店内には井上氏の高い審美眼に適うものだけ

青山通りと交わる外苑西通りを麻布方面に少し歩く。大きな店が少なくなり、街の様子も少し落ち着き始めたあたり、ビルの地下1階にあるのが『アーツ』だ。率直に言って、誰しもを歓迎するようなエントランスではない。

『アーツ』のエントランス

店が認める者だけが足を踏み入れることを許すような、少し重たい引き戸を開く。それまでいた青山のきらびやかな繁華街とは景色が一変する。

バー『アーツ』の店内

店内は1900年代初頭のパリの秘密のサロンのようだ。文化や芸術は生きていくうえで必須ではない。しかしそれらがないと味気ない。そういうものを集め、文化度の高い人たちが楽しめる場に、との思いが店名の『アーツ』に込められている。だからか、内装にはアングラなカルチャーの薫りも漂う。実はインテリアは、オーナーである井上大輔氏自らが手がけている。

「アンティーク調の西洋文化を模倣しただけの世界観に飽きて、どんどん自分たちの好きなものを加えていったら、今の形になりました。変化こそがこの店のスタイルです」

オーナーの井上大輔氏(左)と、ビジネスパートナーの松川三夏氏

カウンター8席、3名と4名が座れるソファ席が2つと、決して広い店内ではないが底知れぬ奥行きを感じさる。カウンターの右手にはハードリカーのボトルがずらりと並び、じっくりと眺めるだけでも楽しい。

ハードリカーは約1000種類揃える

正面に目を向けると、『バカラ』や『ラリック』のグラスが並ぶ。しかも汎用性の高いシンプルなデザインではない。アートピースとも呼ぶべき華麗なグラスばかりだ。

「グラスに凝っている時期があって、その時に買い集めたもの。『バカラ』のエッチングはアンティークがいいけれど、カットグラスは現行品がいいですね」

棚にずらりと並ぶ希少なグラスの数々

気の利いたグラスは年代もの、とアンティーク至上主義になりがちなだが、井上氏はそうではない。ブランドや金額に左右されない確かな審美眼を持っている。心惹かれるものには、本職顔負けの気合で取り組むことでその審美眼は鍛えられている。音楽一つとってもそうだ。店内で流れている音楽はクラシックだが、彼の好きな『ゴルトベルク変奏曲』は楽器やピアニストが違うものも集め、そのコレクションは数え切れないほどの枚数という。

他にもこだわりが感じられる一例を店内で見つけた。フランスで作ったというオジリナルのアブサンだ。そのラベルを作る際にフォントに興味を持ち、タイポグラフィをはじめとするグラフィックの勉強をした。

井上氏が集めたデザイン集の数々とラベルデザインしたアブサン

フォントやグラフィック、デザインに関する洋書を買い集め、デザイナーに綿密な指示を出してラベルを完成させた。どこまでも突き詰めないと気が済まない性質なのだ。

流れるような動きから生まれるジントニック

そのバーの力量をはかる指針の一つに、ジントニックがある。基本的なカクテルだからこそ、レシピからグラス選びまで、その店のセンスがわかるのだ。さっそくオーダーすると、強面の井上氏からは想像もつかない、流れるような手さばきで作り始めた。繊細で無駄のない動きは、まるで彼が演者として立つ舞台を見ているようだ。

ジントニックを作る井上氏

「その場でしか味わえないライブ感を大切にしています。でもお客さまが求めているのはバーテンダーの技術や知識ではありません。プロのバーテンダーとして提供するものと真摯に向き合い、おいしいものを提供するのが大前提です」

『ジントニック』1,200円。300ml程度のグラスに隙間なく氷を入れ、ボンベイ ドライ ジン45ml、レモンジュースを1.5ティースプーン分入れる。続いてウィルキンソンのトニックウォーター45ml、ウィルキンソンのソーダ60mlの順に注ぐ。最後に47.3度のゴードン ジンをティースプーン1杯加えて、軽くなじませる。最後に氷をさらに加える

『バカラ』の金彩グラスに注がれたジントニックが到着する。過度な装飾や奇をてらいすぎたレシピは彼の美意識に反するため、見た目も味わいもごくシンプルだ。甘さを控えめにし、ジンの風味を引き出した1杯はすっきりと喉に流れていく。

「ハードリカーのボトルが多いので、ハードリカーメインの店だと思われがちです。でも常連の方々はカクテルを目当てにされていることも多いです」

後編では『アーツ』でしか飲めないカクテルやバーとして大切にしていることをうかがう。

問い合わせ先

  • アーツ TEL:03-5411-6618
  • 住所/東京都港区南青山3-2-6 セントラル第5ビルBF
    営業時間/20:00〜26:00
    定休日/日曜、祝日
この記事の執筆者
フリーランスのライター・エディターとして10年以上に渡って女性誌を中心に活躍。MEN'S Preciousでは女性ならではの視点で現代紳士に必要なライフスタイルや、アイテムを提案する。
PHOTO :
小倉雄一郎
COOPERATION :
ARTS
TAGS: