ジャパン)

「シースター 1000 オートマティック」SSモデル

フォールディングセーフティークラスプとダイバー用エクステンションを備えるスレンレススチールブレスレットを採用。T120.407.11.051.00 ●自動巻き(POWERMATIC 80.111) ●ステンレススチール ●ケース径43mm●30気圧防水 ¥89,640(ティソ/スウォッチ グループ ジャパン)

そのスタイルは凛として剛。セラミック製の逆回転防止ベゼルや、蓄光仕様で水中での視認性にも優れた太針とインデックスからは、ヒストリカルな潜水時計にインスパイアされた意匠が見て取れる。

一方で、現代的解釈も取り込まれ、光の反射で表情を変えるサンレイ仕上げを施し、アワーマーカーをあえてコンパクトにした上品な文字盤は、ビジネスシーンや、カジュアルなタウンユースとの相性もいい。スケルトンバックから動きを鑑賞できるムーブメントは自動巻きで、ティソのスタンダードドレスウォッチ「シュマン・デ・トゥレル」や「ル・ロックル」にも採用される最新のPOWERMATIC 80.111を搭載。

最大80時間というロングパワーリザーブやデイト表示といった、申し分のない実用性も備えている。ラインナップは文字盤カラー、ベルト素材の異なる3タイプを用意。特にベルトはステンレスブレスレット、ラバー、キャンバスストラップがあるので、スタイルに合わせた選択も可能だ。

ダイバーズの系譜を感じる納得のデザイン、実用性、価格という特徴は、まさしく今年買うべき1本といえるだろう。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
WRITING :
安藤政弘
TAGS: