この秋冬、ひと目ぼれをして買ってしまったアイテムに
ムートンファーのロングジレがあります。

ひざ丈で、下半身までしっかり暖かいのも、これからの季節には嬉しいところ。ジレ/カール ドノヒュー ニット/ユニクロ パンツ/インコテックス サングラス/マックスマーラ バッグ/DRAGON 靴/J.M.WESTON

ジレっていつ、どんなふうに着るの? と
私自身も迷うところはあったのですが、
表が白のファー、裏がグレージュのスエードと
2WAYになったジレのかわいさと
便利そう…という印象から、ついに購入。

そしていざコーディネートしてみたら、
これが本当に便利なのです。
晩秋のコート未満の寒さのときはもちろんですが、
今日のように日中の気温が20度近くまで上がって
12月にしては珍しく暖かい日などは
コートを着て、電車のなかで汗をかくよりも
カシミアニットにジレのほうが快適なのがわかりました。

コーディネートはジレの白を生かして、
白~淡いグレージュのワントーンで。
季節外れの日差しのなかでも、明るい色味だと
暑苦しく見えないのもいいですね。

後ろ身頃がリブニットになっているので、すっきり見えるのもポイント。ニット×ジレ×はおりものと重ねても、着ぶくれしません。ジレ/グッチ

さて、そんなジレの便利さに最初に気づかせてくれたのが
グッチの腰丈のファージレでした。
前面はミンク、背面はニットというのも軽やかで着やすく
数年来の秋冬のパートナーになっています。

本格的に寒くなったら、どう着るの? という疑問が
ついてまわる、このファージレですが、
私の場合は上から厚手のカシミアストールをはおる、
あるいは、これまた数年来愛用している
カシミアのマントをはおる…という作戦でしのいでいます。
寒いけれど、ダウンではエレガントさに欠けると
思われるような予定がある日は、
このファージレ×はおりものが活躍なんです。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】エディターJ、リニューアルしたラルフ ローレン 表参道へ!