エプソンといえばプリンターや、プロジェクタなどの情報関連機器をイメージするかもしれないが、エプソンの創業事業はウォッチであり、1942年に創設以来、一貫して国産ウォッチの開発・製造を続け、1969年には、腕時計の歴史的イノベーションとなったクオーツウォッチの開発に世界で初めて成功している。ここ数年の秀抜は、2012年に登場したGPS機能付きランニングウォッチ「Wristable GPS」。

高性能GPSチップやセンサーを使った高精度なセンシングや長時間駆動、幅広いトレーニングに対応する機能性によって、現在もGPSランニングウォッチ市場で特別な存在感を放っている。このGPSセンサー、気圧・高度センサー、方位センサーといった独創的なセンシング技術に、創業時から磨き上げてきた水晶振動子と半導体技術による高い精度を融合。

センシングしたデータの表示を、複雑な機構のアナログ運針で実現したのが2017年に誕生した「TRUME(トゥルーム)」だ。「TRUME」とは、「TRUE(真実)」と「ME(自分)」を重ねた造語であり、“真実の自分を見つけるための人生の羅針盤”という思いを込めて命名されたという。

マルチファンクションだけではなく、高品質な素材や高品位な仕上がりにもこだわり、細部まで徹底的に作り込まれたタイムピースからは、上質を極めたアナログウォッチを目指す心意気が伝わってくる。

アナログ表示のバリオメーターも搭載

エプソン「TRUME S Collection」

左/TR-MB7006  ●クオーツ ●チタンケース&レザーバンド(チタンメタルバンド付属) ●ケースサイズ縦57.2mm×横46.3mm ¥250,000・右/TR-MB7007 ●クオーツ ●チタンケース&レザーバンド(チタンメタルバンド付属) ●ケースサイズ縦57.2mm×横46.3mm ¥260,000(共通機能)●駆動方式:ライトチャージGPS衛星電波修正●風防:サファイアガラス(両面無反射コーティング)●内蔵センサー:GPSセンサー(GPS、準天頂衛星システム「みちびき(初号機)」対応)、 気圧・高度センサー 方位センサー●防水10気圧防水(日常生活用強化防水)

「TRUME」のコレクションは4タイプ。デビューと同時に発表されたファーストモデル「L Collection」、マリンからインスピレーションした「M Collection」、シティをコンセプトにした「C Collection」。そして今回2018年の逸品にセレクトした、空への憧憬をスタイリングに活かす「S Collection」だ。

「S Collection」第一弾モデルのテーマは、「アビエーター」。文字盤にはグライダーなどに搭載されているアナログバリオメーター(昇降計)や高度計、気圧計、コンパスを備え、2時と10時位置にメタルリングを配置した航空計器を思わせるコックピットデザインが施されている。

さらに、計測データの表示には計器に用いるメーター書体を使用。数値を瞬時に読み取れるように、センター針と時分針の先端と尾端は異なるカラーが用いられている。ケース側面は、使い込んだツールのような経年感を表現するため、独自の「ストーンフィニッシュ」で仕上げ、パートによってサテン、鏡面と仕上げを変えることで顕表されたビンテージ感を演出。アヴィエーションウォッチのエポックとして、大人の所有欲を刺激する。

性能面ではGPS衛星電波だけで現在位置のタイムゾーンを特定し、29都市と39のタイムゾーンの正確な時刻を表示するGPSモジュールや、きめ細かい省電力制御で実動作時間を高め、室内光でも充電可能なソーラーシステムなど、世界最高峰のテクノロジーを凝縮。

登録地点から現在地までの距離と方向をアナログ針で示すウェイポイント機能も搭載される。各機能を簡単に呼び出せる操作性を有し、ストレスを感じることはない。使うごとに愛着とツールとしての素晴らしさを実感できる「S Collection」。同時にこれからも「TRUME」へのコレクションに対する期待は尽きることがない。

航空計器から着想したデザインと高い視認性を兼備した文字盤。アナログバリオメーターを10時窓に搭載。計測結果を2つのインダイヤルとセンター針で表示。最大値を超えると針が震える演出も施されている。文字板裏側にはソーラーパネルが装備され、3日以上光を感知しないと針の動きを一時的に止めたり、屋内外識別し屋内ではGPS電波の受信を停止するといった省電力機能も採用される。
  • レザーバンドの裏面には、柔らかく肌なじみのいいホーウイーン社製クロムエクセルレザーを採用。TR-MB7007は表面も同レザーが、MB7006はグレーのカーフレザーが使われている。
  • 縫製はいずれもフランス仕立て。さらにTR-MB7007はブラック、TR-MB7006はシルバーのチタンメタルバンドが付属する。
※価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
主にモノ雑誌を中心に’80年代から活動するライター。トレンド製品や斬新な着想から生まれたガジェット全般の執筆に取り組む一方で、腕時計やバッグ、シューズといった、男の逸品をテーマにした記事も手がけている。
WRITING :
安藤政弘
TAGS: