ブーツの中でも人気の高い定番アイテムといえばチャッカブーツ。履きやすさに加え、シンプルな見た目ながらも大人らしく仕上がる足元は、誰でも簡単に取り入れることができる。このブーツの面白いところは、アッパーの革やソールの素材で見た目が大幅に変わるところにある。自分好みのチャッカブーツはどれなのか?今回はそんなチャッカブーツを紹介する。

1足は抑えておきたいショートブーツの大定番、チャッカブーツ

シーンを選ばず履ける、クロケット&ジョーンズのチャッカブーツ

ブーツ¥67,000(トレーディングポスト青山本店〈クロケット&ジョーンズ〉)

クロケット&ジョーンズのスエードチャッカブーツ「チャートシー3」は、その汎用性の高さが秀逸だ。丸みのあるトゥと、カジュアルになりすぎないグリップ性の高いダイナイトソール、コバの張り出し具合などはまさに王道のデザイン。オフはもちろんのこと、スーツやタイドアップにも合わせられるので、幅広いコーディネートに対応可能だ。

チャーチのチャッカブーツは、スポーティーな履き心地が魅力

ブーツ各¥60,000(チャーチ 表参道店)

チャーチの名品「ライダー」もチャッカブーツの一つだ。ぽってりとしたトゥは足を優しく包み込み、柔らかなクレープソールはクッション性と屈曲性に優れ、アクティブな動きにも耐えられる。ドライブや街歩きなど、オフの日の相棒にもってこいの1足だ。定番のカラーリングも良いが、鮮やかなパープルやネイビーなど足元に目を奪われるような新色に是非チャレンジしてみて欲しい。

サンダースのミリタリーなチャッカブーツでハードな足元を演出

ブーツ(左)¥52,000・(右)¥51,000(グラストンベリーショールーム〈サンダース〉)

イギリス国防総省へ靴を供給していることでも有名なサンダースのチャッカブーツは、同社が収蔵しているミリタリーシューズのアーカイブを元に再構築を行ったもの。エイジングすることでより深みのある存在感を放つポリッシュドレザーを使用したアッパーに加え、屈強なグッドイヤー製法やグリップ性の高い無骨な印象のコマンドソールなど、男の足元を支えるにふさわしいブーツだ。

ドレス顔したスニーカーのような履き心地の三陽山長のチャッカブーツ

ブーツ¥25,000(三陽山長 日本橋高島屋S.C.店)

丸みのあるトゥに肉厚で光沢感のあるガラスレザーを使用した三陽山長のチャッカブーツ「旬伍」は、ドレスブーツのような顔つきながらも履き心地は軽量かつフィット感に優れた、まるでスニーカーのような履き心地をお約束する。ソールには耐滑に優れたガムセルソールを採用し、悪天候にも対応した大人らしい顔つきの1足。

以上、チャッカブーツの紹介をした。それぞれ違う表情のあるブーツだが、どれを取っても大人らしい足元を演出してくれる。あなたのライフスタイルやファッションに合わせ吟味してみては如何だろうか。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊
TAGS: