今回紹介するチャッカブーツは、チャッカブーツの中でももっともカジュアルな顔つきだ。その特徴は何と言ってもソールにある。天然ゴムで成型したクレープソールをステッチダウン製法で接合することでクッション性や屈曲性に非常に優れたストレスフリーな履き心地を約束する。アッパーに使用される素材には柔らかいスエードを用いることが多い。その見た目はカジュアル性が高いため、スニーカー代わりとして使ってみるのもいいだろう。

スニーカー代わりにカジュアルなチャッカブーツでアクティブな休日を!

クラークス オリジナルズのチャッカブーツはまるでスニーカーのような履き心地

ブーツ各¥23,000(クラークスジャパン〈クラークス オリジナルズ〉)

この靴を見たことのない人はいない、といっていいほど有名なのは英国を代表する「クラークス オリジナルズ」。ふかふかな牛革スエードに締め付けの少ないアンライニング、弾力性に優れたクレープソールはまさに同ブランドのアイコンシューズだ。1950年の誕生以来、世界中で愛用され続けている名作中の名作だ。そんな名作にも関わらずコストパフォーマンスの高さは嬉しい限り。

代々受け継がれてきた真摯な靴作り! アストロフレックスのチャッカブーツ

ブーツ各¥26,000(グラストンベリーショールーム〈アストロフレックス〉)

知る人ぞ知るブランドといえば「アストロフレックス」のチャッカブーツだ。1816年にイタリアのマントヴァで創業を始めたブランドは、エコフレンドリーを根底に掲げ、着色剤や溶剤などの化学薬品は一切使用せず、ソールにはパラゴムの木の樹液で作るクレープラバー(土に還すことのできる天然素材)を用いステッチダウン製法で底付けしている。ライニングを施したのは滑らかな足入れを実現し、快適に歩くためのものだ。

冬でも暖かいリーガルのチャッカブーツ

ブーツ靴¥25,000(リーガルコーポレーションお客様相談窓口)

リーガルのチャッカブーツは本来のチャッカブーツに一手間加え、秋冬用に現代風にアップデート。ライニングにはボアを施し足元を持続して温めてくれ、ソールにはリーガル独自の雪道対応のラバーソールをステッチダウンにて底付けし、屈曲性を出しながらも滑り難くした。従来の弱点を克服したチャッカブーツなら寒い季節も安心して乗り越えられそうだ。

以上、カジュアルなチャッカブーツを紹介した。どれも休日に最適なソフトな履き心地の1足だが、個々に特徴があり、その役割も違う。実際に手に取り、履いてみて自分にあった1足を見つけて欲しい。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊
TAGS: