対立するパンツブランド界にあって、マーケットを見据えた新モデルを的確に提案するジーティーアー。派手さはなく、いぶし銀のような存在だが、ピッティ・ウォモで大きな出展ブースを構えるだけあり、提案されたパンツへの信頼は厚い。

正統派のディテールを生かしモダンなシルエットで迫る

グレーパンツとの対比が美しいキャメルカラーのジャケットと相性抜群!

パンツ¥32,000(八木通商〈ジーティーアー〉)ジャケット¥240,000〈リングヂャケット206〉・ベルト¥22,000〈アンドレア・グレコ〉/以上リングヂャケットマイスター 青山店 ニット¥94,000(タイ ユア タイ 青山) シャツ¥28,000(トレメッツォ〈バグッタ〉) タイ¥28,000(ブライスランズ) ソックス¥4,500(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈フィオリオ〉) 靴¥98,000(B.R.SHOP〈フラテッリ ジャコメッティ〉)※税抜。参考価格

上質なキャメルヘアのジャケットでとグレーパンツの相性は抜群! 足元はスエード靴で合わせることで落ち着いた雰囲気に仕上がる。

着用した写真では、股上はやや浅く、ワンプリーツが品のよいディテールになっている。大腿部周辺は、ほどよくフィットして、ひざから下は広めのストレートライン。クラシックな要素を取り入れながら、今の時代に合ったモダンな雰囲気をかもし出す。オーソドックスなミディアムグレーのフランネル生地が好印象だ。

※2017年秋号取材時の情報です。
この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2017年秋号8大ブランドのグレーパンツ徹底はき比べ調査より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/川田有二(人物)、池田 敦(パイルドライバー/静物) スタイリスト/四方章敬 モデル/Seigo 撮影協力/スタジオ バスティーユ 構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)
TAGS: